「ほっ」と。キャンペーン

TAP DANCEという言葉

先日、AMERICAN TAP DANCE FOUNDATION Spring Galaというショウに出演しました。
このショウの収益はGregory Hines Youth Scholarship Fundというこれからの子供達のタップダンサーの育成のために使用されるということでした。
"FROM THE HORSE`S MOUTH (Tap dance Version)"と題された今回のショウはいつものタップのショウとは違い、
出演するタップダンサー達は短いソロを踊ったあとに2分間の自分のストーリーを話すというユニークなものでした。

気軽にOKしてしまったものの、パフォーマンスの日程が近づいてくるにつれて、緊張感が高まってきました。
そういえば、日本語でも話すの苦手なのに、大丈夫なんだろうかと、、

リハーサルでは、踊りは問題ないのに、話すとなると頭が真白になりました。。。
本当にこれはマズいと思い、街を歩きながらブツブツひとり言のように練習しながら歩いたり、
ここ数年では珍しい緊張感のある公演となりました。

しかし、自分のストーリーをタップをはじめたときから今までにかけて、2分間にまとめるという作業は、とても自分にとって意味のある時間になりました。

一番言いたいことはなにか?
日本人として自分はなにをこのつたない英語で伝えられるのか?

結局辿り着いたのは、この言葉になり得ない想いを、伝えるためにぼくは踊っているのだということです。

言葉とタップというのはとても密接に結びついていると感じます。
しかしながら言葉が強くなりすぎては、タップの意味が薄れてしまうような気がするし、
言葉でしっかり伝えられなければ、そこに意味のあるタップのリズムは生まれないような気がします。

そのステップのなかにしっかりと言葉があるだろうか。
ストーリーがあるだろうか、ということがとても大事な気がします。

タップという言語で、どれだけ様々な人種の人たちと深く通じ合えるだろうか。
それがこの街での自分の大きなチャレンジなのだとおもいます。

ひさしぶりにあったJASON SAMUELSや近日日本へいくMAX POLLOCKや、あのミュージカル42nd Streetを振り付けしたRandy Skinnerや、
往年のタップダンサーBrenda Baffalino、そして90歳で現役のMable Lee!

この素敵なタップダンサー達と言葉を共有できたこのステージは自分にとって忘れられないものになりました。

PS> 4/28にはBROOKLYN BOTANICAL GARDENにてCHERRY BLOSSOM FESTIVALで踊ります。

d0002450_1541116.jpg


d0002450_15433983.jpg


d0002450_15483856.jpg


d0002450_15505177.jpg


PHOTO DIARYhttp://www.kazukumagai.tumblr.com/
[PR]
# by kazthehoofer77 | 2013-04-14 15:59

うまれた日からまたはじまる

昨日36回目のバースデイをむかえました!メッセージをくれたみなさん本当にありがとうございました!
日本では3月に自分が主宰する仙台でのTAPTHE FUTURE、
そして東京のKAZ TAP STUDIOの5周年のイベント『KISEKI』が無事に終わったとの報告を受けとても嬉しい気持ちでした。

そしてNYでは『KISEKI』と同じ日に、『RHYTHM IN MOTION』という3日間5ステージに自分はソロとして出演しました。
僕はいまAMERICAN TAP DANCE FOUNDATIONというところで、ARTIST IN RESIDENCEとして活動していますが、
そこで共に所属しているダンサー達がそれぞれ作品を発表しました。

いままではNYのフェスでは即興的に踊ることが多かったのですが、
今回は自分が日本で経験してきたことをじっくりと作品として感じながら踊ることができました。

震災を経て、今ここNYでタップを踊っていることは、何か不思議と必然てきなことを感じます。
今、自分がやらなくてはいけないこと、表現しなくてはいけないことは自ずと溢れてくるようでした。

それは故郷で起きていることをこのNYのタップのコミュニティーにも伝えたいという気持ちが強くあったからです。
NYでも最近ハリケーンでの大きな被害があったため、DERICK K. GRANTがその被害に対する想いを踊りにしましたが、
同じような経験からか日本で起こったことを実感する想いも確実に強くなっているとおもいます。

全体的に今回のショウでは、ただタップをみせるということよりも、なにかを伝えたいという演目がおおかったこともあり、
いままでとはずいぶん変化のある新しいショウだったように思えます。

数日後にはDANCE MAGAZINE, NY TIMESにも批評が載りましたが、
全体としてもここ数年にないほど良い評価だったようで、主宰のトニーもホッとしていたようです。

この3日間では、いままであまり会話をしたことがなかったダンサー達とも自分の表現を通して、
深くコミュニケーションをとることができたことが新たな収穫でした。

自分がTAPというアートに対して信じている想いをダンスのなかで思いっきり表現することで、
見ている観客とも他のダンサーとも繋がれるという経験は、自分をもっと強くしてくれたように思います。
これからもっと自分を強く成長していきたいです。

3日目のショウが終わったときに、ある女性が話しかけてくれました。
その方はあの伝説的ピアニストのDUKE ELLINTONの孫娘さんだったのですが、
僕にDuke Ellingtonが刻印されている25セントのコインを感謝の言葉と共に渡してくれました。
そのコインの価値がどれほどのものかはわかりませんが、なにより自分にとっては計り知れないほど胸がいっぱいになるようなできごとでした。

36歳という年齢になりましたが、気持ちは19歳のときにはじめてNYにきたときとあまり変わらない想いです。
もっともっと追求していきたいし、もっと楽しんでいたい。
まだまだスタートラインにたったばかりです。

これからもこの素晴らしいTAPというARTをとおして、より良いダンサーとして、
より良い人間として成長していけるように日々精進していきたいです。

今日という日に、日本にいる家族や友人達や応援してくれるすべての人に感謝します。

ありがとうございます!

NY TIMESの記事

DANCE MAGAZINE の記事



d0002450_15532579.jpg

One of the Master Brenda Baffalino

d0002450_1555884.jpg

Cartier Williams and the crew

d0002450_15561360.jpg

Max Pollock and the crew

d0002450_15571245.jpg


d0002450_15515251.jpg


d0002450_16361488.jpg


ジャズミュージシャンであるデュークエリントンはアメリカの歴史上で唯一、硬貨に描かれた黒人であるということです。



[PR]
# by kazthehoofer77 | 2013-04-01 14:06

あの日から2年

3月10日は母の誕生日で、2年前の今日も母に電話をかけておめでとうと伝えたところでした。
そしてその次の日、あの地震がおこりました。
東京でも相当の揺れを感じましたが、その地震が東北が震源地だと聞いたときには頭が真っ白になりました。まずは、東京の家族の無事を確認し、その後は実家に電話をかけても繋がらず、結局10時間以上たったあと夜中の3時頃に車のなかで避難しているという両親と連絡がとれました。
それまで、テレビに映る真っ暗な闇にところどころ火が燃えている東北の光景を呆然と眺めていました。
あれから2年が経ち、今日は静かにお祈りをしています。

最近、NYにきてから地元の同じ学校だった友人が震災で亡くなっていたことを知りました。
ずいぶんと長い時間会っていなかったのですが、当時の思いでが鮮やかに蘇ってきました。

あの3月11日は、たとえ東北の人でなくても、それぞれの想いが深く刻み込まれるような出来事だったとおもいます。
そしてこの2年という時間は、いままでにないくらい様々なことを考えされる濃厚な時間でした。
震災だけでなく、誰かが亡くなったというニュースなどを聞くたびに、いままで以上に『命』ということの貴重な意味を深く考えさせられたような気がします。

いまはただ失った命のために静かにお祈りしたいと思います。

そして、いまここにいれること、ここにいてくれる人達へ
深く感謝を捧げたいとおもいます。

希望をもって支え合って生きていきましょう。

熊谷和徳


d0002450_18343120.jpg



d0002450_18445162.jpg

[PR]
# by kazthehoofer77 | 2013-03-11 18:35

A LOVE SUPREME

d0002450_1522031.jpg


今日は、バレンタインデーで、そしてタップダンサーにとっては偉大なるGREGORY HINESの誕生日でもありました。皆さんは素敵な時間を過ごされたでしょうか?


本来ならただ楽しいはずのこの日ですが、先日のグアムで起きた悲痛な無差別殺人のことが、頭を離れません。。
我が子を守り犠牲となった若いお母さんのことを想うたびに、そしてその家族のことを想うと涙がでてきてしまいます。今は静かに心よりご冥福をお祈りしたいとおもいます。

先週末は、JOHN COLTRANEのトリビュートライブで踊ってきました。
演奏は、いつもSavion Gloverの公演でSaxを演奏しているPatience Higginsでしたが、
とても素晴らしかったです。
Coltraneという音楽家の曲には"A LOVE SUPREME"『至上の愛』という曲目があり、
今回全編の演奏を聴いたのですが、何かストーリーを聞いているような素晴らしい体験でした。
1、Acknowledgement (承認)、2Resolution (決意)、3Pursuance(追求)4、Pslam(賛美)
の4編から構成されており、最後のPslamではコルトレーンの詩の朗読も聞きました。

大きな気づきを与えてくれる素晴らしい一日でした。
そして、SWING46時代から10年以上も続く友人達にもとても感謝しています。

“I would like to bring to people something like happiness. I would like to discover a method so that if I want it to rain, it will start right away to rain. If one of my friends is ill, I'd like to play a certain song and he will be cured; when he'd be broke, I'd bring out a different song and immediately he'd receive all the money he needed.”
― John Coltrane
『私は人々に幸せを与えたい。もし、雨が必要なら、雨を降らせるための方法を知りたい。もし誰かが病気なら、その病気を治す曲を演奏したい。もし誰かが、破産したならすぐにその人に必要なお金をすぐに生み出す別の曲を演奏したい。』ージョンコルトレーン



d0002450_157750.jpg




d0002450_15111120.jpg



HAPPY BIRTHDAY G. HINES


d0002450_152501.jpg



[PR]
# by kazthehoofer77 | 2013-02-15 14:29

極寒NYより〜今後の予定ETC.

昨日くらいから、NYの冬が本気をだしはじめました。
おそらく、マイナス10度くらいになってそうです。。。

近所の方が、コインランドリーにいって帰ってくるときにわずか2ブロックくらいの間に、
生乾きだった洗濯物がカチコチに凍ってたそうで、、ハンパない寒さがやってきましたが
負けずに頑張っていきます。こういうときには温かいコーヒーがひときわおいしいです。

こっちに来てから、本当に毎日いろんなことがあって、大変なこともたくさんありますが、
そういうトラブルのひとつひとつも、なんとか乗り越えて楽しんでやってます。
特に、こっちにきて最初の一ヶ月は家探しでてんやわんやでしたが、今では住居もおちついて
TAPのほうも集中して踏めるようになってきました。

ここ最近は、友人でもあるMichelle Dollanceのショウを観てきました。とてもミシェルらしい新鮮で
画期的な内容ですごくよかったです。
教会で行われたショウだったのですが、床をそのまま使うというテーマのもと、タップシューズのメタルをすべて木製に変えていました。
その他にも裸足や、革底の音を多彩に使い、結果的に『音色』をすごく楽しめました。
まだまだタップにも可能性を感じさせるような、本当に素敵なパフォーマンスでした。

そのショウが終わった次の日には、Michelleとブロードウエイダンスセンターというところでのショウケースで一緒に踊り、
すごくいい刺激をうけました。
このときのショウケースはDANA FOGILA DANCEというダンスカンパニーの主催で行われたのですが、このカンパニーのダンスがまた素晴らしかったです。
主宰者のDanaはBeyonceのバックなどでも踊っている経験のある方だそうで、HIP HOPの要素とコンテンポラリーの要素をうまく融合させていて、すごくよかったです。


僕自身の予定は、2月、3月にいくつかパフォーマスをすることになっています。

2/10にSAX奏者John Coltraneのトリビュートでコルトレーンの曲で一曲踊ります。

そして2/16にはYouth Ensemblesといって,10代がメインの 若いタップダンサー達によるショウにゲスト出演します。
17日には、YOUTH向けのマスタークラスを教える予定です。
そして、3/22、23、24は『RHYTHM IN MOTION』という3日間のショウに出演します。
このショウでは3月ということもあり、日本の震災でのことをテーマにしたソロをこちらでも踊る予定です。頑張ります。

一日一日がアドベンチャーな毎日ですが、充実した日々をおくるように頑張りたいと思います。


Saturday, February 16, 2013 (7:30pm)
Rockin' in Rhythm
Top Tap Dancing Youth Ensembles Concert
Peter Norton Symphony Space/Peter Jay Sharp Theatre
2537 Broadway at 95th Street

March 22-24, 2013 (7 & 9:30pm)
Rhythm in Motion
New Work - New York
New tap choreography created by New York Citys' finest
The Theater at the 14th Street




d0002450_1559639.jpg


d0002450_160021.jpg


d0002450_165563.jpg


d0002450_1664845.jpg



MY PHOTO DIARY http://kazukumagai.tumblr.com/


[PR]
# by kazthehoofer77 | 2013-01-24 16:20

Love Conquers All -A HAPPY NEW YEAR 2013

みなさん、あけましておめでとうございます!

先ほどは大晦日の深夜11時にブルックリンの公園でおこなわれたマラソンに参加してきました。
おもいがけずなかなかキツかったですが、すっきりした気持ちで年を越すことができました。
11月にこちらに家族で大移動をしてから、ここまでやっとこれたこと、そして今この場所にみんなで元気にいられることにとても感謝しています。
特に日本のタップダンサーの仲間達や家族、KAZ TAP STUDIOのみんなのことを今日は一日考えていました。ほんとうにありがとう。

まだまだ、いろんな大変なことがありますが、ひとつひとつのことにチャレンジする勇気を忘れずにたちむかっていきたいとおもいます。
自分のなかでは何か大きな価値観が昨年のうちにも大きく崩れ去り、次への移り変わりをしなければいけない時期にきている、と最近強くおもいます。
昨年末に噂されていたマヤ文明の諸説による地球滅亡の説は、もちろん大きくはずれました。
しかし精神的な意味では、もうすでにいままでのようにはいかない限界に達しているのかもしれないとおもうことが多々あります。
震災から原発の事故、そしてNYではハリケーンによる天災がありました。
もう今までとは何かが違うし、もう同じようには先に進めないところまできて、何か別のことを考えなくてはいけない。
それは、目の前に突きつけられる命題のように考えるのがとてもしんどいとおもうことがありますが、
静かに心のなかに問いかける事を忘れずしていきたいです。

この2ヶ月、NYにきてからずっとなにかを自分の内側に突きつけられ、考えさせられていました。
それらは、地球規模のことなんかではなくて、自分自身のちっぽけなことごとです、
ときには、なんでこんなに大変なのかなあと思いながら。

きっとでも答えはとてもシンプルなところにあるし、
もうすでに知っていることなんだ、とふと最近思いました。

そのシンプルなことを、
僕はTAPというアートのなかにも見いだして、それをもっと知りたいとおもっています。

そしてもっと素敵なことが、自分のうちにもみえて、それを共有することができたらなあとおもいます。
今、社会のなかで起きている複雑な問題と言われる事ごとは、本当は誰だってもっとシンプルに考えることができるはずです。
そのもっと本能のなかで知っていることごとが、とても大切な価値になってくるような気がするんです。

僕自身、自分の心と向き合い、人と繋がり、
もっと成長していきたいです。

ひとつひとつのことを大事に、

一日一日を大切に生きていきたいです。

また会える日まで、みなさんの日々がとても楽しいことに満ち溢れ、
幸せでありますように。

Love Conquers All.



熊谷和徳



d0002450_1814765.jpg


d0002450_1833455.jpg



A HAPPY NEW YEAR 2013!!!!!!
[PR]
# by kazthehoofer77 | 2013-01-01 17:47

MERRY CHRISTMAS.

みなさんお元気ですか?
いろいろと事件や悲しいニュースもたくさんありますが、どうぞ素敵なクリスマスをおむかえくださいね。
みなさんに平穏な時間と愛と光がたくさんおとずれますように。
メリークリスマス!!!


d0002450_147463.jpg


d0002450_141116.jpg


d0002450_14153290.jpg


d0002450_14174959.jpg


d0002450_14191636.jpg




TAP DANCER K.K. Tumblr
http://kazukumagai.tumblr.com/
[PR]
# by kazthehoofer77 | 2012-12-24 14:34

TRIBUTE TO LADY DI

タップシーンにおいて最も重要な存在のひとりであるDIANNE WALKERがDANCE MAGAZINEのLIFE TIME ACHIEVEMENT AWARDという名誉ある賞を受賞しました。
そしてその授与式にて、ダイアンのためのトリビュートのために、これまた素晴らしいダンサー達と踊ってきました。それぞれのソロの他、久しぶりに、みんなと振り付け(ダイアンの)を踊りました。
そしてSAVIONもダイアンのため駆けつけて、最後はタップの伝統でもあるシムシャムとBSをみんなで最後に踊り締めくくりました。
なにしろ、タップダンサーだけではなく、すべてのダンサーのなかでの最も名誉ある賞ということで、
これからのタップのシーンにとっても歴史的で重要な一日であったのではないかとおもいます。

日本からもみすみさん、BASEMENTの藤井さんもいらして、こちらで活動している日本人のケイタロウくん達にもあえて嬉しかったです。
この場にいれたことを嬉しく思えた良い一日でした。


d0002450_1630069.jpg


michelle dorrance, Dormeshia Sumbry-Edwards, Derick K Grant, Claudia Rahardjanoto, Andrew Nemir.
ここには映っていませんがJason Samuels Smithもぎりぎりに到着し一緒に踊りました。


d0002450_16311791.jpg


BEAUTIFUL PERSON BEAUTIFUL DANCER, LADY DI.
[PR]
# by kazthehoofer77 | 2012-12-05 16:51

NYに到着&こちらでの活動について

d0002450_15493461.jpg

NYにきてもうすこしで一ヶ月が経とうとしています。

出発の日の歴史的ハリケーン、サンディーから、オバマ大統領の再選、そして大雪、などなど。。

ほんとうにめまぐるしいスタートとなりました。

今もまだ、バタバタしていますが、やはりこちらではいろんな事が日本にいたときのようにスムーズに
進む事はまずないので、「ひとつひとつのことがすぐに上手くいかなくて当たり前」とはじめから

割り切って頑張っています。

街のなかでは、移動も地下鉄にはエレベーターなどがまず無いので、ベビーカーに娘をのせたまませっせと担いでいたりするときには大抵の人たちが助けてくれます。

席をゆずってくれたり、ドアが閉まらないように支えてくれてくれたりする心遣いは、
どんなに一見怖そうな人(しつれい)でもしてくれるのでありがたいです。

いろんな民族が集まり、それぞれが大変な思いをしている街だからこそ、困った時には助けてくれる人も多いような気がします。とても感謝です。


さて、僕自身の本業のほうですが、以前からNY TAP CITYなどで参加していたAMERICAN TAP DANCE FOUNDATIONという場所でARTIST IN RESIDENCEとして活動することになりました。

パフォーマンスはもちろんですが、これからはクラスでレッスンを受け持ったりする他、
このATDFがもっているYOUTH ENSEMBLEという子供達のカンパニーを教えたりする予定です。

もちろん、こちらでのレッスンも自分自身も受けていきます。

すでに少しづつ、活動をはじめていますが、これからいろんな刺激を受けられそうで楽しみです。

そして、こちらに来てからも、日本の震災の状況や原発のことなどをこちらの人たちと話す機会がたくさんあります。
僕自身が東北出身ということもあり、そのことに興味を持っている人達と話をしていると、自分が見てきた状況や情報を伝える事がいかに大事な事かということも再確認しました。

大多数の人はメディアからの情報で、すでに終わった事だとおもっているからです。

こちらでも自分自身のできることをできるだけ伝えていきたいとおもいます。



このブログもたまに書きますが、こちらでは主にTumblrというサイトを使って毎日一枚の写真を目標に、フォトダイアリーをつけていこうとおもいます。
www.kazukumagai.tumblr.com

それからFACE BOOKのほうもKumagai Kazunoriという名前でやっていますので、そちらもチェックしてください。
なお、登録していただいた方々へのVOICE OF TAPからの情報もお楽しみにしてください。

またいろいろな珍道中の旅をご報告したいとおもいます。

では!


d0002450_1637247.jpg


d0002450_16405674.jpg


d0002450_1643739.jpg



[PR]
# by kazthehoofer77 | 2012-11-21 15:44

渡米前にたくさんのおもひで

d0002450_31838.jpg


いよいよ、NYへの出発が近づき、出発に向けての準備にてんやわんやですが、
同時にいろいろなこともあって日本での一日一日がとても特別に感じます。
先日は、出発前にどうしてもいきたかった宮城県の名取市へいきました。
震災以降はじめておこなわれたお祭りに参加することができましたが、いままでにみたことも感じたこともないお祭りの風景に、
ほんとうの祭りの意味を感じました。
人が集まり、笑顔になり、祈り、まえへとむかって進んでいく姿。
4月におこなった『ここからこれから』で出会った方々にまた会えて本当に良かったです。
渡米前に、気持ちが引き締まりました。


d0002450_3111936.jpg


小高い丘からとおくに神輿を担ぐ子供達がみえました。


仙台市の文化事業団と行っているTAPTHE FUTUREのワークショップも渡米前、最後のレッスンをおえました。これからのみんながまた楽しみです!

d0002450_3165489.jpg



そして、最近はとてもスペシャルなイベントにも参加しました。
笑福亭鶴瓶師匠がおこなっている『無学の会』というイベントで、鶴瓶さんがお師匠さんの松鶴師匠のご自宅を改築し、寄席として毎月シークレットゲストをまねいてやっている会です。
鶴瓶さんの落語への愛、お師匠さんへの尊敬、そしてお客さんへのサービス精神、そのすべてが素晴らしく、
たくさんのことを学びました。感謝です。


d0002450_3233519.jpg


d0002450_3242066.jpg



ぼくのとても仲の良い友だちでもあるハナレグミの永積タカシくんとのトークライブは、原田郁子ちゃん、ラティール、ホテルニュートーキョーの今ちゃんも一緒にとても最高な時間になりました。
楽しすぎて4時間を超えるという、いまだかつてないイベントになりましたが、とにかく最高でした。
打ち上げには東京スカパラダイスオーケストラのみなさんに小沢健二さんも登場して、なんだかすごい会となりました!


d0002450_3335312.jpg



香港タップフェスティバルでも素晴らしい仲間達に出会いました。
d0002450_3491747.jpg


どれもこれも忘れられない思いでです。みなさんありがとう!


d0002450_405723.jpg



KAZ TAP STUDIOのみんなに感謝。


d0002450_337285.jpg



PS>NYにいってからは、月に1回MAIL MAGAZINEにてみなさんにむこうの生活の様子や写真、もしかしたら秘蔵映像も!お送りしたいとおもっています。
是非、登録していただけると嬉しいです!
https://b.bme.jp/bm/p/f/tf.php?id=kaztapstudio
d0002450_34327.jpg



熊谷和徳Mail Magazine『VOICE OF TAP 』

2012年から13年にかけてNYで新たな修行に挑む熊谷和徳の生の声を受けとってみませんか。
一年間のNYでの生活や、活動など、そして帰国時の公演の速報や優先特典など、
ここでしか得られない様々な情報をお届け致します。

ご登録はこちらから
https://b.bme.jp/bm/p/f/tf.php?id=kaztapstudio



[PR]
# by kazthehoofer77 | 2012-10-24 10:30