<   2008年 03月 ( 8 )   > この月の画像一覧

MY BIRTHDAY

d0002450_18555387.jpg



日々変わりゆくことごと。

大切なことさえ忘れてしまいそうになるけれど、大事な1日はいろんなことを思い出させてくれる。

昨年、30歳を迎えたのはNYだった。今年は日本の仲間にかこまれ無事に誕生日を迎えた。

今日のレッスンでは終了後に生徒さんからのハッピーバースデイソングをいただいた。

ありがとうございます!

何事にも感謝の気持ちをもつこと。忘れがちだけど最近一番よくおもうこと。

kAZ TAP STUDIOにはむらっちからもらったグレゴリーハインズ、サミーデイビスJR.のパンフレット。

ありがとう!

まだまだ揺れ動く31歳。

まだまだ頑張っていきますので、みなさんよろしく!

d0002450_18531997.jpg

[PR]
by kazthehoofer77 | 2008-03-30 18:56

桜満開 KAZ TAP STUDIO

d0002450_2334320.jpg


成田から直で、Studioにいきました。すると満開の桜並木。狂い咲くというのはこのことか!
ハイテンションのまま、そのままクラスを教えました。
4月は自分もクラスを持ちますので、是非桜をみつつ遊びにいらしてください。
最高の景色です。
桜の季節は日本で一番好きな季節かもしれないけれど、ほんの短い間しかこの瞬間を見ていることができないのが、すこし切ない気分になります。
でも、きっとだからこそ素晴らしい一瞬なんでしょうね。
日本の芸術の好きな部分もこういう刹那てきな感性からきているなあと、感じました。

8、9日には円形劇場のライブが迫ってきています。
今回はNYでも一緒にやった同志、ベーシストの塩田さんが一緒に参加します。
期待してください!
[PR]
by kazthehoofer77 | 2008-03-29 02:37

THANK YOU FOR YOUR SUPPORT!!

これから日本にいきます!

今日は出発前にNYの仲間達が自然に集まってくれてご飯を食べた。
長くNYで生き抜いている人の圧倒的なポジティブなエネルギーにはいつも心を動かされる。何かを求めて、失敗しても笑顔で前に向かっていく姿勢が本当に素晴らしい。
なんでも笑い飛ばしちゃって、前に進む。
たとえ、生きているフィールドが違っても、やっぱり頑張ってる人達のエネルギーはその分野を超えるんだよなあ。

こういう場所だからこそ、みんなが支えあって、刺激しあえる。
だからいつもここに戻ってくる。
NYで出会った人達に感謝!

4月の円形劇場では感謝の気持ちをもって、これまた素晴らしい仲間と思いっきり表現したい。
そしてKAZ TAP STUDIO,これからのタップダンサーとともに日本で頑張ります!
日本のみなさん、すぐにお会いできることを楽しみにしてます!

KAZ
[PR]
by kazthehoofer77 | 2008-03-26 20:58

SWINGIN` HARD with the Queen of TAP

今日はハーレムで、Domesiaの主催のtap jam sessionに行って来た。
お客さん達はほとんどがタップダンサー。入っていくとギラギラした雰囲気が充満していた。まず目に入ってきたのは、ドミーシアとミシェルのバトル。やばいとこに来てしまったと思いました。バーカウンターでは、デリックが、フロアの前にはジェイソンがかけ声(野次)を飛ばしている。
みんなが踊り、最後に自分も踊りましたが、超絶に速いスイング曲をドミーシャがセットすると、そこからはバトルに!!デリック、ジェイソンの野次を受けながら、紙くずまで投げ込まれて、まるでリングにいるような気分になりました。が、目の前で繰り広げられるドミーシャのTAPのフレージングは、本当に聴いていて気持ちよく、驚きも交えながら舞台上で感動しました。
BE BOPのトランぺッターのような、音楽的フレーズの数々。DIZZYやCHARIE PARKERがやっていたセッションはこんなだっただろうか?
ベイビーローレンスやジミーなどのタップダンサー達によって受け継がれてきたリズムは今ここに生きてるんだなあと実感。最近はジェイソンともビバップのフレージングばかりを練習しているし、TAP DANCERがこの音楽を学ぶことはとても大事だ。

「野次もSESSIONの伝統の一つだ」と言っていたけど、これもふくめて笑えたJAMだった。たくさんのタップダンサーからインスピレーションをもらった1日だった。


d0002450_17212540.jpg
[PR]
by kazthehoofer77 | 2008-03-18 17:23

アフリカは午後0時 アメリカは午前2時

d0002450_1612262.jpg


4/8.9に突然ですが、青山の円形劇場で2days公演をやります。

『アフリカは午後0時、アメリカは午前2時』

というように、今年に入ってセネガル、NY、東京と見て来た、経験して来た『今』を伝えたいとおもいます。自分自身のこれからの通過点やプロセスも未完成でも見せていこうというコンセプトで、よりLIVEな感じでみなさんとのコミュニケーションがとれたらと思っています。
ぜひぜひお楽しみに。円形劇場と言う自分の思い入れの深い場所でお会いするのを楽しみにしています。


「熊谷和徳TAP SECRET公演」
4月8日(火)アフリカは午後0時
4月9日(水)アメリカは午前2時
18:30、開場、19:00「開演」
青山円形劇場、
キョードー東京 03−3498−9999

チケット先行予約
3月13日、14日 10:00−18:00
上記キョードー東京
15日以降は「チケットぴあ」他で発売開始

d0002450_16154253.jpg
[PR]
by kazthehoofer77 | 2008-03-14 16:15

3/10 BIRTHDAY! SHOUT OUT LOVE!!

d0002450_5372948.jpg
今日は、ジェイソンの家にいき練習。そのごBOWERY POETRY CLUBに行き、

オーナーのBOBが誕生日ということで、詩人のGARYが即興で読む詩にあわせて踊った。

ポエトリーリーディングが僕はとても好きだ。なぜなら、どんな人だってできるから。

心の中にある言葉をだす。それはとても大切なことのような気がする。

とはいえ僕にとっては、いかなるスピーチも大の苦手で、

そのぶん、祝い事の席では自分の足が語ってくれるので良かった。

舞台の上では、たくさんの人がお祝いの言葉をならべるなか、

『3/10は特別な日』!という言葉を聞いて、はっとした!

「まてよ。。」


3/10は僕の母親の誕生日でした!しかも日本時間ではもう過ぎている。

急いで電話したら、『おっそーい、こっちは日本で生まれたんだ!』と言って怒られました。いやあ、びっくりしました。

とにかくハッピーバースデイ。

昨年は、軽い車の事故で松葉杖をついていた母親。

そのときは自分はNYにいて、ほんとうに驚いた。

幸い、おおきな怪我ではなく、いまでは元気に歩いているので、そのときの話は笑い話になっている。

姉から報告をうけたときは「母が仙台の中心で愛を叫んだ」と言う話だった。

通行人に見守られるなか、道に倒れた母は父の手を握ったまま「どこにも行かないで!」と叫んだらしいのです。

しかも小さな街なので、知り合いなんかも出て来ちゃったりしていたらしく、恥ずかしいやらなにやらだけど、父もしっかり手を握っていたらしいです。この二人を見ていると夫婦って不思議だなあとおもいます。

でも、そんな怪我をしてあまりうまく歩けないときに母が言っていました。

そんなに急いで歩く必要なんてない、怪我をしてはじめて人の親切心に気づいたと。

そうかー。

これからはくれぐれも身体に気をつけて、椅子からひっくりかえったり、もうしないでください。

では、もういちど

ハッピーバースデイ。

d0002450_5375131.jpg
[PR]
by kazthehoofer77 | 2008-03-12 00:05

A CHANGE IS GONNA COME

サムクックという昔のソウルシンガーが歌う『A Chnage is Gonna Come』を聴きながら、歌詞をおもい感動した。ローリンヒルがこの曲をカバーしていて知ったんだが、すごい良い曲だ。

昨日のイベントは予想以上のお客さんの数で、告知も一週間まえぐらいだったのに、
当日の予約で満席と立ち見で100人以上の人が来てくれたとおもう。
店の人も驚きとともに、喜んでくれて嬉しかった。

今回は日本のレストランということで、自分もはじめてのことだったんですが、
NYに何かを求めてきたたくさんの日本人の人達のバイブレーションを強く感じれた。

ベーシストの塩田さん、MASAさんはじめホーン隊の広瀬さん、あきさんも素晴らしかったです。そしてブルックリン仲間のTAKAYAさんもありがとう!

一番最後にバスキアのために塩田さんが書いた曲をやった。
『バスキアに尊敬をもって』と話した。
あとでお店の人がここでその話をしてくれてありがとうと言っていた。それにはいろんな意味が含まれている気がした。
バスキアのストーリーは常に良い話ばかりではない。後期は精神を病んで、ドラッグに溺れ、早くに亡くなったアーティストということで、闇の部分も深いからだとおもう。

終わってからも興奮覚めやらず、みんなで盛り上がった1日。
いい仲間と出会えて、とても幸せなNYでの1日だった。

きてくれたみなさんが喜んでくれることが、なにより嬉しい。

THANK YOU VERY MUCH!!
[PR]
by kazthehoofer77 | 2008-03-10 06:00

GOING TO BOSTON w/ D.K.GRANT

土曜日、日曜日とデリックと一緒に、デリックの故郷でもあるボストンに行ってきた。
NYのチャイナタウンから出ている格安バスで4時間の旅。はじめていくボストンにワクワクした。「リアルなボストンをみせてやる」といってデリックはバスの中でゲームに夢中になってた。
ボストンに着くと、ものすごい寒さでまず驚いた。ちょっと今まで経験したことのない寒さだった!建物は茶色いレンガや石造りがおおくて、文化的な街並だった。

デリックがはじめてTAPを踏んだという、彼のおばさんがやっているタップスタジオに行った。この場所でダイアンウオーカーにTAPを習いはじめたのがはじまりだった。
今回は子供達にタップを教えるというので、自分も一緒に手伝った。
子供達が飽きないように、途中リズムのゲームを交えたり、2日目はタップシューズを脱いで、紙に自分がなりたいキャラクターを書きそれを演じるということもした。
最初やる気がないようにみえた子供達もどんどん引きつけられて本気になっていくのは、さすがだなあと感心させられた。
TAPを踊る意外でも、この『演じるゲーム』は恥ずかしさを乗り越えて、自分を出していくことに役立つ。
僕も、スタジオでキッズクラスをはじめるところで、その教え方の勉強にすごくなった。


d0002450_1655373.jpg


夕方、ダイアンとレインと合流して、ボストンでやっていたジョッシュヒルバーマンのショウを観た。その後、ご飯を食べながらTAP談議に熱くなり
それから、デリックの友達の家に行ったり、デリックが育った家でお母さんに会ったり、結局朝まで将来のタップについて語り明かし
プチデリックヒストリーツアーとなった。

自分が育った場所で今こうして、子供達にタップを教えてる彼の姿はとても素晴らしい。すごく刺激になった2日間だった。
僕もできるだけ、教えることにも力を入れていきたいとおもう。もちろん自分も学びながら。


d0002450_16563237.jpg


d0002450_16565388.jpg


d0002450_16545939.jpg



PS>東京にあるKAZ TAP STUDIOで無料の体験レッスンをやっています。
3月1、8、15日の土曜日 13:00~14:30@KAZ TAP STUDIO
時間のある方は気軽にタップ踏みにきてください!
www.kaz-tapstudio.com
[PR]
by kazthehoofer77 | 2008-03-03 17:02