カテゴリ:NYの記憶( 8 )

NYの景色

d0002450_11442519.jpg


d0002450_11451850.jpg



d0002450_1148151.jpg



d0002450_11493013.jpg


d0002450_11504795.jpg



d0002450_1152315.jpg



d0002450_11523934.jpg

[PR]
by kazthehoofer77 | 2009-07-15 11:57 | NYの記憶

NYC TAP FESTIVALを終えて

d0002450_121359.jpg


今年も無事にNYでのフェスが終わりました!
数えてみたら、今年で8年目になります。毎年、毎年、いろんなことがありながら、この場所で踊ることが自分のなかでひとつの区切りになり再スタートになります。

今年は、世界で最も尊敬するダンサーのひとりDERICK K. GRANTと二人でM.J.の曲『HUMAN NATURE』を踊りました。プログラムのなかでも最後から二番目というクライマックスの場面で素晴らしいダンサーと素晴らしい環境で踊れることに、踊っている間に我も忘れて夢中になりました。
そして最後にはスタンディングオベーションをもらい感無量です。

とにかく今回、Derickと踊り、さらに深く彼の人柄にふれ、たくさんのことを学べたことが最高の収穫だったとおもいます。
Derickの技にどよめいた会場をステージ上で見るのは最高のスリルと興奮がありました。

本当に彼に感謝です。

そして9年目を迎えたTAP CITY、主催者のTONYにも感謝。
たくさんのダンサーに囲まれ、エネルギーを感じられたことで
さらに前へ、前へと進む勇気をまたもらえました。

もっと先へ

頑張ります!

d0002450_1243327.jpg


d0002450_126442.jpg



d0002450_1275512.jpg

[PR]
by kazthehoofer77 | 2009-07-12 00:54 | NYの記憶

ニューヨークより

d0002450_14465066.jpg
みなさんこんばんわ。
たくさんのお祝いメッセージをありがとうございます!みなさまのあたたかいお言葉に本当に感謝しています。

いまは今月10日におこなわれるTAP FESTIVALのためにニューヨークにいます。
飛行機から見えた夕焼けがものすごくて感動しました。
そして到着したニューヨークのエネルギーは相変わらず強くて、いつもここに来るとゼロに引き戻されて『頑張ろう』という初心の気持ちになります。



NYに来てまず、こっちの友だちも結婚のことにとても驚いてくれて、
しかも日本人よりも派手なオーバーアクションでみんな祝ってくれるので、
僕のほうまで驚きます。
どこにいても祝ってくれる友達がいることにとても感謝しています。

今までよりももっと今という瞬間に感謝して、この瞬間にベストを尽くして
成長していくことに力を注いでいこうとおもいます。
まずは10日のTAP FESTIVAL、そして日本に帰って8月の青山円形劇場公演に向けて
頑張ります!

話が前後しますが、NYに来る前、僕がとても敬愛する詩人の谷川俊太郎さんにお会いして、
対談する機会がありました。
想像以上にあたたかく、本当に素晴らしい方でした。

今月発売のDDDに載りますので、是非チェックしてください。
では!


d0002450_1446199.jpg


d0002450_14523598.jpg



d0002450_1453510.jpg
[PR]
by kazthehoofer77 | 2009-07-08 14:08 | NYの記憶

On The Sunny Side of the Street

d0002450_1716922.jpg


PUPPETSのライブも無事終わりました。たいした告知もしてないのに、このブログを見てきてくれた方々に感謝します!ありがとう。

少し天気が良くなって、ブルックリンブリッジを歩いてわたった。
空が青くて、風がきもちい。爽快な気分になれた。

自分の心と身体に変化をもたらすのは、自分自身だと
この日は身にしみてかんじた。

街が明るくみえるのも、人の笑顔がみえるのも

自分の気持ちの反射のようなもの

そして街が暗く、人が怒っているなら

やはり自分も暗い道を歩いているから

明るい道を歩もう!

常に強烈な光と闇をもっているこの街

『ON THE SUNNY SIDE OF THE STREET』という曲で、「いつも明るい道を歩こうよ」

と歌うのが、この街にいればとてもよくわかる。ワンブロック先には暗い闇が漂っているからこそ、強い光も同じように輝いてる。そんな光になろう。

ブルックリンの橋のうえで絵を描いているおじいさんの絵を買った。

この街にいるたくさんの名もなきアーティストの作品がとても好きだ。

みんな一生懸命生きているから。



d0002450_17173177.jpg
コットンクラブで友人オマーと踊ってきた。日本にも3月来るそうです。



d0002450_17184455.jpg

NYではじめに習った先生バーバラダフィー、レッスン後の廊下にて
[PR]
by kazthehoofer77 | 2009-02-04 17:00 | NYの記憶

Harlem Tap Blues

d0002450_15232535.jpg


忙しくなにかに追い立てられて過ぎてしまう時間にくらべ、
じっと静かにしている時は生産的でないように思えるが、そのほうが充実していることもあると、NYにいると感じる。
見ているものは、本当にみなければ見えないし。
聴こえていることも、本当に聴かなければ聞こえない。
日々の生活のなかで体全体で感じてすべてを吸収しよう。

昨日は、NYナンバーワンの女性タップダンサーDomesiaによるTAP JAM SESSIONにいく。夜に動くことすら躊躇するような寒さの中、イーストハーレムの小さなバーへ。
少ない人数だけど、濃厚な時間 を過ごした。
この空気感がやっぱりここにしかないんだよなあとおもう。
いくら同じようなことを違う場所でやってみようとしても、このハーレムのGhettoの街を歩いて踊りにいく緊張感や雰囲気はここにしかない。

後半、オマーもやってきて相変わらずのダイナミックなダンス。
ドミーシャとの夫婦バトルも最高に良かった。
最後はミュージシャンと一緒に大盛り上がり。清々しい気持ちで家に帰った。

Danceはやっぱりシンプルになれる。

気持ちいい。



d0002450_15253727.jpg


d0002450_15273275.jpg



d0002450_15281397.jpg


d0002450_15293275.jpg


PS>PUPPETSのライブがクラブ側の都合により31日の16時からに変更になりました!お間違えのないようにおねがいします。
www.puppetsjazz.com/

PPS>ブログへの書き込みが、いたずら防止のため承認制になりました。スタッフによりまずチェックされますが、ご気軽に書き込んでください。みなさんのコメント楽しみにしています。
[PR]
by kazthehoofer77 | 2009-01-28 15:14 | NYの記憶

NY の日々

d0002450_14184697.jpg


顔が痛いほどの凍てつく寒さ!ここのところ毎日忙しくしていたが、今日は久しぶりにゆっくりして歩いてグッゲンハイム美術館に行った。ピカソ、ゴッホなどなど、ゆっくり見れた。
そして夜は若干21歳タップダンサーダイ、a.k.a "BIG DAI"がうちに来て、カレーつくって食べた。やっぱりカレーはポジティブバイブレーション。タップの未来について語りながら食べる。明日からまた頑張れそうです!


d0002450_14194167.jpg




d0002450_14203366.jpg


d0002450_14224272.jpg



d0002450_14234060.jpg


d0002450_14241357.jpg




d0002450_14254745.jpg


d0002450_14282122.jpg



d0002450_14282175.jpg


d0002450_143043.jpg



d0002450_14325579.jpg


30日、金曜日はブルックリンのJAZZ Club PUPPETSで6時半よりパフォーマンスします。元Groove CollectiveのVIBES player、Bill Wareとドイツでも一緒に演奏したBorisがピアノで参加します。タップダンサーは靴をもって!

www.puppetsjazz.com/
[PR]
by kazthehoofer77 | 2009-01-26 14:05 | NYの記憶

ちいさなしあわせ

d0002450_0164838.jpg


きのうはすごい雪のなかいろんなところを歩きまわって久しぶりのバーバラのレッスンをうけた。やっぱり勉強になる。そのあとはバーバラとコーヒー飲みながら音楽を聴きあってタップのことやいろんなことを話した。

帰り道、たくさんの人にもまれながら雪道を歩きながらふとおもう。

人はみんな幸せをもとめて生きているとおもう

だけど、しあわせっていったい何だろう。

「どういうしあわせを求めるか」によってその意味は大きく変化する

今朝のあったかいコーヒーにちいさなしあわせをかんじる。

友だちとのなにげない会話の笑顔に

散歩道にみえるきれいな光景に

タップを今踏めることに

ちいさなしあわせをかんじる。

どんなことでも毎日、ほんのちいさなしあわせをみつけることが、とてもしあわせなこととおもう。

その一方で、おいしいごはんを食べているときに、少しだけいま食べられない人のことを想う。

うれしくて笑っているときに、少しだけいま悲しんで泣いている人のことを想う


しあわせの一方で悲しむ人達がいるなら

ぼくは完全にしあわせとはおもえない


求めすぎず、ありのままに、正しくありたい


朝にコーヒーを飲みながら

すこし友だちのために祈った





PS>今日はアメリカの新しい時代のはじまり。オバマ政権のスタート!

d0002450_23583879.jpgVibes Player BILL WAREも元気。30日、PUPPETSにてセッションします。
[PR]
by kazthehoofer77 | 2009-01-20 01:52 | NYの記憶

ニューヨークの空の下

d0002450_17262567.jpg


NYはマイナス10度の世界、雪も降っていて、空港から降りるとNYならではのファンクミュージックに「もどってきたなあ〜」という気持ちになる。
ちょうど東北に行って演歌を聞くようなものだろうか。
いつでもここに来ると初心に戻らされ、一人の人間として裸になるようなそんな感覚。

今日はひとりセントラルパークをふらりと歩いた。
真っ白な公園からは神聖な光景さえも感じる。
ここを歩いていると、19歳の頃を思い出す。NYに来たばかりの頃、『俺はいまNYにいるんだ〜!』という感動を噛みしめるためにここを歩いてやる気を振り絞った。
あの頃とはあまり変わらず今もここを歩けることを嬉しく思った。

その後、MOMAにいき絵を観ながらゆっくり。
壁一面に映し出されるビデオアートをみんな床にゴロゴロ寝そべってみる。
僕もゴロゴロしていると、そのうち熟睡していた。。
MOMAで昼寝、最高。

ジャクソンポラックの絵をみてハッとする。
乱雑に見えるが、本能的で緻密なリズムを感じる。やはり圧倒されジンとくる。

ゴッホの絵は切ない。
力強さの中に彼の繊細さがにじみ出ている。本物の絵に見える彼の筆あとをじっくり見ると、今も生きているかのように感じる。


NYの地下鉄もまた面白い。
おおきなビニール袋を僕が抱えていると、目の前に座っていたちょっとゴツめの黒人のおじさんが話しかけてきた。ちょっと警戒していたら「重そうだから、ひざの上においていいよ」と言って膝の上をたたいた。
「うん、大丈夫。ありがとうご親切に」と返すとにっこりと笑った。

さりげない親切から生まれるコミュニケーションはとてもすてきだ。
こういう日常を大事にしたいなあとおもう。

d0002450_17281769.jpg


d0002450_17284084.jpg

[PR]
by kazthehoofer77 | 2009-01-19 17:18 | NYの記憶