<   2006年 06月 ( 7 )   > この月の画像一覧

LAST DAY

『TAPPERS RIOT』が残すところあと一日となりました。

毎日新たな刺客を向かい入れ、日に日にストーリーができあがってきた。
一日一日と同じ瞬間はなく、新たな課題に向かう。
自分たちだけでなく、その日のお客さんのテンションも含め作品が出来上がっていくかんじ。
普通のステージとは違う円形ならではの面白さ、大変さ。

今日のラティールはすごかった。本物の感覚。本能。野生。ゾクゾクした。

僕にとって今回はかけがえのない大切な舞台となった。

明日は押尾コータローとの最終日。
いったいどんな終わりをむかえるのか、まったくわからない。
[PR]
by kazthehoofer77 | 2006-06-30 03:13

HINO TERUMASA

26日、『TAPPERS RIOT』の幕が開きました。
CANDLE JUNEの友人マークが本物の巨大なクリスタルと流木が楽屋に運ばれ、メンバー全員不思議なパワーに包まれる。楽屋に置いとくのはもったいないぐらい。
恒例の儀式からはじまり、ついにRIOTがスタートした。

今日のゲストはトランぺッター日野皓正。
トランペット一本、足2本(タップを踏んだ!)独特なオーラを放つ。
JAZZの歴史を背負った日野さんも子供の頃はタップダンサーとしてスタートした。
JAZZとTAPの文化がひとつになる瞬間だった。
いつも愛情と前に進む勇気を与えてくれる彼に最大限のリスペクトをもって、明日からも踊りたい。
おっと、明日の猛獣はあのアコーディオニスト、COBAです。
[PR]
by kazthehoofer77 | 2006-06-27 03:04

行進がはじまる

ついに仲間達とのリハーサルも終わり、明日からいよいよRIOTがはじまる。

今回の公演は挑戦です。4年前にはじめて日本で公演を行った場所に再び戻ります。

さあ、行進がはじまります。

みなさんもご一緒に。
[PR]
by kazthehoofer77 | 2006-06-26 01:57

CANDLE NIGHT

今日は昼間から、とあるテレビ番組の収録。靴をわすれました。。。
タクシーで戻り、無事撮影終了。
この番組は7月に放送予定です。熱い番組になりそうです。
そして円形リハーサルルームへ。本番用のTAP板も入りスタッフと共に力が入ってくる。

そして夜は100万人のキャンドルナイト。
CANDLE JUNE主催のイベントでドラマーの沼沢さんと40分一本勝負セッション。


この時間にやっと家につきホッと一息。

これからは来週からの円形劇場に向け突っ走るだけ。
[PR]
by kazthehoofer77 | 2006-06-22 02:35

TAPPERS RIOT

毎日、スタジオに入る。頭の中にごちゃまぜになっているアイディアが
すこしづつ、リズムになり音になり、形になってきています。
昨日はリズムの王者ラティールとのリハーサル。
リズムを奏でることは彼にとって自然と一体化するということなのか。
そして今日はたくさんのタップダンサー達とともに音を創りました。

『Rhythm Is IT!』

というドキュメンタリー映画を観た。『リズムこそがすべて!』といったような意味のこの映画は
ベルリンフィルがたくさんの孤児や問題を抱えた子供達を集めてダンスのコンサートをやるというもの。
踊ることをとおして子供達はたくさんの葛藤に直面して、表現することで問題にぶつかっていく。そしてそれに真っ正面からぶつかっていく大人達(ダンスの先生)もまたその姿から自分自身の問題にもぶつかっていく。

結局ダンスというものはそういう表現なのかもしれない。
『心を開く』という難しい課題を抱えて。

僕らもまたリズムにぶつかっていく。共にマーチを刻もう。
[PR]
by kazthehoofer77 | 2006-06-12 01:26

小さな輪から

今日は円形劇場の打ち合わせのため、カフェにてCANDLE JUNEとジャイアンことスタイリストの長瀬さんと会う。カフェに到着するやいなや異様な空気に圧倒される、この二人は。。。
ジャイアンさんとはSONY CYBER SHOTのCMからミハラヤスヒロのミラノコレクションで同じ時間を過ごした仲間。ファッションという域を超えようとする愛すべきアーティスト。

それから池袋へ移動し、『TAPPERS RIOT』にゲスト出演するラティールに会う。
これまた強力な個性。彼が太鼓を叩き、歌う姿は自然界の王者を想像させる。

『小さな輪からおおきな輪へ』

今回の円形のサークルのテーマ。
5DAYS CIRCLE OF LOVE+ LIFE。

そして渋谷PLUGにて8日の『HOOFERS CLUB』打ち合わせ。
円形劇場が待ちきれない方はここに来るべし。現在のTAP シーンを体感させます。

KUMAGAI KAZUNORI  PRESENTS
『HOOFERS CLUB』!!
6/8 木曜日
@PLUG in SHIBYA
渋谷区神南1-23-13 B2

オープン19:00
スタート
1st20:00〜
2nd21:30〜

チャージ 3000 1DRINK


予約・問い合わせ 
PLUG
http://www.shibuya-plug.tv/top.html
03-3409-6785
[PR]
by kazthehoofer77 | 2006-06-07 01:44

ひとつの終わりから 次へのはじまりへ

一ヶ月半もの時間を費やした舞台、『クラリモンド』が地方公演を終えおわりました。
毎日、毎日をチャレンジし、戦った仲間はいつの日か家族のようになり、
終わった今もみんなの歌声や、踊りが見えるようです。
またそれぞれの道へと一人一人が動き始めました。

すべてがデジタルで手に入るこの時代に舞台での生の表現、
人と人との触れ合いは本当に貴重な時間であることに気づかされます。
演じるものはその瞬間に汗を流し、文字通り血をながし、痛みや喜びもその空気のなかで観るものと一緒の感情を共感することができる。

なにかが欠けたこの時代。
旅の途中ではテレビで子供達が殺されるなど悲しいニュースを聞いた。
電車の中吊りにはそのことを興味だけで書くゴシップ。
そのことが悲しく腹立たしい。

生身の人間の感情や、痛みをデジタルでは感じられない。
自分自身でさえ、感じることが難しいのかもしれない。
だからこそ生身の体でぶつかっていきたいと思うのかもしれない。

今回の舞台で出会ったみなさんへ最大限の尊敬と感謝を。
多くのことを学ばせていただきました。ありがとう。
[PR]
by kazthehoofer77 | 2006-06-05 02:08