2010年 04月 29日 ( 1 )

高校生とクレズマー音楽が出会うとき

d0002450_232161.jpg昨日、梅津和時さんと都立井草高校の芸術鑑賞会にお呼ばれして踊ってきました。
この「芸術鑑賞」という機会に、梅津さん率いるBAND『こまっちゃクレズマ』、おおたか静流さん、
そして僕という人選はかなりアウトサイドな衝撃が高校生にはあったのではないかとおもいます!
何より、今回自分もはじめてクレズマーというジャンルの音楽に出会い、そしてそれがこのような状況だったので、なんだかほんとうに面白かったし感動しました。
クレズマーというのは『東欧系ユダヤ(イディッシュ)、アシュケナジムの民謡をルーツに持つ音楽ジャンルのひとつ』(WIKIより抜粋)で、梅津さん曰くJAZZという音楽のルーツにも深く関わっているそうです。哀愁があり、なんだかすごくエモーショナルな響きでした。

開演前、高校生らしくガヤガヤとした客席の中から練り歩いてBANDが登場した瞬間から
高校生達もこの世界へとどっぷりと浸っていきました。

どんどん出会っちゃえばいいんだ!とぼくは思う。

わかるとかわからないとかではなくて、早い時期に広い世界のみたこともないものに出会うこと。

それの価値が自分の中になくても、

その瞬間に出会ったことは深く心に刻まれたんじゃないかなあと思います。

都内の高校生は恵まれているね。そして呼んでくださった先生と梅津さんには大きな感謝を。

また学校とかいきたいなあ。

そうだ、今年の10月には仙台の母校五橋中学校に行きます!楽しみだ。
[PR]
by kazthehoofer77 | 2010-04-29 05:06