<   2006年 04月 ( 3 )   > この月の画像一覧

HOOFERS CLUB

しばらく眠っていたtap dancer達のためのイベント『HOOFERS CLUB』が渋谷PLUGで復活しました。
イベントとして新しく成長できたことを嬉しく思っています。
今回お客さんで来てくれた森山開次くんも半ば強制的にノリで踊ってくれたことでこのイベントが素晴らしいものになりました。ありがとう!
そして、終わったと同時に駆け付けてくれたスティーブ衛藤の登場は嬉しいサプライズでした。こういうアーティスト達そして協力してくれたスタッフ達のサポートによって自分自身も、このイベントも成長できるとおもいます、ありがとう。

バンドのみんな、そしてもちろんTAP DANCER達へ。
RESPECT!
そしてもっと先へ。
[PR]
by kazthehoofer77 | 2006-04-19 01:45

IT`S BLACK ENTERTAINMENT

誕生日のお祝にもらったDVDです。
白人版ザッツエンターテイメントは有名ですが、こちらは真っ黒なザッツブラックエンターテイメント。
これがかなりレアな映像満載で、イカシテいる。
白人版ではジーンケリー、フレッドアステア、ライザミネリという面子でしたが、
ブラック版はボージャングル、ニコラスブラザーズ、サミーデイビスJR、グレゴリーハインズからマイケルジャクソン、さらにはDR. DRE, スヌープドッグ、ノートリアスBIG.まで。

HIP HOPのアーティストはJAZZのアーティスト達や人種の壁を乗り越えてきた先人達をリスペクトしてさらに先へ進むことを考えている。
RESPECTすることの関係性が黒人のアートには常に根付いている。

こういうのを見ると日本にはこういった文化の流れのなさを痛感する。すべてが途切れた断片のように。

以前ダンスの評論家と対談したときに日本の戦前のタップダンサーの映像をいくつか見せてもらった。中川三郎とかそういった人達。日本にはじめてタップをもってきた世代。

その評論家の方が言っていたのは、「日本では過去のことをまるでなかったことのように扱うことが悲しい」ということ。
きっと常に新しく出ていく人達が自分自身こそがパイオニアであり、過去は関係ないと言い張る。そして次に新しくでていこうとする人の邪魔をするという考えがいまだある。(それは日本の社会全体、歴史に関する考え方にもある)

日本人はタップをつくったわけではない。そのことを理解して元来のルーツを大切にしながら自分達の歴史も大切にしていかなければいけないとおもう。そのためには古きも新しきもお互いを認めていかなければと思う。

『BLACK IS BEAUTIFUL』という曲でSHINGO2というHIP HOPアーティストが言っていた。
自分たちは黒人達がつくった音楽を尊敬してやっているが、僕達の髪の色、目の色もまた美しく、自分達の人種にも誇りをもっていたい。

僕もそう思う。

respect. 和
[PR]
by kazthehoofer77 | 2006-04-07 11:37

世の中は出会いと別れに満ちている

皆さん本当にたくさんのメッセージありがとう。
桜も散りはじめてきましたね。


ぜんぜん関係ないんですが最近、
むしょうに立食いそばが食いたくなるときがあるのです。
時間がないときだけではなく、むしょうに。

昨日、そばを食べているガラス張りの目の前で、男性と女性が向かい合っていて、しばらくすると女性の目からは涙が。。
その光景を横目にそばを食べていると少し気まずい気持ちになった。
だけど、やっぱりうまい。

立食いそばやには普通のそばやにはない魅力があるのです。
そこでは何が起こるかわかりません。
以前こんなことがありました。

チケットを買ってカウンターで食べはじめると、
隣におばあさんがやってきました。ずいぶん疲れ果てた御様子。

おばあさんがカウンターでチケットを渡したところ。
しばらく沈黙があり、驚いたおじちゃんはこう言いました。

『あんたワカメだけ食うのかい?』

おばあさんはトッピングのワカメ20円だけを頼んだのです。
そしてワカメだけが入った器をもらい、無言でむしゃむしゃ食いはじめました。

隣でそばを食べていた自分はなんか、、、ずいぶん居心地が悪くなり。
いたたまれない気持ちになりました。なんか知らないけど罪悪感までも。

結局、僕は食べるのをやめて、おじちゃんにこう言いました。
『これでおばあさんにソバを』
と言って300円ほどカウンターにおきました。

『これおにいちゃんから』と言っておじちゃんはおばあさんの器にそばをいれ、また黙ったままおばあさんはそばを食いはじめました。

そのままその店をあとにした僕はなんとも複雑な気持ちに。

『この世の中は出会いと別れにみちている。。』

人生で出会う人達は意外と少ない。だから出会いを大切に。

そんなふうにおもう今日この頃です。
[PR]
by kazthehoofer77 | 2006-04-05 13:27