<   2011年 09月 ( 4 )   > この月の画像一覧

John Coltrane - LOVE SUPREME

ビルボードのときも演奏したNaimaという曲。
昨夜のGiles Peterson 主宰のJohn Coltraneへのトリビュートイベントでも演奏させてもらった。

この曲は9.11のNYのテロのときに、ブルックリンの部屋でテレビがつかず部屋のラジオをつけていたら、流れてきた曲。とても美しい曲。
あのとき、NYの街に溢れていたすべての音が止まったようにおもえた。
そこに流れてきたこの音楽はこころに沁みて、ずっと忘れられない。

今回はじめておあいしたDJのGiles Petersonは、ものすごくきさくでいい人だった。
そして、すごいエネルギーで人を惹き付けるひとだなあとおもった。
彼を介して、このColtraneのイベントができたことは本当に素敵なことだなとおもう。

そして、いまの日本で、Coltraneが願ったこと、
祈ったこと、
彼の魂からうまれてきた音の数々はとてもリアリティーをもって今聴くことができる。
是非みなさんに聴いてもらいたい。

『人はこの世に生まれて、最高の善にむかってできるかぎり成長を続けるものだとわたしは信じます。それがわたしの信念であり、わたしが進もうとしている道です。わたしは到達出来る最高の善にむけて成長しなければなりません。もしわたしがそこに到達できるとすれば、それはサックスを通じて実現されることになるでしょう。結果がどうなろうと、それはそこにあります。それがなんなのかは知らないし、喋るつもりもありません。でも善は善のみをもたらすとわたしは信じています。』ー John Coltrane





d0002450_3564044.jpg


d0002450_3522147.jpg


次は10/1名古屋BLUE NOTE, 10/11大阪BILLBOARDお楽しみに。

http://www.kazukumagai.net/information/
[PR]
by kazthehoofer77 | 2011-09-25 03:41

今日という一日をおもいっきりたのしむこと

d0002450_3503739.jpgビルボード東京でのライブが9/18に無事におわりました。
今回のライブは純粋にたのしかった!

震災から半年のあいだ、すこしだけ人前で踊るのがつらいなとおもうときがありました。
複雑な気持ちが絡み合い、なにか出口のないところに入り込んでしまったようでした。

8月に行ったSOLO公演では、その気持ちをそのままにぶつけ、
そこからもういちどスタートしたいという気持ちで踊りました。

そして震災から半年経った9/11の仙台で、やっとTAP THE FUTUREのみんなと
震災前から延期になっていた舞台を踏むことができたとき、やっと前に進む準備ができたようなきがします。

そして今回、気の知れたメンバー達と、ちょっと豪華にストリングスの方達と、
ラティールがいて、中島ノブユキさんがいてくれて、
ほんとうにはじまる前からワクワクしてファーストセットから踊りすぎるくらい踊ってしまった!

音のなかに入り込んで我を忘れて

自由になれたきがしました。




第2部、最後の曲でビルボードのカーテンがあいて、

東京の夜景が全面にみえたとき、やはりおもいだすことがありました。

そのときに2階席に両親の顔がみえ、また胸がいっぱいになってしまいました。


自分はやっぱりTAPが好きで、どんなときであっても、

自分のTAPを突き詰めていきたい。もっといいダンサーになりたい。

時代がどれだけ変容していこうとも、強い意志をもって、そして柔軟な発想をもって

そしてシンプルに大切なことのために

前にすすんでいきたいです。

いまだからこそ。

もっとシンプルになりたい。


『震災があったことによって悲しいことばかりだが、良かったこともあった』
と仙台の人が言ってました。

それはひとが支え合うことを、実際に感じられたことや、ものの大切さを身にしみて感じたことなど、この震災を機にはじめて見えたことがあったと言ってました。

僕自身も少しづつ、その光の部分に焦点をあてることができるようになってきたのだとおもいます。

そこから聞こえてくるものにしっかり耳をかたむけていきたいです。

d0002450_3434262.jpg




つぎは10/1名古屋ブルーノート、10/11大阪ビルボードです。
是非いらしてください!

http://www.kazukumagai.net/information/


そしていまから企画している次のプロジェクトは、もう冬ですが12月の23、24、25のクリスマスシーズンに市民参加型の面白い企画があります。
タップをほとんど踏んだことのない人から、プロのダンサーまでと一緒にクリスマスのショウをつくります。
今年のクリスマスは、めいっぱい楽しい時間にしたい。
たくさんのひとたちとステージでともにするクリスマスを、これから創っていきます。

子供から大人までたくさんのひとたちと足を踏み鳴らして、一緒に最高の時間をすごせたらとおもいます。

それまでみんなで楽しく今日という日をがんばっていきましょう。
[PR]
by kazthehoofer77 | 2011-09-20 04:07

あのときみていた空とみんなの足音

d0002450_0544722.jpg


10年まえの9/11に僕はNYにいた。

ブルックリンの家の屋上で呆然と、もくもくと煙をあげたツインタワーを見ていた。
ヤバい!これからどこも攻撃されてやられるのではないか、と鳴り響くサイレンの音を聞いていたけど
何事が起こったのかわからない子供達は走り回って遊んでいたのが印象に残ってる。
あのときの空はほとんど雲一つない、いい天気だった。

あれから10年、そして今年の震災から半年経った仙台に9/11はいた。

前日の9/10は仙台でタップを教えているTAP THE FUTUREが定禅寺ジャズフェスに出演した。

3月の震災で発表会ができなかったために、この日にできるだけのことを発表しようという
ことになり、みんなでこの日までほんとうに力をあわせて頑張ってきたのはTAP THE FUTUREのブログから伺える。

http://sendaitap.exblog.jp/

3/11の震災が起きたとき、いったいみんなが生きているのかどうか、そんなことすらわからず、
みんなの安否を願っていたときから、この半年という時間は信じられないくらい
短いのか長いのか、とにかく濃厚な日々だったようにおもう。
実家の家も一ヶ月はガスが使えなかったことや、水が出なくて水汲みにいった子供達の話や、
被害の大小は違えども、ほんとに大変なエネルギーを費やしてきたとおもう。

そんななか、みんなはTAPということをやめずにいたことは、それだけで素晴らしいことだった。

現状、まだまだ大変な状況でタップを踊れない人達も実際にいるので、
『いまタップを踊ってていいのだろうか』という罪悪感を感じていたというひとも少なからずいたとおもう。打ち上げの席では、その葛藤を想い涙した子もいた。

ただいろんな状況をひっくるめて、みんなこの半年間でものすごい一体感とエネルギーを
生み出したのは確かだった。
『今生きてる』という、ひとりひとりのエネルギーが舞台のライトのなかでスパークしているようで
ほんとうにみんなをみていて胸が熱くなった。

このような経験を自分が仙台のみんなをとおしてできたことに本当に感謝したい。
この5年間、みんなとタップをしてきて本当によかったなとおもえた瞬間だった。

そしてダンスやアートは、ぼくたちにとってどういう意味をもつのかも
この経験からほんとうに学ぶことができたようなきがします。

9/11は仙台ジャズフェスのフィナーレでメインステージでソロを踊らせていただいた。
この場所に、このときにいることができたことに感謝します。

12日には津波の被害が大きかった名取市へ再びいってきた。
このことはまたゆっくり書こうとおもう。
これからずっとこの場所にも戻ってくることになるだろう。

時はずっと繋がっている。



d0002450_0524929.jpg



d0002450_122948.jpg



d0002450_123229.jpg


今度の日曜日18日はいよいよビルボード東京!今回は中島ノブユキさんアレンジによる初のストリングス楽曲もあります!是非いらしてください。
そのあと10/1は名古屋ブルーノート、10/11は大阪ビルボードです。
お楽しみに!
http://www.kazukumagai.net/information/
[PR]
by kazthehoofer77 | 2011-09-15 00:45

東京JAZZを終えて、明日から仙台。

d0002450_23162036.jpg

今年で3年目になる東京JAZZですが、今回は2度目の上原ひろみちゃんとのDUOでした。

いつもいつも、海外をまわって戻ってくるたびに新たな刺激と感動をもってきてくれる
ひろみちゃん、今回も本当に素晴らしかったです。
いつも一緒にステージの上で音楽を奏でられることは、僕にとっても大きな喜びです。
ありがとう!

今回のセットリストは

1、TOHOKU~ SAKURA
2、I MEAN YOU
3、木星 - JUPITER
ENC. WHAT A WONDERFUL WORLD

でした。
『TOHOKU』は震災後に僕が踊り続けているナンバーに、ひろみちゃんがメロディーをくわえてくれたものでした。そして木星は、組曲としてTIME AFTER TIMEやJAZZのナンバーも途中にはいりましたが、20分を超える大作になりました!

また是非やりたいです!

明日からは仙台定禅寺ジャズフェスティバル
10日が仙台TAP THE FUTUREのみんなが踊ります。
そして11日はフィナーレで自分も踊ります。

そして来週18日は東京ビルボードでのライブです。
今回はK.K.QUINTETのメンバーに加え、中島ノブユキさんアレンジのストリングスの曲をやりますが、これが今までにない新しい作品に仕上がっています。
是非聴きにきてください。
10月には名古屋、大阪にいきます。詳細はINFORMATIONページから!
http://www.kazukumagai.net/information/

d0002450_2320877.jpg




仙台TAP THE FUTUREの子供達の手紙です。
震災でタップが踏めなかったとき、どう感じたのか。そして明日みんな踊ります。
みんなのブログ
http://sendaitap.exblog.jp/
d0002450_23272432.jpg

d0002450_23282143.jpg

[PR]
by kazthehoofer77 | 2011-09-09 23:18