<   2006年 05月 ( 6 )   > この月の画像一覧

『クラリモンド』の旅

日々の欲望との葛藤は人間を狂わせる。
『クラリモンド』は現代の社会の中で生きる自分たちの姿を映し出しているなあと
日々、演じている中で少しづつ見えてくることが自分の中であります。
ストーリーの時代背景のなかではロミュオーはクリスチャンである自分と、ありのままの自分の本能(悪魔)との対立でもがく。現代であれば「クリスチャンでなければ」という台詞はきっと他のそれぞれの職業に置き換えられるかもしれない。(「政治家でなければー」というような)

そして本能むきだしの悪魔の一人が僕です。
この悪魔3人をダンサーが今回演じるというのは、まさにうってつけのことかもしれない。
僕らダンサーはこの社会の中では常に欲望をさらけだす悪魔みたいなものだから。
獰猛な欲望そのままに僕はタップの音の中に棲むことができる。
なんの抑制もない世界。
今回のひとつのシーン、十字架の光の中で踊る場面では、自分自身の葛藤ありのままに、
欲望と制約と、自由と不自由とか、言葉にできないような見えないことを、表現するというよりはさらけだそうとしている。
今回の振り付けの大島早紀子さんが言ってくれた。
『ダンスで表現しようとしていることは結局は見えないものなんだ』と。
本当はなにも見せていないし、見えてないものをお客さん達は感じとる。
そんなことを作品にしようとした大島さんの世界観はこの『クラリモンド』で濃厚に出ている。

今回のダンサーの一人、舘形さんとはこんな話をした。
『人間の弱さっていうのは、隠すものじゃない。それが魅力だし武器なんだ』
舘さんは素晴らしいダンサーである前に魅力ある人だ。

そう、今回演じていることは実は演じているのではない。
葛藤からは逃げるのではなく、その不安をありのままに認めて生きていくこと。
舞台上にいる自分もリアルな感情を求めている。
開次くんはついに怪我をして、顔に血を流したままカーテンコールをうけた。
その姿は僕になにかを与えた。
それも舞台上に生きている人間のリアリティ。

『おまえは足に脳みそがついてんだなー。」
と演出家の栗田さんに言われましたが。
こんなに人間くさい人はなかなかいません。

まだまだこの旅はつづきます。
[PR]
by kazthehoofer77 | 2006-05-27 02:54

東京公演終了

東京公演が無事終了しました。

怒濤の時間が過ぎて、気づけば13回の公演を休みなくやったことに驚きました。毎回毎回がチャレンジだったので、あっというまに時が過ぎた感じがあります。カーテンコールで演出家の栗田さん、大島さんが舞台に上がった瞬間は嬉しかったです。

今回の出会いに感謝しつつ。
あさってからの地方公演もさらなるチャレンジで頑張ります。
見に来てくれた方、ありがとう!
そしてこれから見に来られる方、楽しみにしていてください。
[PR]
by kazthehoofer77 | 2006-05-22 01:27

クラリモンド

ようやく僕らも折り返し地点に来たかんじですが、舞台というのは不思議で
同じ題材のものをやっていても日々変化して、その意味も自分の中で様々に消化されていることに気づきます。そして肉体的にも。
ダンスが様々なシーンで人間の感情や言葉にないストーリーを展開しており、
とくに舘さん、開次くんの体にはストーリーのような生傷がリアルさを物語っているようです。。
僕自身も毎回、自分のすべてを出し切るように叩きつけていきます。
まだ観ていない方も、観た方も是非また僕らのいる劇場へ同じ空気を吸いに来てくださいまし。
[PR]
by kazthehoofer77 | 2006-05-18 01:45

緑に雨

クラリモンドの稽古がついに終わり、明日から舞台リハーサルです。
本当にこの舞台の世界は長い稽古、長い本番、長い時間を費やし努力の日々です。
今回の共演者、演出家、振り付け師との時間は本当に勉強になりました。
僕の意外な一面を観に、、きますか?
それにしても強烈に個性の強い面々です。

そして同時に今、最もHOTなアーティストのプロジェクトにも参加しています。
また報告します!

緑がとてもきれいな季節になりました。散歩がしたいです。
[PR]
by kazthehoofer77 | 2006-05-10 02:24

日々の出会い

人との出会いは最も尊いものだ。

現在今月行われる『クラリモンド』というミュージカルの稽古で異ジャンルのダンサー、役者のなかで日々奮闘しております。
森山開次くんや舘形ヒロさんとは実は8年前に舞台で一緒になり、それ以来の再会。
別なジャンルのダンサーとはいえ、ダンスに向き合う彼らの姿勢には本当に尊敬します。
今回の舞台のようにたくさんの人達が関わる大きなプロジェクトでは、異なるジャンル、異なる価値観が混在しひとつになろうとギシギシと音をたてる。それはまさに僕たちが住む社会だ。

人と出会い、人を知り、自分を知る。
理解を得るために努力しベストを尽くす。毎日をがんばりましょう。
[PR]
by kazthehoofer77 | 2006-05-04 02:00

THE MESSENGER

今日は尊敬するジャズトランぺッター日野テルマサさんとの対談があった。
詳しくは今月末に発売される『DDD』に。
印象に残った言葉は『俺たちはFreedom Fighterなんだから』ということ。
表現者としての葛藤、世の中との戦い。

愛を伝える。

自由のために。自分自身と向き合い。
戦い続ける。

尊敬すべき自由の闘士と。
心を無にして 聞こえる音を奏でる。
自由への旅の始まりは『TAPPERS RIOT』
たくさんの仲間たちとともに。

TAPPERS RIOT http://www.kyodotokyo.com/detail.cfm?pk=532
[PR]
by kazthehoofer77 | 2006-05-02 01:32