<   2012年 02月 ( 4 )   > この月の画像一覧

LESLIE KEE "POWER PEOPLE"

d0002450_0323290.jpg


写真家のレスリー・キーの写真展『POWER PEOPLE』に僕の写真が展示されています。
レスリーの想いの詰まったエネルギーある写真展になってますので、是非たくさんの方に観て頂けたら嬉しいです。
レスリーとは以前に『SUPER TOKYO』という1000人くらいの日本人を撮るという企画で、
撮影してもらったことがあります。
彼のテンションの高さと、撮影のスピードとエネルギーの強さは、1000人の被写体の人たちを魅了し、有名、無名問わず
日本人1000人がみんなすごいいい表情でヌード(!)になってるというすんごい企画です。
今回の展示場でながれているメッセージで『僕と熊谷和徳は似たところがある』と言っていました。
写真家として、外見だけでなく、生き方や中身をしっかり見てくれてるんだなと思いとても嬉しい気持ちになりました。

とにかく、一歩展示会に足を踏み入れるとレスリーのパワーに圧倒されます。

是非観に行ってください。お土産に写真が撮れるコーナーもあり、とっても楽しいですよ!

http://www.artmeetslife.jp/NY/Leslie_Kee/index.html

*上の写真は西武一階の柱に貼られた広告です。実際の写真は7階に展示されてます。


以下、SUPER TOKYOのレスリーのメッセージです。

世界中の母たちへ

シングルマザーだった私の母は39歳という若さで命を落としました。
私が13歳のときでした。
とても貧しい家庭でしたが、母は私に溢れんばかりの愛を、
大空よりも大きな希望を、そして何よりも大切なこの命を与えてくれました。
あの日から何十年の年月が流れ、私も39歳になります。
写真を通して世界中の人々に愛を、そして天国の母に感謝の気持ちを届けたい。
東京で出会った1000人の愛と平和と絆をひとつにして、
世界中の人々を幸せにしたいです。


d0002450_1421618.jpg


[PR]
by kazthehoofer77 | 2012-02-22 11:43

THINK DIFFERENT -DEAR GREGORY HINES

d0002450_238157.jpg

2月14日のバレンタインデーは故グレゴリーハインズの誕生日でもありました。

もし,今グレゴリーハインズが生きていたらなあということをたまに想います。

もしかしたら、日本に来てたかもしれないなあ

そのときはどんな話ができたかなあ

どんな踊りを踊っただろう。

写真は生前APPLEが大好きで宣伝にも出たグレゴリーに敬意を表し、彼が亡くなったときにAPPLEのサイトに追悼の意で
でたものだそうです。

『THINK DIFFERENT』

グレゴリーもたくさんの革命家と同じように、世間の固定概念と戦い、
TAPを音楽的にもイメージとしても、違うレベルに変え、そして過去の歴史的タップダンサー達を現在に伝えました。彼にぴったりの言葉だなと今、しみじみと思います。
グレゴリーの貢献に心から感謝したいと思います。
そして、誕生日おめでとうございます!

"クレイジーな人たちがいる
反逆者、厄介者と呼ばれる人たち
四角い穴に 丸い杭を打ちこむように
物事をまるで違う目で見る人たち

彼らは規則を嫌う 彼らは現状を肯定しない
彼らの言葉に心をうたれる人がいる
反対する人も 賞賛する人も けなす人もいる
しかし 彼らを無視することは誰もできない
なぜなら、彼らは物事を変えたからだ
彼らは人間を前進させた

彼らはクレイジーと言われるが 私たちは天才だと思う
自分が世界を変えられると本気で信じる人たちこそが 
本当に世界を変えているのだから

Think different."




I also would like to pay tribute to Steive Jobbs and Whitney Houston.
REST IN PEACE.


[PR]
by kazthehoofer77 | 2012-02-16 02:32

ありがとうという言葉

先週末よりまた仙台のほうにいました。
土曜日はTAP THE FUTUREのレッスンをし、それから日曜日は名取市の仮設住宅のほうにいき、
子供達と一緒に踊ってきました。
朝方、ひさしぶりに余震で目が覚めたのですが、震度3ぐらいでも宮城県沖だったので結構
身体にググッと感じる揺れでした。昨年4月に仙台で震度5強を受けたときのことを思いだしていました。

レッスンでは、みんなで『これから』というテーマを話し合いました。
隣の県、福島で起きている原発の問題は、宮城にとってもかなり深刻な問題で、深刻であるが故に
なかなか話し合うことが難しくもあります。それでも気持ちを,少しでも共有できたらと思い話をしました。みんなそれぞれの話を聞くことができてよかったです。

日曜日に行った名取の仮設住宅。
今回はTAP THE FUTUREの子供達にも協力してもらったのですが、
踊っている子供達を見ているみなさんがとてもいい表情されているのが印象的でした。
このような場でTAPを踊ること自体、まだまだ自分自身もとても複雑な心境で、自分の無力さもひしひしと感じてしまいます。
きっとまだまだ余裕のない方々もたくさんいらっしゃることでしょう。

ただ実際にこういう場にいき、お話をしたり、手を握ったりすることは、
なにか単にボランティアということ以上に強い繋がりを感じることができます。
それは自分のためということの意味のほうがもしかしたら強いかもしれません。

だから、ただ「ありがとう」という言葉がでてきます。

これからもまたいきます。


d0002450_23343156.jpg





2月よりはじまったグリコのCMに出演しています!是非チェックしてください。
http://web.glico.jp/egao/top/index.html

d0002450_23471457.jpg



3/17 仙台TAP THE FUTURE公演 『MY RHYTHM』チケット発売中です。
http://www.kazukumagai.net/information/?p=414
d0002450_011533.png



[PR]
by kazthehoofer77 | 2012-02-13 23:50

じぶんだけのリズムを踏もう!『MY RHYTHM』3/17

昨年は震災のために中止になってしまった仙台TAP THE FUTURE公演『MY RHYTHM』が今年は
3月17日に仙台市青年文化センターで行うことになりました。

昨年の3月11日の地震の翌日には仙台で最終のリハーサルをおこなう予定だったので、
地震のときに、『明日の練習どうしよう。。』と思った人も多かったようなのです。
実際にはそれどころではなく、電気もガスも通らない状態だったのですが、楽しみにしていた
子供達はずいぶん残念だったという話を聞きます。

あれから一年がたち、もう後ろばかりを振り返っていられない、
「ここから前に進んでいこう」というのが今回の僕らの想いであります。
ひとりひとりの進みはゆっくりでも一歩一歩、確実に前へと
大地を踏みならしていければとおもいます。

そして、今年は昨年にはなかった大きなプレゼントとして
スペシャルゲストが登場します。

トランぺッター日野皓正さんが、こんかい仙台のみんなのためにということで
友情出演して頂けることになりました。
ほんとうにありがたいことだとおもいます。

お父さんがタップダンサーでタップに対して人一倍の愛情を持っている日野さん、
きっと今回もすっごいタップを踏んでくれることでしょう!楽しみです。

今回,チケットはたった2000円(!)です。是非この機会に遠方の方も仙台に来て頂き、
なにかしらいまの仙台の状況など感じて頂けると嬉しいです。
KAZ TAP STUDIOからはすでに東京から観に行きます!という方々が何人もいて嬉しいかぎりです。

是非お待ちしております!


d0002450_162135.jpg


d0002450_1623297.jpg


詳しい情報はこちらから
http://www.kazukumagai.net/information/

宮城県復興支援ブログココロプレスhttp://kokoropress.blogspot.com/2012/01/blog-post_4101.html
[PR]
by kazthehoofer77 | 2012-02-06 16:05