<   2009年 12月 ( 2 )   > この月の画像一覧

FREE TAP means JAZZ

今日は友人Candle Juneの展示会にて踊る。いつもながら炎の説得力は大きく,人を巻き込む。

明日は浜離宮ホールにてSAX奏者梅津和時さんとの公演があります。

先日、還暦をむかえた梅津さん。さすがに長い時をSAX一筋吹き続けてきた梅津さんの音は太くて,温かい。梅津さんはじめ本当に素晴らしいメンバーと一緒に音楽を奏でられる事はとても光栄です。

John Coltrane, Miles Davis, Bill Evans,そしてPharoah Sandersなど僕が大好きなジャズのミュージシャンへのオマージュ。そしてもちろんJAZZと踊り続けたHoofer達の精神を身体全体に感じながら明日は踊りたい。

JAZZ AND FREEDOM GO HAND IN HAND. ーThelonius Monk
「ジャズと自由は手を繋いでゆく」ーセロニアスモンク
[PR]
by kazthehoofer77 | 2009-12-19 02:12

Life is so precious

ほんとうにたくさんの方々の祝福コメントに感動しました!ありがとうございます!

昨年の今頃は祖父が天国へと旅立ちました。
亡くなるまでの壮絶な日々を病院で見ていた僕は『生きる』ということについて、
否応がなく考えさせられていました。

そして今年、この娘の誕生もまた想像を越えるほどに壮絶な闘いでした。
しかしながら,今回は悲しみではなく、生きることへの「喜び」と「希望」を
産まれてきた瞬間に、ぼくらに笑顔を与えてくれたのです。
この瞬間に立ち会えたことは、とても幸運なことでした。

生命のこの循環のあいだにいる僕は、このふたつの出来事から本当に多くのメッセージと
「生きる」うえでの課題を受け取った気がします。
そして今自分が踊る、そのリズムの中にこのことは大きく影響している気がするんです。

僕は生きるために踊っている。

そしてなんのために生きて、なんのために踊るのか、

それが明確にみえた気がしました。

それはとてもシンプルで美しいことなんだと、

いまぼくは感じることができます。

喜びのために 笑顔のために

僕は精一杯生きていたいとおもいます。

そしてあらゆる課題もひとつひとつ

乗り越えていけるような気がします、

生後まもないこの子はいま、全身でこの世界の瞬間瞬間の音や光や声や感触を感じながら
大声で泣いてミルクを飲んでげっぷしてすやすやと寝ています。

生きてるってことは、それだけで素晴らしい。

d0002450_0593589.jpg


12月20日にはKAZ TAP STUDIOでのワークショップあります。
是非ご参加ください!

KIDSクラス 15:30-16:30   
基本クラス 17:00-18:15   応用クラス 18:30-19:45

詳しくはHPをご参照ください。
KAZ TAP STUDIO
[PR]
by kazthehoofer77 | 2009-12-01 03:01 | 生命の奇跡