2018年 01月 28日 ( 1 )

練習すること "THE WAY I SEE IT " - STEVE CONDOS

先日書いたブラックフェイスの記事はたくさんの方々にシェアしていただき感謝です。
まだまだそのことについては書きたいことがあるので、また書きます。

今日はタップの練習をしていての気づきがあったのですが、
自分が大きなインスピレーションを受けたタップダンサーのスティーブコンドスの言葉を自分のためにもここに書いておこうと思います。

"THE WAY I SEE IT"

I've been asked many times: How do you practice? Well, to me, practice itself is an individual art. It doesn't matter how you practice if you keep improving. Improvement is the bottom line.

『練習はどのようにしてるんですか?』とよく聞かれることがあります。私にとって『練習』とは芸術そのものなのです。
どのように練習するかは問題ではありません。もし自分が上達していると感じていればそれでいいのです。『上達』することが大切なのです。

One also needs to practice on the greatest instrument, the brain! It's a lifetime study. Use your brain to think out the logic of how to practice. If your logic works, you improve; if not, throw that logic away and think anew.

In dancing, I've thrown away many rudiments that just didn't work for me. If the new rudiments work, keep them, elaborate on them, exploit them mathematically, go as far as you can go- then further.


私たちは最も素晴らしい楽器を練習しなければいけません、それは脳です!それは人生を通しての練習です。あなたの脳を使って練習の理論を考えてみてください。もしその理論が正しかったら、あなたは上達しますが、もしそれがダメならそれを捨てて新しいことを試してみてください。

ダンスにおいて自分にはあまりうまくいかなかった練習方法を今までたくさん捨ててきました。もし新しい練習方法が成功すれば、それを続けてください。そしてそれを発展させて数学的に展開させてみてください。自分自身が行けるところまで先へといき、そしてその先へ行くのです。

The process never stops. Age doesn't stop it. I've been practicing all my life, one way or another-physically, mentally, and in performance. Life becomes a practice, whether it's singing, dancing, acting, speaking, thinking, or just being a better human being. Practice in life to sustain your credibility in dance. It's very simple.


そのプロセスは終わることはありません。年齢は関係ありません。私は生涯様々な方法でずっと練習しています。肉体的にも精神的にも、そしてパフォーマンスにおいてもです。歌うこと、踊ること、演じること、話すこと、考えること、なんであっても人生そのものが練習になるのです。それは自分がより良い人間になるということかもしれません。人生において練習することはダンスを信じ続けていくことです。それはとてもシンプルなことです。 ー スティーブ・コンドス



僕自身25年タップを踊ってきて練習を続けていくこと、モチベーションを維持することは簡単なことではないなと思います。

しかし踊ることによってしか得られない答えがあって、実は踊りの中に全ての複雑と思っていた人生の答えがとても”シンプル”にあるものだと気付かされるのです。もしも自分が人生を通して練習することで日々1ミリでも自分が上達していると感じられるなら、それが一番自分にとって幸せなことかもしれません。そしてそれが信じてやりつづけることに繋がるのかなと思います。


スティーブはあるパリでの公演でのタップソロの後に楽屋でタップシューズを履いたまま仲間のタップダンサーに見守られて亡くなりましたが、

生涯現役で練習の鬼だったそうで毎日彼の家に行くと汗をダラダラ流してひたすら踊っていたと聞きました。

彼のタップの音を聞くと目をつぶってずっと聴いていたくなります。


もう一つ紹介したい言葉があったのですが、また今度書こうと思います!







by kazthehoofer77 | 2018-01-28 23:26