<   2013年 04月 ( 2 )   > この月の画像一覧

TAP DANCEという言葉

先日、AMERICAN TAP DANCE FOUNDATION Spring Galaというショウに出演しました。
このショウの収益はGregory Hines Youth Scholarship Fundというこれからの子供達のタップダンサーの育成のために使用されるということでした。
"FROM THE HORSE`S MOUTH (Tap dance Version)"と題された今回のショウはいつものタップのショウとは違い、
出演するタップダンサー達は短いソロを踊ったあとに2分間の自分のストーリーを話すというユニークなものでした。

気軽にOKしてしまったものの、パフォーマンスの日程が近づいてくるにつれて、緊張感が高まってきました。
そういえば、日本語でも話すの苦手なのに、大丈夫なんだろうかと、、

リハーサルでは、踊りは問題ないのに、話すとなると頭が真白になりました。。。
本当にこれはマズいと思い、街を歩きながらブツブツひとり言のように練習しながら歩いたり、
ここ数年では珍しい緊張感のある公演となりました。

しかし、自分のストーリーをタップをはじめたときから今までにかけて、2分間にまとめるという作業は、とても自分にとって意味のある時間になりました。

一番言いたいことはなにか?
日本人として自分はなにをこのつたない英語で伝えられるのか?

結局辿り着いたのは、この言葉になり得ない想いを、伝えるためにぼくは踊っているのだということです。

言葉とタップというのはとても密接に結びついていると感じます。
しかしながら言葉が強くなりすぎては、タップの意味が薄れてしまうような気がするし、
言葉でしっかり伝えられなければ、そこに意味のあるタップのリズムは生まれないような気がします。

そのステップのなかにしっかりと言葉があるだろうか。
ストーリーがあるだろうか、ということがとても大事な気がします。

タップという言語で、どれだけ様々な人種の人たちと深く通じ合えるだろうか。
それがこの街での自分の大きなチャレンジなのだとおもいます。

ひさしぶりにあったJASON SAMUELSや近日日本へいくMAX POLLOCKや、あのミュージカル42nd Streetを振り付けしたRandy Skinnerや、
往年のタップダンサーBrenda Baffalino、そして90歳で現役のMable Lee!

この素敵なタップダンサー達と言葉を共有できたこのステージは自分にとって忘れられないものになりました。

PS> 4/28にはBROOKLYN BOTANICAL GARDENにてCHERRY BLOSSOM FESTIVALで踊ります。

d0002450_1541116.jpg


d0002450_15433983.jpg


d0002450_15483856.jpg


d0002450_15505177.jpg


PHOTO DIARYhttp://www.kazukumagai.tumblr.com/
[PR]
by kazthehoofer77 | 2013-04-14 15:59

うまれた日からまたはじまる

昨日36回目のバースデイをむかえました!メッセージをくれたみなさん本当にありがとうございました!
日本では3月に自分が主宰する仙台でのTAPTHE FUTURE、
そして東京のKAZ TAP STUDIOの5周年のイベント『KISEKI』が無事に終わったとの報告を受けとても嬉しい気持ちでした。

そしてNYでは『KISEKI』と同じ日に、『RHYTHM IN MOTION』という3日間5ステージに自分はソロとして出演しました。
僕はいまAMERICAN TAP DANCE FOUNDATIONというところで、ARTIST IN RESIDENCEとして活動していますが、
そこで共に所属しているダンサー達がそれぞれ作品を発表しました。

いままではNYのフェスでは即興的に踊ることが多かったのですが、
今回は自分が日本で経験してきたことをじっくりと作品として感じながら踊ることができました。

震災を経て、今ここNYでタップを踊っていることは、何か不思議と必然てきなことを感じます。
今、自分がやらなくてはいけないこと、表現しなくてはいけないことは自ずと溢れてくるようでした。

それは故郷で起きていることをこのNYのタップのコミュニティーにも伝えたいという気持ちが強くあったからです。
NYでも最近ハリケーンでの大きな被害があったため、DERICK K. GRANTがその被害に対する想いを踊りにしましたが、
同じような経験からか日本で起こったことを実感する想いも確実に強くなっているとおもいます。

全体的に今回のショウでは、ただタップをみせるということよりも、なにかを伝えたいという演目がおおかったこともあり、
いままでとはずいぶん変化のある新しいショウだったように思えます。

数日後にはDANCE MAGAZINE, NY TIMESにも批評が載りましたが、
全体としてもここ数年にないほど良い評価だったようで、主宰のトニーもホッとしていたようです。

この3日間では、いままであまり会話をしたことがなかったダンサー達とも自分の表現を通して、
深くコミュニケーションをとることができたことが新たな収穫でした。

自分がTAPというアートに対して信じている想いをダンスのなかで思いっきり表現することで、
見ている観客とも他のダンサーとも繋がれるという経験は、自分をもっと強くしてくれたように思います。
これからもっと自分を強く成長していきたいです。

3日目のショウが終わったときに、ある女性が話しかけてくれました。
その方はあの伝説的ピアニストのDUKE ELLINTONの孫娘さんだったのですが、
僕にDuke Ellingtonが刻印されている25セントのコインを感謝の言葉と共に渡してくれました。
そのコインの価値がどれほどのものかはわかりませんが、なにより自分にとっては計り知れないほど胸がいっぱいになるようなできごとでした。

36歳という年齢になりましたが、気持ちは19歳のときにはじめてNYにきたときとあまり変わらない想いです。
もっともっと追求していきたいし、もっと楽しんでいたい。
まだまだスタートラインにたったばかりです。

これからもこの素晴らしいTAPというARTをとおして、より良いダンサーとして、
より良い人間として成長していけるように日々精進していきたいです。

今日という日に、日本にいる家族や友人達や応援してくれるすべての人に感謝します。

ありがとうございます!

NY TIMESの記事

DANCE MAGAZINE の記事



d0002450_15532579.jpg

One of the Master Brenda Baffalino

d0002450_1555884.jpg

Cartier Williams and the crew

d0002450_15561360.jpg

Max Pollock and the crew

d0002450_15571245.jpg


d0002450_15515251.jpg


d0002450_16361488.jpg


ジャズミュージシャンであるデュークエリントンはアメリカの歴史上で唯一、硬貨に描かれた黒人であるということです。



[PR]
by kazthehoofer77 | 2013-04-01 14:06