<   2008年 09月 ( 9 )   > この月の画像一覧

ぼくらはみんな生きている。

d0002450_0545759.jpg


六本木ヒルズ2DAYSが終わって、今日はたましいの抜け殻のようにぼんやりとしていました。上京していた家族と久しぶりにご飯を食べて、笑って、雨が降る音とゆるやかに流れる時間を感じていると、昨日、おとといは夢だったような気がします。

たくさんの人達に囲まれていた二日間は「奇跡」みたいだとおもった。
MCではそのまま喋ったが、それがうまく話せたはわからない。自分にとっては大袈裟な言葉ではなく、あの場にいれることが奇跡に感じられた。

5、6年ぐらいまえの話をした。

アルバイトをしていた僕は毎日、ヒルズのあの場所を通り抜けていた。
夜中のアリーナには誰もいなくて、木でできたデッキを踏むといつもいい音がしていた。
都会の空は明るくて東京タワーが見えて、清々しい空気をいつも感じた。明日はどうなるかもわからないが毎日が精一杯だった。

それから月日が流れて、またあの場所にいること。
それも、地球の裏側と感じられるようなセネガルからきたパーカッショニスト達や、タップダンサーやたくさんのこれまでに出会った人達と共にひとつのことを創り上げるためにあの場所にいた。

初日、楽屋に行くと自分の楽屋に誰かいる。敷物をしいてひざまずいてアフリカ人がお祈りをしている!僕の楽屋なのに!と思うがあまりに神聖な光景で、すごすごと弁当を持って外に出た。

文化も生きた環境も、ひとりひとりが違う。同じ国に生まれても、それぞれが違う運命を背負って、それぞれが生きている。タップダンサーのTAKAとはNYの道で話しかけられて知り合った。むらっちは仙台の9日間の公演をすべて観に来たお客さんで、そのご上京してきて知り合った。他のメンバーとも偶然に出会ってきた。

自分がTAPと出会ったことも、たまたま子供の頃にみたテレビがきっかけだった。

その日たまたま六本木に来た人も、TAPが好きで来てくれた人達も、
あの日に出会ったことはとても貴重な瞬間だとおもった。

ステージの上でそのことを思った時、『生きてるーーー!』と叫んだ。それぐらいしか頭に浮かんで来なかった。

ぼくらはいきてる。

みんないきてる。

それだけでほんとすばらしい。

みんなが一緒になれること。

ああいう場所でフリーコンサートを開くことは自分がいつも思い描いている夢だ。

踊りや音楽は野原の花や風の音とおなじように、ひとの心にはいっていくべきだとおもう。そのためにぼくはいるとおもう。こどもたちがステージのわきで足をバタバタと鳴らしている光景やおばあちゃんが客席におりた僕に話しかけてくれたりすること、
最高の光景だ。
いかなるアートもお金を払わなければ見れないものではぜったいにないとおもうから、今回のように六本木ヒルズが2日間も場所を開放してくれたことに感謝します。

本当に来てくれたみなさんありがとう。そして遠くからインターネットで見てくれたという方も!

ぼくらはみんないきている。5年まえのあのときも、そしていまもこれからも!

くじけそうになっても、信じていよう。

みんなですばらしい毎日を!

感謝。


[PR]
by kazthehoofer77 | 2008-09-30 00:43

明日、あさっては六本木ヒルズへ

d0002450_218587.jpg今日、ヒルズでのリハーサルを終えて、いよいよ明日からです。
昼間は1時からTAP体験ワークショップ。タップを体感するゲームも置かれるとのことです。
そして夜はライブ!
精一杯踊ります。みなさんと共有できる瞬間を楽しみにしています。


『今、この瞬間、全く無目的で、無償で、生命力のありったけ、全存在で爆発する。
それがすべてだ。そうふっきれた時、ひとは意外にも自由になり、自分自身に手ごたえを覚える筈だ。』ー岡本太郎

d0002450_2244550.jpg
Harold Cromer
[PR]
by kazthehoofer77 | 2008-09-27 02:25

27日、28日は六本木ヒルズフリーライブ

六本木ヒルズでのフリーライブもいよいよ大詰め!
きょうは今回、参加してくれるセネガルのパーカッショニスト、ラティールシーがスタジオに来てくれました。いつもながら思うことだけど、ラティールの演奏、唄にはいつも感動させられる。リハーサルをみていても大地の音や、大自然の声が聞こえてくるようでエモーショナルな気持ちになる

今回、たくさんの本場のアフリカ人パーカッショニスト達が参加する。
秋の夜に響く、大自然の音がどう東京のみんなに共鳴するか楽しみだ。
そしてもちろんTAPPER軍団も登場する。
リズムを共鳴させよう!

今週の土曜、日曜は六本木ヒルズに集合しよう!なんせフリーだから、気軽にひょいっと!


http://www.roppongihills.com/jp/events/gene0927.html


それと、昨日はNHKハイビジョン放送で東京JAZZのライブが放送されたようです。
こんどはBS-2で10/7の深夜0時に再放送されるそう。お楽しみに!
[PR]
by kazthehoofer77 | 2008-09-25 01:22

カレーライスとボブマーリー

d0002450_2264280.jpg
練習を終えて、ボブマーリーのDVDを買った。

それからにんじん、じゃがいも、なすなど買い込んでカレーを煮る。

ぽじてぃぶバイブレーションに身体が包まれる。

精神にも栄養を、

身体にも栄養を。

元気が欲しいときはカレーとボブマーリー。カレーは自分でつくる!

NYでのルームメイトのラスタファリアンJacobは『大人は自分で食べるもんは作るんだ!』と教えてくれたが、

腹が減ったときは『何か食うもんないか?』と聞いてきてた。困ったときはお互い様。冷蔵庫のものは皆共有。牛乳がすぐなくなる!

大好きだぜ、ボブ。そしてカレー。

『目を開いて、瞳の奥を見よ。自分の人生に満足しているかい?』ーボブマーリー「Exodus」

まだまだこれからさ。

Tapman is positive!
信じることを貫こう!

PS>みんな正解、答えは『Right ON』でした!
[PR]
by kazthehoofer77 | 2008-09-23 02:21

和。

d0002450_2321346.jpg
先日は「センスオブワンダー」のイベントのため山中湖へ。
大自然の中でのタップ、気持ちよかったです。
雨上がりの夕日がきれいでした。同じステージだった内田也や子さんのポエトリーも素敵でした。

同じくイベントに来ていたCANDLE JUNEのキャンドルも夜に灯っていました。
キャンドルの灯りを座ってじっとみたり、山の中で静かにしてみると、頭がすっきりしていろいろなアイディアや、考えが整理されて帰りの渋滞の5時間は熱く語り会いながら帰ってきてとても良い時間を過ごせたと思います。

今日、練習後にふらりと本屋にいって読んだ本。禅の言葉集。

『和』と言う言葉は『相手の幸せのなかに自分も生きる』という言葉で、なるほどとおもう。人の幸せと共に、自分の幸せも存在するから、たくさんひとをハッピーにしていけたらなあとおもう。

そして『行雲流水』、ちいさなつまらいことにこだわらず、自在にそらをいき、自由に川を流れるように生きること。たまには大きくながれる雲をねっころがって眺めてる時間も大事だなあとおもった。

『雲を数えなさい。雲に名前をつけなさい』ーオノヨーコ



d0002450_240072.jpg


PS>僕が振り付けたCMが今流れてます。みんなわかるかな?
[PR]
by kazthehoofer77 | 2008-09-19 02:33

ちいさいスタジオ、おおきなハート。

今日はスタジオはじまって以来の生徒と講師によるプチ発表会でした。
いやーほんとうにみんな生き生きしていて最高によかったです。普段みていることが、よりこういう場所で意外な見え方をしたり、予想以上のことが発揮されたりしておもしろかった。最年少は小学生のしおねちゃんとってもよかった!!
純粋なハートはすべてを超越しますね。

明日は山中湖のセンスオブワンダーというイベントに朝から行って来ます。
講師のみんなも言ってましたが、先生とか生徒という関係じゃなくて、みんなで一緒に学んでいく。そんなでっかいハートのスタジオになっていけばいいね。


では、ほんとうに講師のみんなも生徒さんもよく頑張った!
またやりましょう!
みんな最高だぜ!!



d0002450_0415891.jpg


先日行われたVOLKSWARGENの新車発表のイベントで踊りました。
[PR]
by kazthehoofer77 | 2008-09-14 00:39

初心者のためのタップ、タップ、タップ。

中目黒のKAZ TAP STUDIOにてはじめてTAPを踏む人たちへのワークショップを行います。最近、テレビや公演をみてタップを興味を持った方や、ずっとやってみたかった!という人達へ。自分がはじめの基礎の基礎からリズムを身体で奏でる楽しさをみんなと共有したいとおもいます。

この機会にぜひ!

13日 17:00-18:00
20日 17:00-18:00

こちらは革靴やスニーカーでも参加できる形の初めての方向けのクラスになります。
1レッスン:3000円(1レッスン受講だけでも可能となります)
※要予約/抽選あり
hoofersjapan@hotmail.co.jp

詳しくは
www.kazukumagai.net
[PR]
by kazthehoofer77 | 2008-09-10 01:47

『僕が9歳だったころ』

『僕が9歳だったころ』という韓国の映画をみました。
ひさびさにいい映画みたきがしました。いい映画って、他のことをやっていてもグイグイひきつけられますね。

この映画をみて自分が小さかったころ、学校で転校していく友達との別れを思い出しました。小学校のころなんかの別れは、なんだか永遠の別れのような気がして、でも子供ながらに「そういうものなんだ」という心のわりきりをするのが大変で本当につらかったのを思い出します。
自分は転校したことがなかったんですが、自分の転校のことなど考えただけで信じられなかったです。

ある女の子が転校するときに最初に冷静を装って笑顔で別れをつげていたのに、その子が突然下をむいて声をあげて泣いた。突然のことに戸惑った!みんな戸惑った!
どう感情をあらわしていいのかわからなかった。
そんなとき、クラスで一番変わってるといわれてた男の子が「あははははは!」と声をあげて笑った!!
ギョッとしてその男のこを見てみたら笑いながら目からボロボロと涙がこぼれてた。
どうしていいかわかんない感情がいっぱいいっぱいになっちゃったんだろう。それからたくさんのひとの目から涙がこぼれ、先生も泣いた。
そんな教室のある日の出来事をおもいだしました。

『別れっていうのはなんで悲しいか。それは遠くにいる人になにもしてあげられないからだよ』

と映画で言っていた。別れと出会いと。

あの頃のみんなは元気にしてるだろうか。


それにしても韓国の映画いいんだよなあ。
[PR]
by kazthehoofer77 | 2008-09-09 10:47

生きてグルーヴ!!

d0002450_2282582.jpg
久しぶりの休日、生まれてはじめてのサーフィンで波の上でおどってきました。
夏が大好きで海が好きなのになかなか海にいけないので、夏がおわっても海にいられるサーフィンって最高です。海を見てるだけでも本当に気持ちがいいです。

どこまでもつづく海をみていると静かな気持ちになれる。それではじめてチャレンジしたサーフィンは難しくて奥が深いんだけど、じっくり立ち上がって波に乗れたときの気分は最高です。何回もチャレンジしてウエットスーツの中が汗だくになってるのがわかりました。

自然の中で、身体ひとつで向き合っていくのはダンスにもすごく共通していて、自分にとっては精神的にも身体的にもいい影響がありそうです。
自然と共に生きていることをもっと意識していたいです。
しかもこの年齢で新しいことをはじめることも、やっぱりやってみて大事だなあとおもいました。最初は全然できないけど、チャレンジですね。もっと様々な自分のしらないことにチャレンジしていきたいです。



そして、今回もDDDの対談で新たな人とも知り合いました。
コンテンポラリーダンサーの康本雅子さんです。とてもキュートでまっすぐな人です。
ぜひ今月末に発売されるDDDもチェックしてください。


d0002450_231032.jpg

[PR]
by kazthehoofer77 | 2008-09-08 02:44