<   2005年 12月 ( 8 )   > この月の画像一覧

新たな年へ

なんと日本に帰ってきてはじめての引っ越しをしています。
(師走で大忙し、しかも親知らずが痛いです)
3年の重い腰をやっと持ち上げたかんじで、大変、大変。。。
だけど、家の隅々にある物とかを整理していくことは、何となく自分の中に溜まった毒を抜いていくような感じがして気分が良いです。(しかし溜まってたなぁ。。)
そんなさなかDVDで『ミリオンダラーベイビー』を観てずっっしりときました。
いや、気持ちが厳かに。

新しい年にむけて新しい気持ちで。
来年はもっとチャレンジの年になります!
あとひとふんばり今年の整理整頓がんばります!
[PR]
by kazthehoofer77 | 2005-12-30 22:13

MERRY X`MAS!!!! そしてKEEP MOVING!

昨日は最後のHOOFERS CLUBに来てくれた方々ありがとうございました!
4月から少人数ではじめてタップダンサーを中心に人が集まりはじめ、昨日は入りきらないほどの人が来てくれて、なによりタップダンサー達がこのイベントで成長しているのが観れて嬉しかった。このCLUBはまた新しい形で自分達にとってさらなる刺激となるようなものにしていくために僕も頑張ろうとおもいます。
これからNYに旅たつ仲間をはじめ自分のまわりにはここ最近、人生の新しい道へとむかっている人が多い。僕自身も来年にむけて気分を新たに変わりはじめていると思う。
それは変化ではなくもっと地に足をつけていこうということかもしれない。

今月16日、17日にクエストホールで行った公演でははじめてのアジアの音楽とのセッションをした。素晴らしい体験だった。なによりも共演者の人達から受けるエネルギーがとてもよかった。誰を感動させようとか、なにかを魅せてやろうとか、そういう意図ではなくて純粋に音楽を楽しんでいた。そしてその生き方こそが音楽だった。
純粋に『信じること』が自分を突き動かすエネルギーとなる。もし信じることができなくなればエネルギーは失われていく。
『自分が生きているあいだに戦争を終わらせたい』とCANDLE JUNEが僕らの出番前に楽屋で言った。その言葉は不思議なエネルギーを僕らに与えてくれた。

人生は謙虚に学び、やり続けることだとおもう。
このあいだは実家がある仙台でのコンサートで客席にいた僕のおじいちゃんを舞台にあげ、その場で即興で『与作』を演奏し、セッションした。今年のなかで思い出深いセッションだ。そのおじいちゃんは89歳で市民による『第九』の演奏会の舞台に立つ。一昨年脳硬塞になったが、それを克服してもう一度舞台にたつということで地元の新聞にものった。もう19回目だということ。やり続けることの意味をおじいちゃんはおしえてくれる。

終わりはない。やり続け、突き抜けていく。
僕のタップに壁はない。
どんな場所でもどんな人達ともただ突き抜けていくだけ。

みなさんにとって来年も良い年になりますように!メリークリスマス!
[PR]
by kazthehoofer77 | 2005-12-24 15:48

終わりたくない時間

今日は原宿クエストホールでの一日目の公演でした。
モンゴルのオルティンドー、ホーメイ、バリのガムラン、ジャズピアノとキャンドルの炎そしてお客さん達が融合して一つになる瞬間。ずっと終わってほしくない。
今回の公演でほんとに思うことたくさんあり、次に自分が向っていきたい道もすこし見えました。また今度ゆっくり書くね。
明日お暇なら原宿クエストホールへ。6時から。

sony music artists http://www.sma.co.jp/artist/kazu/index.html
[PR]
by kazthehoofer77 | 2005-12-17 02:56

明日からクエストホール

明日から原宿のクエストホールで2デイズ公演あります。
今日もリハーサルだったけど、今回のメンバーは日本人に見えません。。
しかし、ひとくちに日本人といえでも様々でいろんな表現を持った人達がいて、世界のあらゆるところに目を向けているんだなあと感心します。
僕自身も『なんでタップだったのか?』と驚かれること多いのですが、今回は僕自身もびっくりです。みんなこの世の中で自分独自の表現方法を探していて、自分にとって何がピンとくるのかは誰にもわからないわけで、ひょんなことでそれが見つかったりする。そのヒントが世界の中にボーダレスに溢れていることは間違いない。

とにかく今回はアジアの音楽にのせて今までとは違うタップの世界観を表現しているので是非観に来てください。
[PR]
by kazthehoofer77 | 2005-12-16 04:27

ラーメンの味

飛行機はじつはあんまり好きではないけれど、空から眺める景色だけは格別。
地面から昇っていくときの街の街灯が綺麗で、そのあとに雲の上からみた夕陽は感動的。
昨日は福岡で地元タップダンサーたちと交流。このあいだは新潟、仙台に行って来たけれど日本のいたるところでタップを頑張っている人達がいて、その人達にタップを通して会えることは素晴らしいことだ。
福岡といえば中野ブラザーズという日本の往年のタップダンサー(元祖下駄タップ)が現在も教えたりパフォーマンスしているということで驚いた。日本のタップの歴史においては大切な人達だし、是非一度生で観てみたいものだ。
パフォーマンスが終わってTAP仲間SUJIさんと共に長浜の屋台へ。
これまた往年のラーメン職人らしき方に出会い、ラーメン一筋40年の話しを聞き、
そしてラーメンを食いました。これが信じられないほどうまいんだ。しかも500円。本物だ。このおじさんは新潟で震災があったときに屋台をもって船で現地にいって2000杯のラーメンを無料で提供してきたらしい。本物の職人はやることが違うんだなあ。
心のこもったうまいラーメンだった。
[PR]
by kazthehoofer77 | 2005-12-13 02:50

遠くのことも近くのことも

今日はNYからの友人でもあり尊敬するベーシスト日野賢二との共演。
ほんと久しぶりの再会で嬉しかった。
今回もニューオリンズへのチャリティーライブです。他にもTOKUさん、伊藤君子さんそしてあのムッシュかまやつさんが登場して、ムッシュさんの『ゴロワーズ』は最高。
まだまだロックです!
ニューオリンズ救済という意味のある良いライブだったと思うけど、実際に自分達が住む今の日本はどうだろう。帰って来てテレビをつけるとまた悲しいニュース。幼いひとつの命がまた残虐に奪われた。
遠くで起きた大きな悲しい出来事もあるけれど、現在の自分達の周りに起きている事からも目を背けずにいたい。

明日は福岡!ワークショップ、そしてパフォーマンスしてきます。
[PR]
by kazthehoofer77 | 2005-12-11 00:05

雪がしんしん

d0002450_1525468.jpg
昨日は新潟でテレビの生出演、ワークショップをやり終わってすぐ仙台へ。
やっぱり北は寒い!

しかし仙台の実家から公園沿いを歩いて今日の会場へむかうと、紅葉がきれいでほんとによかった。そういえば幼少時代に僕はこういう場所で育ったんだなあとあらためて実感。
「仙台で生まれたTAPの真実」というすごいタイトルのトークライブ。
小学校の成績表まででてきて面食らう。え、そこに真実が。。。
そのごケヤキ並木の中でまさにストリートライブ。
本当に気持ち良くて最高でした。
そして仙台の方々といっしょにワークショップもやり、もりだくさんだったけど終わって外へ出ると雪がしんしん。。雪って不思議で心の中もしんとする。

街の中で歌う人、行き交う人々、
しーんと静まる夜の街がとてもきれいにみえました。
[PR]
by kazthehoofer77 | 2005-12-05 01:38

D.K. GRANT

NYからブロードウェイのショウ「NOISE&FUNK」にも出演していたタップダンサーデリックグラントが来日。ワークショップに参加してきた。
ひさしぶりのNYの風に大分感化され、そのあとは居酒屋でご飯を食べ(やたらチキン)、デリックのホテルでTAPの昔の映像とかを延々とみながら昔話やらいろんな話しをした。
思えばNYで彼と出会って10年経つ。この10年でタップのシーンも、自分自身も大きく変わった。10年前には考えられなかったことが今起きていたりする。よかったこと悪かったことたくさんある。『そこから俺達は学んでいくべきだ』とデリックは言う。
10年どころではなくずーっと長くNYのタップシーンにいるデリックの話を聞けたことは感慨深いものだった。
一つの大きな流れが終わり、今まさにあたらしい波がTAPの世界に来ている。僕は僕で今やるべきことを頑張らなくてはいけないなあと強く思った。
どうなるかはわからない、ただ地に足をつけておくことが大切。
[PR]
by kazthehoofer77 | 2005-12-01 11:46