<   2006年 10月 ( 9 )   > この月の画像一覧

涙くん

仙台芸術祭、日本女子体育大文化祭、からAIとのテレビ出演、ここ最近忙しくしてました。
仙台ではGAGLEを筆頭に、世界一に輝いたDJ KENTAROは本当にすごかったね。
仙台でも芸術祭でHIP HOPをやるようになったかあ、と感慨深いイベントで、朝から晩までイベントの細かいところまで仕切っていたGAGLEのMC, HUNGERの涙はイベントの成功を物語っていたね。しかし仙台出身アーティストは多いですね。しかも変わった人達が。KENTAROとは同じ高校だったらしく、4つぐらい下なんだけど同じ校舎にいたとおもうと可笑しい。またやりたいね。
本当にスタッフもアーティストも一体となって成功した素晴らしいイベントでした!


次の日の朝から、東京に戻り日本女子体育大へ。
あのコンドルズの近藤良平氏と二人でダンスの審査委員です。
僕と近藤氏を審査員に選ぶ自体、なんとなくおかしい、とおもったら本当に可笑しいダンスコンテストでした。最もシュールなダンスチームが優勝しました。
近藤さんとは噂は常によく聞くもののお会いしたことがなく、会ったときにはお互い初めてというよりは『やっと会えたねえ』という感じでした。NHKでやってるコンドルズの番組が最高なんです。まったくの即興での二人でセッションはどうなることかと思いましたが、やっぱり近藤さん、「そうきたか〜」というかんじでした。あの場にいた人はラッキーでした。
この日もいろいろ準備段階からお手伝いしてくれた生徒さんが、終わった瞬間ホッとしたのか泣いてしまって、本当にお疲れさまでした、という感じでした。

なによりもHUNGERといい、学生達といい、イベントを成功させようとする純粋な熱意は本当に素晴らしく、そのような場に自分がいられたことも嬉しく思いました。みなさん本当にありがとう!
そして今日はテレビ番組取材あり、AIとの番組出演あり、でした。また詳しく書こうとおもいます!
ピース。
[PR]
by kazthehoofer77 | 2006-10-31 00:28

いい天気

d0002450_11222773.jpg今日の東京はいい天気ですね。
いまから仙台市の芸術祭のために仙台に行ってきます!
今年はGAGLE、DJ KENTAROなどが出演するHIP HOPな芸術祭です。

John Lennon 『ANTHOLOGY』 , MILES DAVIS, 『MY FUNNY VALENTINE』聞いてます。
良い一日を。
[PR]
by kazthehoofer77 | 2006-10-26 11:23

踊ることの純粋さ


『ステップ!ステップ!ステップ!』という映画を見た。
NYの小学校で行われている、社交ダンスを通しての教育をしようというドキュメント。
様々な人種、年齢の子供達が、恥ずかしがりながらもダンスの魅力に魅せられて、
ダンスに熱中するうえで様々な困難も乗り越えて成長していくというもの。
とても印象にのこったのは、教えている先生も踊っている子供達を見て涙している姿。

ヒスパニックの生徒達をもつ一人の先生は『テレビアニメみたいに子供の心の中に入れて、直接に理解したり、し合う事ができたらどんなにいいだろうか。」 
「完璧で素晴らしい子供達の人生を、今後の生き方で棒にふらないようにどうしたらいいのかがわからない」と泣きながら言っていた。その先生はとても無邪気で感情豊かで心を打った。

アメリカの社会において子供の成長はとてもシビアだだから、そのなかでダンスを踊ったりすることで心の中のことを表現する事は、とても大切だということをもっと知るべきとおもう。最近は僕のワークショップにも少年達が来てくれてとても楽しそうに踊るし、その姿を見るのはとても嬉しい。大事にしていかなければと思う。

ダンスの意味。大切さは彼らが僕に教えてくれる。

d0002450_127674.jpg
cafeにて。
d0002450_1314086.jpg
中目黒にショップをもつgoroutaと今日花火をしたら警察が来てしまいました。冬の花火です。ちなみにマフラーはgorouta作です。
[PR]
by kazthehoofer77 | 2006-10-25 01:15

TRUE for Your Life

『汝 自身に真実であれ。そうすれば、昼の次に夜がくるように、決して他人をだますこともなくなる。』
最近、読んだ本に書いてあったシェイクスピアの言葉からの引用。

昨日はまたたくさんの人達がタップのワークショップに来てくれた。ありがとう!
タップを通して人とつながりが持てる事は素晴らしい事。
最後は好きなようにみんなにタップを踏んでもらう。「好きなように」というと途端にみんなが躊躇する。それまで僕の言う通りには素直に従ったとしても。
「好きなように」することはじつはとても難しい生き方だが、また素晴らしいこと。決して悪い事ではない。
自分自身に素直に、自由になることが
タップを通して得る最高の喜び。
自信を持って、最初の一歩をおそれずに。
[PR]
by kazthehoofer77 | 2006-10-23 18:50

TAP DANCERのルール

d0002450_251121.jpg最近は他のタップダンサーがやっているショウを見に行くのがおもしろい。昨日はSujiさんのタップのライブを見に行った。夜は公園にいくとタップダンサーが練習しているのを見る、靴を履かずにはいられないTAPバトルがはじまる。
TAP DANCERはこうして切磋琢磨するサムライである。
日本でもここ数年でたくさんのイベントが開催されている。
他の人がやっていることから学ぶ事はたくさんあるから、なるべく見ておきたいと思っているが、、
最後には結局自分もガッツリ踊っているというパターンになる。じっと座ってみていることは許されず、最後に呼ばれたり、呼ばれなくてもウズウズして踊らずにはいられない。
ああ、タップダンサーの性である。

もっともっと貪欲に、タップダンサーに終わりはない。

写真は往年のダンサーHAROLD CROMERとNY TAP FES終演後の風景。いまだ踊り続ける素晴らしいダンサー。リスペクト。
[PR]
by kazthehoofer77 | 2006-10-22 02:42

最近のこと

d0002450_20324116.jpgここ最近はゆっくりした時間を映画見たり、本読んだりしている。11月からはNYに行くのでその準備もしなければいけないんだけどね。12月にはいくつか日本でのライブのゲスト出演があるので戻ってくる予定です。また決まり次第、予定も書きます。

最近見た映画で衝撃を受けたのは『ホテル ルワンダ』
アフリカのルワンダで起きた民族間の内戦の話、あまりのショックにしばらく眠れないくらいだった。そんなに昔に起きた事でもなく、わりと最近の出来事だということにまた驚く。世界には自分も知らずに、もしくは知っていても忙殺している出来事がいくつもあることを思い知った。映画の中で欧米諸国がこの殺戮を見過ごし、助けを差し伸べなかったことが争点になっているが、そのことを知りもしなかった自分もまた恥ずかしいとおもった。

日常では自分自身の生活でいっぱいいっぱいになってしまうけれど、もっと世の中のことを『知る』こと、そしてその事に対して意識を向けることが大切。
最近では日本での「いじめ」による自殺のニュースをよく見る。これは今にはじまったことではないし、常に日本の問題としてあったことだと思う。生徒だけではなくて学校の先生までが自殺してしまうのはどういうことなんだろう。

『たったいま世界中の戦争を終わらせることもできる。飢餓をなくすことだってできる。だけど人はそうしない。』と最近読んだ本に書いてあった。人々の意識が世の中を今、変えることができる。それはそう思った今の自分から始めるしかない。
世の中を、隣の人を、自分を大切にするために意識をしっかり持ちたいとおもう。
[PR]
by kazthehoofer77 | 2006-10-19 20:25

HOOFERS CLUB ~ nagoya TALK LIVE

昨日は渋谷PLUGで『HOOFERS CLUB』。
今回からTAKAが中心となってこれからのタップダンサー達が主に踊るということで、たくさんのタップダンサーとお客さん達が集まってくれた。ゆっくりと初めてお客さんとしてみんなのダンスを見ることが出来てよかった。もちろん後半自分もがっつり踊ったが。。
そして今日は名古屋でヒューマンビートボクサーのAFRAとのトークライブというやつをやってきた。本当に喋るのは苦手なんだけど、久しぶりにAFRAとも会えて楽しい時間を過ごせた。

みなさんからのたくさんのメッセージはとても嬉しいですね。
たくさんの人達といままで出会ってきたんだなあ、と思います。
これからもこの場をコミュニケーションの場としていろいろなメッセージをお願いします。
[PR]
by kazthehoofer77 | 2006-10-13 01:10

RESOLUTION OF MY TAP

昨日は公演に来ていただいた方々本当にありがとうございました。
自分もみなさんから大きなエネルギーをもらいました!これでまた次の目標にむけておもいっきり発進できそうです。

舞台上のMCでも言いましたが、20代前半から今まではがむしゃらに突き進んできて不安だけがいつも目の前にあった。常にその日その日を生きていたためにまるで長い展望で先が見えなかった。うまくいかないことに対して常になにかを責めたり、自分を責めたりしていたけれど、そのどれもが正しくないことだとはっきり見えた。

どんなことがあったとしても僕らが生きている今の時間は素晴らしいものだということに気づいた。
そんなあたりまえのことが今まで見えなかった。
これからの新しい『時』は自らが刻む。良いことも悪いことも自分がクリエイトしていくものだ。
これからどんな挑戦をしていくのかは『未知』であるけれど、今というときを楽しみながらこれからも自分自身の表現を模索していきたい。

とにかく今回の公演に来てくれたVIBES奏者のBILL WARE。
僕に音楽の素晴らしさ、衝動的な表現の素晴らしさを魅せてくれたこと、この10年の友情に感謝したい。そして昨日立ち上がってくれたみんな、いつも応援してくれるみなさんにありがとう!

これからもお互いにがんばりましょう。あらたな挑戦の日々にむけて。
[PR]
by kazthehoofer77 | 2006-10-10 14:18

雨ときどき晴れ

d0002450_15561523.jpg昨日の雨はほんとにすごかった。雨の日に濡れながら外を歩いていると本当に嫌になりますが、夕方帰ってボーッと昨日は雨を見ながら飯を食べたりしていて悪い気はしなかったです。
昨日の午後につくはずだったNYからのミュージシャン達が北海道に一時停まってから来るというハプニングがありましたが、みんな無事に夜に東京に着きました。
今日はうってかわっていい天気です。

昨日は早朝に別所哲也さんのラジオ番組に出ましたが。今晩8時から東京FMのスタイルカフェという番組に出ます。蝶々さんというライターの方といろいろお話してきました。よかったらボーっと聞いてみてください。

http://www.jti.co.jp/sstyle/my/index.html
[PR]
by kazthehoofer77 | 2006-10-07 15:49