<   2012年 03月 ( 6 )   > この月の画像一覧

LIFE GOES ON. RHYTHM GOES ON.

昨日はTAP DANCERの仲間の、新たな旅立ちのために集まりました。

TAPPERS RIOTのリーダー的存在として、KAZ TAP STUDIOの講師として、長年頑張ってきた
TAP DANCERのTAKA。仙台、東京、NYとこの7、8年の時間を、時間を共にし、床を共にし、
リズムを共にしてきた仲間です。
昨年は、別のメンバーも、旅立ちのときをむかえ、さみしいですが、
新たな道を歩みだす姿に不思議な嬉しさもあります。それは共に頑張った時間があるからこそでしょう。

TAP DANCERは、自分自身と地面と対峙し、たった一人鏡に向き合いながら、自分自身にチャレンジし続けることで成長していけます。
それは、アスリートや他のアーティスト同様、とても孤独な時間を要求されます。

長い長い年月をかけて、すこしづつ、できないステップができるようになり、
音が鳴りはじめ、やがて自分の心のままに踊れるようになりますが、
常に新たな壁にぶつかり、また床にむかうのです。
それは、孤独な人生そのものです。

だからこそ、僕らにとっては仲間というのが、ほんとうに貴重なのだなあとおもいます。

いつもいつも一緒にいるわけでは、ありませんが、
時折、同じ板をシェアし、踊る仲間達はとても大切なのです。

そんな仲間の存在をあらためて強く感じられました。

NYにいたときに、多くの仲間達とNYで一緒に踊っては、自分の国へとやがて帰っていく別れがありました。
そのときにある友達が言った言葉があります。
『自分たちはTAPをしている限り、かならずまたどこかで会える』と。

今回、KAZ TAP STUDIOを去っていく小林敬宏、昨年、結婚して海外へといった染谷ゆうきも
新境地でまたあらたな人生のなかでタップを踊り続けていくことでしょう。
そしてまたいつか一緒に踊れる日を楽しみにしています。

足がある限り、ぼくたちは踊らずにはいられないのだから!

ADIOS MY BROTHER!!!


d0002450_275077.jpg


MY RHYTHM 2012


d0002450_3383638.jpg


TOHOKU TOUR 2010


d0002450_1463358.jpg


TAPPERS RIOT 2009


[PR]
by kazthehoofer77 | 2012-03-29 02:05

名取市文化会館という場所

4/21、22の名取市支援イベント『ここから これから』をやるにあたり書いた文章です。
柳田さん、いせさんの絵本のワークショップ、タップの無料ワークショップも随時受け付けておりますので、是非ご参加ください!
あと初日のお昼には餅つきをやる予定です!桜はまだ咲いてるかなあ。
何か、この場所から素敵なネットワークが広がることが出来たら幸いです。

http://www.kaztapstudio.com/kokokarakorekara.html


『ここから これから』

昨年2月、震災の起こる一ヶ月前に僕ははじめてこの名取市文化会館で公演を行いました。

そのときには本当に素晴らしいホールだなあという印象と、あたたかいお客さん、そしてスタッフの方々の親切な対応で,
是非またここに戻ってきたいと思っていました。

それから一ヶ月後にあのような大きな災害が起こるとは夢にもおもいませんでした。

自分も仙台の出身ですが、仙台に戻ってくることができたのは4月になってからです。

4月に帰った時には、家族に会ってからすぐに名取市文化会館のホールへと向かいました。

コンサートをするための華やかだった会館は避難所に変わっており、スタッフのスーツ姿は作業着になっていました。

みなさん必死で400人以上いる避難者達のケアにおわれていました。あたりには自衛隊の方々の姿も見受けられ、
さながら戦場にきたような錯覚におちいるような光景は二度と忘れることができません。
両手にもっていた支援物資も全く足りず、自分一人の無力さをひしひしと感じていました。

それでも、なにかしたいとおもい、ウッドデッキのある庭で音楽を鳴らし踊りはじめると、外で遊んでいた子供達と避難されていた方々がみにきてくれて、
一緒に音にあわせて手を叩いたりして時間を過ごしました。

そのうちに、そのなかにいた一人の女性の方が僕のところに来て言いました。

『2月にわたしの友達が、あなたの公演をみて感動したので次回は一緒に行こうと誘ってくれたのですが、その友達が津波に流されてしまったんです。』

僕は言葉を失ってしまいました。

震災前のあの公演で笑顔で拍手を送ってくださった皆さんのなかに、他にも被害に会った方はいたかもしれない、そう思ったとき、
自分とこの場所との繋がりのようなものを自分の中で強く感じ、この場の人たちとの繋がりも必然に思えたのです。

微力ではありますが、僕はこの場所でなにか力になれることをやりたいとおもい、その後も何度か足を運びました。
足を運ぶたびに避難所から仮設住宅へと場所が移ったりと、刻々と必要なことや状況も変化していく様子がわかりました。

そして震災から一年という時が経ちますが、名取という場所に来る度に、名取市文化会館という場所の重要性も以前よりも強く感じるようになっています。
一時は避難所として使用されたこの場所で、もう一度本来の文化会館の姿であるアートや音楽の力、ダンスや表現するという機能をここに取り戻したい。
そして、たくさんの市民にとってこの場所が心の憩いの場であってほしいということを、
強く感じるようになりました。

人と人が出会い、繋がり、再びこの場所から、子供達も大人も一緒になって本来そこにあった楽しい未来を、
新たに創っていっていけたらなんて素晴らしいだろうかとおもいました。

そこには笑顔があり、なにかクリエイティブなエネルギーが必要だとおもいます。

今回、以前より親交があり、自分の尊敬する作家である柳田邦男さんに、来ていただくことになりました。
僕自身、柳田さんの書かれる本は、柳田さんにお会いするずっと前から一読者として多大なるエネルギーをいただいており、
今回の震災以降もたくさんの場所で独自のリサーチや講演をやられている柳田さんに、これからの生き方や、
心のありかたについてのお話を是非、名取でもしていただきたいと思いました。

そして奥様であり、素晴らしい絵本作家であるいせひでこさんのこどもたちとのワークショップという魅力的な提案もいただき、
今回実行することになりました。お二人とも、二つ返事で今回のイベントの参加を快諾していただき、本当に感謝しております。

そして、僕と仲間達によるタップダンスのワークショップもあり、最後のステージでは
みんなで一緒になってステップを踏み、リズムを踏むことができたらとおもいます!

とにかく、子供達も大人も楽しみながら、前向きな一歩を踏み、
そして現状の問題についても考えられるような
そんな二日間にできたらとおもっています。

ここから これから

みなさんで一緒に楽しい未来を創造していきましょう!

熊谷和徳

d0002450_1422687.jpg


仙台市文化事業団の冊子『まちりょく』より
http://www.bunka.city.sendai.jp/backnumber/machiryoku.html
[PR]
by kazthehoofer77 | 2012-03-27 01:50

賢者の声を聴く 『ここから これから』

4/21、22の二日間、縁があって繋がった場所、名取市文化会館にて支援イベントを行います。

作家、柳田邦男さんに宮城県でも最も津波被害の大きかった場所、名取市にきてもらい、お話をしてもらうのですが、
僕自身、今回のこの震災から一年間のあいだ柳田さんとお話をさせていただいて、ずいぶん心が救われた気持ちになりました。
なにか答えをくれるわけではないのですが、白や黒ではっきりさせるのではなく、もっと心の深い部分での自分自身と対話をするきっかけを与えてもらえた気がします。

柳田さん御自身は、長年ノンフィクション作家として活動され、今回は原発の調査委員としても活動されている方です。
以下は柳田さんのインタビューの言葉です。
『3・11東日本大震災――あの日、「お前は今までいったい何をやってきたのか」と問いかけられた気がしました。
私が災害を観るのではなく、「災害の側から私がじっと見つめられている」という、不思議な、しかし決定的な衝撃があったのです。』

http://hon.bunshun.jp/articles/-/380

今、どうすべきか、何が正解かではなく、柳田さん自身が自分を反省し、追求している。だからこそ、より深い問いかけがうまれているのだろうとおもいます。

たくさんの情報のなかで、混乱していたとき、すっと心に入ってきた言葉を、
是非名取市で皆さんに聴いてもらいたいとおもいました。

当日は講演会に加え、熊谷和徳+中島ノブユキさん率いる弦楽四重奏の演奏の他、いせひでこさんとの絵本を子供達とつくるワークショップ、タップのワークショップを無料でおこないます。
初日には子供達との餅つき大会!!
そして、カヒミカリィと参加者の方々による『おかあさんの立場から』のパネルディスカッションなど、もりだくさんです。

ぜひ、名取市や近郊の方々に子供達と一緒に楽しみにきていただきたいです。
もちろん、ほかの地域からもこの機会に名取市にきていただき、現地のみなさんとの交流を深めてもらえたら嬉しいです。

詳細はWEBにてチェックしてください!!

http://www.kaztapstudio.com/kokokarakorekara.html

d0002450_2354206.jpg
[PR]
by kazthehoofer77 | 2012-03-23 23:50

『MY RHYTHM』は爆発だ!

先日の仙台で行った『MY RHYTHM』が無事に終わりました。

昨年やるはずだった公演の日には、生きているかどうかもわからなかったみんなが、
この日には全員無事にステージで踊ることができました。
この一年、仙台でこの舞台をみんなでただ無事に迎えるためにやってきたようなところもあるので、
終わってホッとしているとともに、ぐったりとしてしまいました。
ひとつの目標のもとに全力で向っていったときに、終わってしまえば、すぐにまた目の前にやるべき
ことが浮かび上がってきます。

打ち上げで日野さんが言っていたことがあります。

『唇が切れて、もう(トランペットが)吹けないと思っても、次の日のことは考えず
その日一日を乗り越えるために全力で吹く。でも終わればまた次のライブがやってくる。
でも俺たちは、その一音に命をかけなきゃいけないんだよ。』

それを僕の年齢の二倍もやってきた日野さんの言葉や佇まいからは、
ものすごく大きな学びを今回の公演からいただくことができたことに本当に感謝します。

本番では、日野さんがなかなか舞台に出て来なくて、、沈黙の時間がつづく、、

お客さんがざわざわしはじめると、遠くからトランペットの音が聞こえ、歩きながら悠々と登場。

途中、踊りはじめた日野さんのトランペットのマイクが外れると、そのマイクをぶん投げる!!めちゃくちゃです!

途中はずっとまえから日野さんとツアーをしていたときに一緒に踏んでいたタップのフレーズを一緒に踏みました。最高です。

そして、TAP THE FUTUREのみんなが今回のステージで大きな輝きを放っていました。

それぞれ大変なことを乗り越え、ここまでやっとこれた喜びをいっぱいに感じながら踊っている姿が
本当に素晴らしかったです。
常々、技術で伝えるのではなく、感情で伝えてほしい!ということをみんなに言ってきましたが(だいたい僕は長嶋タイプなので、バーンと踏めばいい!と教えます)、
このステージではみんなの喜びも、悲しみも、たくさんの想いが伝えられたのではないでしょうか。

この公演は、技術的にも、アート的にも素晴らしいものではなかったかもしれません、

ただごつごつとした今のみんなの生きているそのままの姿をいっぱいに表現したものではあったとおもいます。
僕にとっては岡本太郎の『太陽の塔』のように、なんだかわかんないけど、爆発しちゃってるもの
そんなイメージのものにしたかった。

みんなでこの愛する東北の大地をただ踏みならし、

わーー!と生きている感情を溢れ出させること。

『世の中を支えてきたのは、偉人達でもなんでもない。名もなきひとたちがこの世界を創ってきたんだ。』
と言った太郎の言葉をおもいだします。

これからの東北を、これからの日本を、

みんなの踏みしめるちからでつくっていけたら。

感情を沸き上がらせ、熱い想いで、みんなでともに生きていけたらと強くおもいます。

観に来てくださった方々、協力してくださった方々へ

心より感謝しております。

熊谷和徳


d0002450_2292739.jpg


終演直後のカーテン裏で photo by MAIKO MIYAGAWA


d0002450_188131.jpg
[PR]
by kazthehoofer77 | 2012-03-22 17:56

闇に光る星空を想う

あの震災から一年。

ですが、その前日は母の誕生日でした。

震災後はあまりにも、気が動転してめまぐるしい日々をおくっていたこともあり、

すっかり震災の前の日が母の誕生日だということを忘れてしまっていたのです。

仙台に帰り、ささやかな誕生日祝いを両親としましたが、やはりこの一年のことをいろいろおもいだしていました。


ちょうど、昨年の今頃の時間は、まったく両親とは連絡とれず、テレビでずっと闇のなかで

燃えている街の光景を、ダウンジャケットを着たままただ呆然とじっとみていました。

娘が一歳だったので、大きな余震などがまた起こったら、抱えて逃げなくてはということも考えていました。

そのころ、連絡のつかなかった父と母は車のなかで、避難していたそうです。

すべての電気も、ガスもつかなったので、街全体が真の闇だったといいます。

そのときにみていた夜空に広がる星がとても奇麗だったのが忘れられないと母が言っていました。

仙台の市内の人たちは、僕らがライブでみていたような津波の様子などは、もちろんテレビではみれて

いなかったので、一晩明けるまで、あのような大変な被害が起きているとは夢にも思わなかったとい

います。だからこそ、時間が少し経ってからのショックは大きかったのでしょう。

2日目も車で過ごそうと、夜をむかえたときパッと目の前の家の電気がついて本当に嬉しかったと

言っていました。それからガスが復旧するまでは一ヶ月かかりましたが。


一万人以上もの方々が亡くなられた、昨年のこの日を想う時、なぜか僕はその夜空の星が目に浮かぶようなきがするのです。

市街地の真っ暗な闇に光る満点の星空は、もう今となってはみることはできません。

ただ、お祈りをし、目を閉じると心のずっと奥の闇のなかで、ひとつひとつの命の尊さがキラキラと

光っているのです。

亡くなってしまった命、そして産まれてきた命、

すべての尊さと愛しさを、この震災はおしえてくれたきがします。

そして偶然に重なった母の誕生日と、この震災の起きた日には、

これからもずっと自分が授かった生命についての問いを与え続けてくれるのだとおもいます。


今日の空の雲から差し込む光も、美しく悲しくみえました。

明日からまたこの与えられた命を、そして

守っていく生命のために精一杯、頑張って生きていこうとおもいます。


d0002450_0272464.jpg



来週はついに『MY RHYTHM』本番です!精一杯の感情をこめて踊ります。
[PR]
by kazthehoofer77 | 2012-03-12 00:14

3/17 『MY RHYTHM』それぞれの気持ち、それぞれのリズム

d0002450_0201640.jpg

ここ最近は、毎週のように仙台に行っています。

昨年震災ののために中止になってしまった公演『MY RHYTHM』のリハーサルをするためにです。

いつも新幹線に乗り込み、福島を通過するあたりから、景色が雪景色に変わっていき、到着すると

東京よりも2〜5度くらいは気温が下がったかんじが、いつも「東北だな〜」という感じです。

まず、実家のカフェによってコーヒーを飲むというのが習慣になっています。

それから、スタジオにむかいます。

このスタジオは自分が20年まえにタップをはじめた場所で現在は、オーナーは違うのですがこの同じ

場所にまた戻りたくさんの人達とタップというアートを共有できることは喜びです。

この一年、震災からタップのレッスンを再開するにあたり本当に皆さん大変だったとおもいます。

いまでも、やはり大変な状況は続いている様子は、仙台にいるとわかります。

一般的にイメージする被災の状況というのは、わかりやすくは仮設住宅のイメージや瓦礫のある場所の

ことだとおもいますが、実際は見えない被災の状況、ひとりひとりの心への影響というのは根が深いの

だなあとこの場所に来るとよくわかります。

目には見えないけれど、多くの人達はまだまだ心に傷を負っているのだと感じます。

それでも前に進まなくてはいけない、このままではいけないという状況で

自分が言えること、できることは何だろうということをいつも考えます。

いま自分にできることはやはりタップを踊ることから、

それでも本気でそこに向き合わなくてはとおもいます。

たくさんの生徒たち、ひとりひとりとたくさんの言葉を交わしました。

ときにはヒリヒリと感じながらも、話しにくいことも共有していきたいと思いました。

どれだけ共有できるはわかりません。

ひとりひとり違うもの同士がひとつのステージにあがったとき

ひとりひとりちがう状況、ちがうきもちを抱えているけれど

ひとつのおなじステップを踏む。

それってとても素敵なことです。

したは8歳からうえは70歳まで、

みんなの自分のリズムをおもいっきり奏でてもらいたいです。

僕も精一杯踊ります。

そしてゲストに日野皓正さん。

いったいどんなことになるのか、。

3/17『MY RHYTHM』みなさん楽しみにしてきてください!

これは自分にとってもひとつの区切りになるとおもいます。

熊谷和徳


d0002450_0212659.jpg


d0002450_0214589.jpg


詳細はこちら!東京からもたくさんの方が来てくれる予定です。うれしいな。
http://kaztapstudio.com/pg470.html
d0002450_0253367.jpg
[PR]
by kazthehoofer77 | 2012-03-05 00:08