<   2009年 07月 ( 5 )   > この月の画像一覧

パリでの想いで

d0002450_2283274.jpg
先日,パリでは素晴らしいタップダンサーのSarah Petoronioとたくさんの時間を過ごし、
たくさんのことを語り合うことができた。
Sarahがインドで生まれ育ち、NYでタップに出会ったこと、パートナーのJimmy Slydeのこと、
そしてSteve Condos(スティーブコンドス)の最後のパフォーマンスのことが最も印象にのこったのでここに書きたいとおもう。

スティーブは50年代にハリウッドの映画でタップを踊ったことで有名になり、
生涯をタップダンサーとして踊り続けた本物のダンサーです。
彼は71歳にして亡くなったのですが、それがパリのコンサートホールで彼が10分以上に及ぶタップソロのあと楽屋で倒れて亡くなったという話は有名な話として聞いたことがありました。
しかし、その最後の時間、まさにサラがその場所にいてスティーブを腕に抱き、ジミーとともに心臓を押してマッサージをしていた、というリアルな話を聞き、まるでその場所に自分も居合わせたかのように最後のスティーブの姿とその場の光景が目に浮かびました。

ショウのあいだの混乱を避けるため、ショウは最後まで予定通り続き、
その間、スティーブは奥さんとサラの旦那さんのピーターとともに病院へ運ばれ、
ショウの最後にスティーヴが亡くなったことがお客さんに告げられたと言う。
そしてその日のショウはチケットが人気のためソールドアウトしていた追加された公演だったそうです。

スティーブはダンサーのなかのダンサーとして人生の幕をおろした。

そしてサラは今タップのなかで人生を表現し、感情を表現する。
サラのタップのリズムのなかにジミーもスティーブも存在しているように、
人生の経験が映し出されているかのように。

『人生の経験こそが大事なのよ』だからレッスンだけではなく、たくさんのことをパリで見たり、聞いたりしなさいと、僕のフランス滞在中にサラは言ってくれた。

だからおかげでほんとうに良い時間を過ごすことができた。

タップダンサーはみんな知っている。自分の人生を表現することを。
NYのデリックも人生のストーリーを語るんだ、と言っていた。

たくさんのタップダンサーがのこしてくれた、人生のフレーズ、リズム、音、

それは形が無くなっても、

ずっと、ずっとそこに聞くことができる。

さて、毎日を踊り続けよう。


d0002450_21492871.jpg


Steve Condos


d0002450_22103092.jpg



d0002450_22112993.jpg
[PR]
by kazthehoofer77 | 2009-07-21 21:48 | PARIS, GERMANYの風景

NYの景色

d0002450_11442519.jpg


d0002450_11451850.jpg



d0002450_1148151.jpg



d0002450_11493013.jpg


d0002450_11504795.jpg



d0002450_1152315.jpg



d0002450_11523934.jpg

[PR]
by kazthehoofer77 | 2009-07-15 11:57 | NYの記憶

NYC TAP FESTIVALを終えて

d0002450_121359.jpg


今年も無事にNYでのフェスが終わりました!
数えてみたら、今年で8年目になります。毎年、毎年、いろんなことがありながら、この場所で踊ることが自分のなかでひとつの区切りになり再スタートになります。

今年は、世界で最も尊敬するダンサーのひとりDERICK K. GRANTと二人でM.J.の曲『HUMAN NATURE』を踊りました。プログラムのなかでも最後から二番目というクライマックスの場面で素晴らしいダンサーと素晴らしい環境で踊れることに、踊っている間に我も忘れて夢中になりました。
そして最後にはスタンディングオベーションをもらい感無量です。

とにかく今回、Derickと踊り、さらに深く彼の人柄にふれ、たくさんのことを学べたことが最高の収穫だったとおもいます。
Derickの技にどよめいた会場をステージ上で見るのは最高のスリルと興奮がありました。

本当に彼に感謝です。

そして9年目を迎えたTAP CITY、主催者のTONYにも感謝。
たくさんのダンサーに囲まれ、エネルギーを感じられたことで
さらに前へ、前へと進む勇気をまたもらえました。

もっと先へ

頑張ります!

d0002450_1243327.jpg


d0002450_126442.jpg



d0002450_1275512.jpg

[PR]
by kazthehoofer77 | 2009-07-12 00:54 | NYの記憶

ニューヨークより

d0002450_14465066.jpg
みなさんこんばんわ。
たくさんのお祝いメッセージをありがとうございます!みなさまのあたたかいお言葉に本当に感謝しています。

いまは今月10日におこなわれるTAP FESTIVALのためにニューヨークにいます。
飛行機から見えた夕焼けがものすごくて感動しました。
そして到着したニューヨークのエネルギーは相変わらず強くて、いつもここに来るとゼロに引き戻されて『頑張ろう』という初心の気持ちになります。



NYに来てまず、こっちの友だちも結婚のことにとても驚いてくれて、
しかも日本人よりも派手なオーバーアクションでみんな祝ってくれるので、
僕のほうまで驚きます。
どこにいても祝ってくれる友達がいることにとても感謝しています。

今までよりももっと今という瞬間に感謝して、この瞬間にベストを尽くして
成長していくことに力を注いでいこうとおもいます。
まずは10日のTAP FESTIVAL、そして日本に帰って8月の青山円形劇場公演に向けて
頑張ります!

話が前後しますが、NYに来る前、僕がとても敬愛する詩人の谷川俊太郎さんにお会いして、
対談する機会がありました。
想像以上にあたたかく、本当に素晴らしい方でした。

今月発売のDDDに載りますので、是非チェックしてください。
では!


d0002450_1446199.jpg


d0002450_14523598.jpg



d0002450_1453510.jpg
[PR]
by kazthehoofer77 | 2009-07-08 14:08 | NYの記憶

みなさんに感謝!

先月の27日にカヒミカリィさんとささやかな式を挙げ、結婚いたしました!

今まで一人で踏んできた道のりをこれからは二人で、

『ひとりでもふたりのつもりで ふたりでもひとりのつもりで』

今までよりももっと強く、

それぞれの夢や信じることのために歩んでいきたいとおもいます。

ここまでこうして元気に来れたのは

いつも応援してくださっているたくさんの方々、支えてくれる友だちやスタッフ、そして家族のおかげだとおもっています。

出会ってきたすべての方に感謝しています!

ありがとうございます!

そしてこれからも変わらず、ふたりをよろしくお願いします!

たくさんの人達の笑顔を願いつつ

これからも一歩一歩

歩き続けます

7/5/09 K.K.

d0002450_4563198.jpg

[PR]
by kazthehoofer77 | 2009-07-05 04:58