<   2007年 03月 ( 4 )   > この月の画像一覧

Me , TAP DANCER

NYにはじめて来た頃からもう10年が経った。
10年前、19歳ときの誕生日に、右も左もわからないままはじめてNYの地に降り立った。

最近、タップを日本から勉強しにきている19歳の男子がいて、その彼と話をしていたら、自分のその頃のこととかをなんとなく思い出した。何もかもが未知数で不安定で、でも希望に満ちていた頃。世間のこともよくわからずに自分の直感だけを信じた。

僕は小さい頃から医者になりたかった。そんなに勉強ができなかったので、その夢は叶わなかったが、NYに行ってからも大学では心理学を専攻した。身体のことよりも人の心の中のことに興味があった。僕が高校生のとき、阪神の大震災があったり、オームのサリン事件があったり、学生の自殺や他殺が絶えなかったりしていて、心の問題のほうに世の中の感心が向いていた頃だったと思う。しかしながら(タップなんていうものはともかくとして)、そういう仕事(カウンセリングのような)が世の中にはまだまだ少なくて、将来の事にはすごく悩んだ。自分のやりたいことのモデルになるような人はいなかったからだ。

日本を出るのは大変だった。高校ではタップなんかやめろと言われていたし、アメリカに行く事自体、無謀だよと言われていた。そういうことを考えるとこの10年で海外に対する考え方は、大きく変わったきがする。インターネットとかほとんどなかったし、友達や家族とは主に手紙のやりとりだったからなあ。。今は精神的にも海外との距離はだいぶ近くなったきがする。

大学で学んだ事は、今の自分にもとても影響している。大学の先生は黒人の女性で、とてもきさくにいろんな話をしてくれた。旦那さんはジャズのミュージシャンだったので音楽がとても好きで、タップのことにも理解が深かった。その先生は、心理学においてこれから子供達が心を開いて自分自身を表現していくのに、音楽やダンスはとても大事なんだと話してくれて、僕にタップを使ってそいうことに貢献していくべきだと言ってくれた。その言葉に僕自身、勇気をもらってやる気を奮い立たせたのを覚えている。

ひとつの事を押し進めるのに、もうひとつの事をあきらめる必要は全くない。
可能性は無限だからだ。制限は誰かによって、自分の考えに与えられてしまうことがあるけれど、それを作るのもとっぱらうのも自分次第だと思う。

結局、今僕自身がやっていることっていうのは、ずっと前から繋がっていることなんだとおもう。
僕はタップダンサーとして夢を追いかけている。
パフォーマンスを通して僕は人の心の奥に伝えていきたい。もっと大きな可能性や、ポジティブな心を。そしてそのために自分自身の努力をまだまだ続けないといけない。
まだはじまったばかりだから。

もう一度言いたい。

可能性は無限だ。ひとつにしぼる必要はない。
一番おおきな夢にむかっていきたい。

そのために僕たちはここにいるんだと信じてる。

BEING a TAP DANCER...夢はつづく

PS>メンズノンノGのファッションページ, それからDDDの連載、出てるはずです。よかったら見てください!
[PR]
by kazthehoofer77 | 2007-03-29 18:07

こころ替え

NYは春時間になってからめっきりあったかくて気持ちがよくなりました。
服の衣替えと一緒に心の衣替えもしよう!
最近は公園を走ったりして、ハーレムのDomesiaのレッスンを受けにいったりしてます。
彼女は本当に素晴らしいダンサーです。

先日は母の誕生日でした。
特になにもしてないんですが、NYから時差もあって電話してみると、おめでとうを言う前に

『遅い!ぎりぎりだ!』

と言われてびっくりしました。

まあ、とにかくハッピーバースデー。
今年も元気で素晴らしい一年を!

d0002450_15203129.jpg
[PR]
by kazthehoofer77 | 2007-03-13 15:23

PUMA X MIHARA YASUHIRO

d0002450_15535099.jpgPUMAとミハラさんがコラボレートして創っているスニーカーの展示とパーティーがNYのギャラリーであり、パフォーマンスをしてきました。ガラスケースに飾られたスニーカー達は立派にアートしていて、素敵でした。
昼間はブルックリンのアパートへの引っ越しでてんやわんやだったけど、住居も落ち着き、そのあとこのパーティーで踊ったときにとても新鮮な気持ちになれて嬉しかった。ミハラさんにはいつも感謝ですね。おめでとう!
[PR]
by kazthehoofer77 | 2007-03-09 15:55

極寒のNY

昨日、NYに着きました。着いていろいろと雑用で街を歩いていると吹雪が。。。
すっかり春使用に変わっていた僕の心も身体もまたこちらで洗礼を受けました。
まだまだNYは真冬並みの寒さです。
今日は久しぶりに会った大学時代の友達に会ってご飯を食べて、
それからNYに来ているタップダンサーのTAKAと合流してROY HARGROVEのビッグバンドの演奏をJAZZ Garallyに聞きにいった。音の渦に揉まれて、「ああ、、NYに戻ってきた」と実感。

またこちらでの様子を随時書いていきますので、日本でのみなさんの様子も教えてください!
では頑張ってきます!
KAZU KUMAGAI
[PR]
by kazthehoofer77 | 2007-03-07 16:01