<   2010年 05月 ( 5 )   > この月の画像一覧

HAPPY BIRTH DAY to MR. Bill "Bojangle" Robinson!!

d0002450_2195472.jpg

昨日5月25日は伝説のタップダンサーBILL ROBINSONの誕生日でした。
彼がいたからこそ、現在にTAPが在り、僕らがTAPを楽しんで踊っていられることに感謝したいとおもいます。ありがとう!

そして昨日はミュージックアワーというテレビ番組に出演したのが放映されました。
自分は見逃してしまったのですが、たくさんの方々からのメッセージありがとうございます。
これからも頑張ります。

まずはこんどの日曜日30日の赤坂BLITZでの単独ライブを楽しみにしてください。
SOIL&"PIMP" SESSIONSからTABU ZOMBIE, みどりん、SLEEP WALKERのベーシスト池田潔、
そして最近ソロアルバムをリリースしたばかりの菱山正太という面々でお送りします。

BLITZで会いましょう!








d0002450_228629.jpg
[PR]
by kazthehoofer77 | 2010-05-26 02:12

ひとはみんな深いところでつながっている

昨日はDerick宅にてバスケットボール観戦。だけど、あまりにエキサイトしすぎてほとんどゲームをみないデリック。ホームのBostonが勝って息子と喜びのダンス。
その後、ジェイソンも合流し、僕とJasonはFAT CATのJAMへ。ものすごい熱いミュージシャン達とのセッションになり素晴らしい刺激になった。

こっちに来てからいろんな人とたくさんの話をした。

偶然出会う人や、仲間のタップダンサーたちと話をしていて考えていることが似ていたり共通していることがたくさんあった。
それはきっと偶然ではなく、『今』という時代を同じように感じて
『ひとはみんな深いところではつながっている』
ということなんだろうと思う。

自分が変化していくこと、そしてずっと変わらないところ
ずっとずっと自分の足下から地面に自分を掘り下げていく

すると地球の球体の真ん中で、すべてのひとが出会う。

そこではきっとどんな人種でも
みんなが同じような気持ちを共有しているような気がする。

周りの環境が変化していっても、あらゆる人との違いを感じても
結局はぼくらはひとつなんだというふうに思えれば
もっと出会いが楽しくなるし、毎日はいつも良い方向へ動いていくだろう。

大地に自分自身をどっしりとほりさげていこう。

さて、もうすぐ出発のときだ。
[PR]
by kazthehoofer77 | 2010-05-14 21:47

MYSELF

d0002450_13352985.jpg


先日、Omarのスタジオで行われたいつもながらにしてクレイジーなTAP jamに行った。その次の日は老舗JAZZ CLUB『Smalls』でのjam。
MichaelaやJosephといったおなじみの友人に会えた。
そしてドイツからたまたま来ていたBorisとも久々にセッションできて嬉しかった。

NYではいつも動き回り、たくさんの人に会う。
刺激をたくさん受けると同時に、おもいっきり自分自身の心の内側もいっぱいいっぱいになる。
良い意味でも悪い意味でもこの土地が持つエネルギーは強すぎるのだとおもう。

ひとつのことの「価値」は見方によって、見ている場所によって大きく変化する。
ある場所で『これが正しい!』と思っていたことは別の場所では全く意味を持たなかったりする。
この場所に来るといつも思う、
正しいとか正しくないとかいうことに答えはない。
たったひとつの正解なんてない。


ただ自分の信じることにむかって
本当に大切にしたいことをみつめて、
『自分自身』でありたいとおもう。

それはもうそこに見えているのだから。 


d0002450_13383643.jpg



d0002450_13395146.jpg
[PR]
by kazthehoofer77 | 2010-05-11 13:11

Constant Effort

d0002450_30012.jpg

NYにくると不思議な出会いが必ずある。

まずばったり会ったのは、「あれ、カズ?」といきなり声をかけられた人。どこかで見た人だとおもえば、セネガルで会った日本人!!いきなりNYでの再会に頭が混乱しました。
東京で会ったことのない人にセネガルとNYで出会うってすごいことですよね。

そして昨日はブロードウエイのショウ『FELA!』を観に行ったらステージの上に見覚えのある人が、
10年ぐらいまえに一緒にストリートで演奏していた日本人パーカッショニストが出演してました。
終演後に話しかけたら、なんだかぜんぜん久しぶりな感じがしなくて面白かった。

『FELA!』はアフリカのミュージシャンFELA KUTIの過激な人生を音楽とともに描いていく作品。

このショウは今まで観たことのないような、クリエイティブな作品でした。
客席が一体になってアフリカのFELAのプライベートなスペースで一緒にパーティーして踊りまくるようなそんな感覚。実際みんな総立ちで踊りまくりです。
このような作品に友達が出ているなんて誇りにおもいます。

頑張り続けることは、いつか報われるんだなあ

と帰り道感慨深かった一日でした。


d0002450_314584.jpg




d0002450_322134.jpg


Omarのスタジオの前にて
[PR]
by kazthehoofer77 | 2010-05-09 02:41

NEW YORK NEW YORK

昨日NYに着いた。こんなに遠くまでやってきてもなんとなく自分のhomeに戻ってきたような感覚。
たくさんの友達がそういう気にさせてくれるのだろう。

NYについてすぐJason, Derickに会う。STEPSでのこんどのショーケースのリハを見学。
ダイがとても頑張っていて、光っていた。いい感じ!

いつも初心に戻される気分になるNEW YORK.
なにか新しい自分をみつけて日本に帰ることができたらとおもう。

さて今日も頑張ろう。


[PR]
by kazthehoofer77 | 2010-05-06 16:13