<   2007年 06月 ( 6 )   > この月の画像一覧

福岡いきます。

突然ですが, CANDLE JUNEと明日福岡に行きます。
福岡にいる方はぜひいらしてください。

■日時:2007年6月29日(金)開場/開演 19:00/20:00 終演22:00
■会場:WITH THE STYLE FUKUOKA 2F
■演出:Candle JUNE(空間演出家)
■パフォーマー:熊谷和徳(タップダンサー)
■演奏:SAKURA(ウクレレ) 
■料金:前売り/¥4,500 当日/¥5,500 ※with 1 drink

http://www.withthestyle.com/
[PR]
by kazthehoofer77 | 2007-06-29 02:28

僕たちはつねに一緒だった

先日の夏至の日にCandle nightに出演してきました。きてくださった方々ありがとう!
そして企画者のCandle Juneさんお疲れさまでした。
JUNEさんはキャンドルにつける火を毎年、長野の平和の火まで採りに行って、それを車で運び
代々木公園のキャンドルイベントで火を灯します。
そのあいだはご飯を食べないというジンクスらしく、夜のイベントではすっかり細くなっていき、
今年はイベント終了の朝から青森の六ヶ所村へ行きました。そのエネルギーには驚きます。
昨年から僕は参加しましたが、夏至の日にこうして毎年踊れるのが嬉しいです。
家に帰ってもろうそくに火をつけてみるとなかなか奇麗だ。

イベントが終わって、友人に面白い写真展があると聞き、一枚の写真を見ただけで
「これは行かなくてはいけない」という気分になった。

d0002450_3592075.jpg



なにかに呼ばれるかのように次の日は一人お台場に向かってました。
それはGREGORY COLBERTの『ashes and snow』という写真展。
雨が降っていて一時間も外で待たされたのですが、これは本当に観るべき価値のあるものでした。

写真のひとつひとつが想像をはるかに超えていて、すべてを物語っていました。
(CGや合成がいっさい使われていない。すべてが写真家のフィルターを通して10年間の旅のあいだに撮られたものなんです)

人間と動物の距離。人間が動物を支配しない世界では、奇跡のような共存や調和が自然にある。
自然に「ある」ことの美しさは、自分の感覚では狂気でもある。
像と人が共にある。水の中でクジラと一緒にいる。
そんなことが日常では信じられない。
しかし、考え方を変えれば、すべてを都合のいい形に支配した人間が狂気なのか。

幼い頃から、動物が好きなのですが、同時に動物の目や皮の色などを見ると本能的にドキドキする。どんなにつくられたSFの映画やCGよりも、豹や巨大な鳥や、クジラの泳いでいる姿は圧倒的に神秘的で恐ろしくもあり、想像の世界を超えてしまうんだ。自分がどうしたらいいかがわからなくなるくらい。

小学校の頃はよく学校の帰り道でアオダイショウという蛇やマムシに遭遇した。
こちらからなにかすることがなければ、牙を剥くことはないが、決まって僕らはちょっかいをだしていて最終的には大人に殺されて、今では見ることもない。

ぼくたちはつねに一緒だった。動物も人間も。
偶然にキャンドルナイトのあとだったこともあって、火を灯したり、自然に心を還すことがこの日はできた。

映像作品では、GREGORY COLBERT自らもクジラと素潜りで泳いでいたり、
女性が像の群れの中で、戯れながら踊っている姿があって、
人間と動物のあいだでの『踊り』がとても美しい。

とにかくすべての人に観てほしい。
そんな気にさせてくれたこの作品たちは救いのようだ。
創作者の妥協のない勇気は、なぜか僕の心に安心感をあたえてくれる。

d0002450_415588.jpg


ここに『在る』自分に。


http://www.ashesandsnow.org/

[PR]
by kazthehoofer77 | 2007-06-26 03:50

かずぱぱ

21日の今日、父が60歳の還暦の誕生日を迎える!

僕は今、30歳。ということはちょうど父が今の自分の歳に僕が生まれたわけだ。

父は自家焙煎でコーヒー豆を焼いて出す喫茶店を仙台の実家で30年以上もやっています。

子供の時はコーヒーの香りのなかで、豆を焼いてる焙煎室で遊んだり、アイスクリーム食べてたりした記憶があります。
コーヒーに関するこだわりは強く、コーヒー以外にあんまりメニューがない。
ドトールやスターバックスがでてきてからも、まったく姿勢を変える気配もなく、たまに実家の喫茶店に立ち寄ると変わらず焙煎室のなかでコーヒー豆の選別をしている。
お客さんも変わらない、いつも時間が止まっているみたいな、そんな店だ。
きっと来るお客さんもちょっとした話をしたり(父は口べただが)、そういう交流もふくめ楽しんでいて、本来の喫茶店ってこういうもんなんだとおもう。

そういった父親の職人的なこだわりの部分は良くも悪くも自分の生き方に影響している。
曲げられないところは曲げられないんだ。
まあ、タップダンサーになるなんて誰もが思っていなかっただろうけど。

父親の印象というのは息子にとっては難しい。印象が一つということはない。
子供の頃は、あまり喋らないという印象だった。
魚釣りの記憶から、帰り道をおぶって階段を昇っている足音。
人生のいくつもの部分を見せてくれた人だとおもう。

最近実家に帰ったときにいろんな話をした。
そのひとつをここに書こう。



5年ぐらい前のことだろうか、その頃やっと東京で僕が活動をはじめていて、
やっとのことで『BLUE』というとてもかっこいクラブで自分のライブをやることになったときのこと。
たまたま父が東京で同窓会があるというので、母と姉夫婦もそのクラブに僕のTAPを見に来るということになった。
「若者が集まるクラブにこの人達大丈夫なんだろうか」という一抹の不安はあったけれど、こころよくみんなを招待した。

ライブがはじまる10分くらい前のこと。
自分も着替えが終わり、会場のテンションも僕のテンションも最高潮のそのとき、

クラブのマネージャーが僕のところに来て言った。

『かずパパって言ってる人がホールでみんなに話かけてるんだけど、、あれ、ちがうよねえ。。』

『あ、すいません!』

あまりの驚きに気が動転して、地下のダンスホールに走ると、
真っ暗闇にミラーボールが光るホールの中、重いビートの中を、全くこの場に似つかわしくない泥酔した父親が、踊っているひとりひとりの若者にむかって
『かずぱぱでーす。」といって歩き回っていたのだ。

あまりの恥ずかしさと動揺を隠しきれずに父親を引っ張って外のほうに上がって行くと、そのときちょうど会場に着いていた母親にばったり。母親も青ざめて動揺しはじめていた。

どうにかこうにか、同窓会の席からこの西麻布のクラブに辿りついた僕の父は緊張して飲み過ぎたのか、、着いた瞬間にがくーーんときたらしいのだ。
そしてあえなく母親と姉夫婦によって、息子のTAPを見ずしてホテルへと連れて帰られたのでした。。。それから僕は自分の頬を叩き、気をとりなおしてお客さんの前に出て行ったのは言うまでもありません。

この話をしたら、「そういう逸話はあったほうがいいぞ」と父は言っていたけど、
母は「いっぱいありすぎだ!」と言っていました。



まあとにかく、こんなことを誕生日に書いてしまいましたが、

60年間の人生に、ハードな仕事で家族を支えてくれていたことに感謝しています。

父親というものにいつか自分もなって、同じような苦労をするのか、

いつか人を支えて行く一人前の人間になれるだろうか。。。


d0002450_4473549.jpg
父30歳、僕0歳のとき




これからもずっとこだわりのある、素敵な人生をおくってください。

ありがとう。

son, 和徳
[PR]
by kazthehoofer77 | 2007-06-21 04:53

STREET FEST in NY

5月ストリートフェス、ブルックリンの通りにたくさんの露店が出ている中、Jamieのジャズクラブは道で演奏することに。
僕も参加しました。
いろんな人がいて面白かったなあ。

d0002450_210526.jpg


BII WARE VS. 子供
d0002450_2115168.jpg



d0002450_2134616.jpg


d0002450_2154693.jpg
d0002450_216089.jpg



じっくり見てる子供達。
d0002450_2163527.jpg



d0002450_2203317.jpg
d0002450_2212366.jpg

[PR]
by kazthehoofer77 | 2007-06-20 02:24

日本の風景

久しぶりに仙台にかえりました。
新幹線の中から外をみたら緑がきれいだった

d0002450_21385322.jpg


d0002450_21495757.jpg




夜の街
d0002450_2244140.jpg

d0002450_21534971.jpg



実家の喫茶店です
d0002450_2154304.jpg

d0002450_2295911.jpg

[PR]
by kazthehoofer77 | 2007-06-18 21:58

カレーうどん

d0002450_5255853.jpg

日本に帰ってきて、まず立ち食いそばのカレーうどんのおいしさに感動。

この国はなんて平和な国なんだろう。毎日そう思います。

もちろん、見えないところでは様々な問題や悲惨なことも起こっていますが、、

NYにくらべるとみんなが裕福で幸せに見えます。

こちらに帰ってきて、まず毎週日曜日はワークショップでタップを教えています。

全くタップを踏んだことがない人も大歓迎なのでいらしてください。

それと、6月22日夏至の日にはCANDLE アーティストのJUNEさんの主催するイベントで踊ります。
熱いイベントになることは間違いないので、キャンドルの灯りとTAPを観にきてください。

詳しくは
http://www.candlejune.jp/インタビューも載っています。

ちかじかみなさんにお会いできることを楽しみにしています!

KAZ

【熊谷和徳TAP WORKSHOP】
6月毎週日曜日
(3日・10日・17日・24日)
時間
15:00〜16:00 超初級
17:00〜18:20 初級
18:30〜19:50 中・上級

超初級クラスは、TAPシューズをお持ちでなくてもスニーカーなどで参加できます。
未経験者・初心者の方大歓迎です!!
初級クラスは、BASICのSTEPを中心にじっくりとやっていきます。
中級クラスは、エクササイズ・振り付けをやっていきます。

LESSON料金
1LESSON 3000円
2LESSON 5000円

場所
モダミカアネックス

ご予約・お問い合わせ
hoofersjapan@hotmail.co.jp
こちらにメールで、お名前・ご連絡先・受けたい日にちとクラスを送ってください☆
[PR]
by kazthehoofer77 | 2007-06-11 23:08