2009年 11月 13日 ( 1 )

『星になっても、月を歩くだろう』

昨日、マイケルジャクソンの映画『This Is It』を観て、今日はマイケルの遺品展を観にいってきた。
どちらも、そこにマイケルはいないのに、ものすごいパワーの熱気とライブを観ているような興奮に包まれていた。
映画がはじまったとき、自分が高校生のとき新幹線に乗って東京まで観に行ったマイケルのコンサートのことを思い出して、あのときの興奮が蘇ってきて涙がこみあげてきた。
東京ドームで観た本物のマイケルとの距離感はとてつもなく遠く感じられ、実際に観ているのかどうかもわからないくらい幻を観ているような感覚だったけれど、今回はなんだかずっと近くに感じられたようなきがした。
もしかしたら、それはきっと彼が魂になって、現実よりももっとみんなのちかい距離にやってきていたからかもしれない。

いつも少年のようで孤独な印象のあるマイケルは、このリハーサルを撮影したドキュメンタリーのなかでは違った印象に見えた。
それは彼がもっとみんなを引っ張って、若いダンサーたちやスタッフを牽引している大人のイメージ。彼は愛をもって人と接していて、スタッフ、ダンサーみんながこの『マイケルジャクソン』という一人の人間から、ものすごいエネルギーをもらって、そしてそれを返しているというポジティブな循環がステージいっぱいに広がっている。
みんなマイケルと同じステージに一緒にいれることが嬉しくてたまらないんだ!という感じ。
みんなが輝いているのがほんとうに素敵だなあと思った。

しかしながら,常に彼はプライベートを冒され、整形のことやあらゆる事件のことで彼のアート自体も歪められてきた。それがこうして死後にやっと見つめ直されていくのは、彼がここにいないことが残念でならない。そして新しい彼自身の作品が、このコンサートの完成形もふくめ見ることができないと思うと、とても悲しい。

僕にとってはやはり彼の作品がすべてだとおもう。彼が愛をもって自分を傷つけても、創作し続けた。その数はけっして多くはないが、ひとつひとつの完成度の高さや、全くむだのない彼の動きのすべて、そこに費やしたであろう努力を感じるとき僕は彼と言う人間性を感じる。


どんな人だったかということは二の次のことだから、

彼の新しい作品がもう見ることができないことが残念だ。
精神は肉体を越えて、彼と言う魂は空へと散っていってしまったけれど、彼の遺した贈り物の数々はきっとどの世代にも大切なメッセージとして残っていくのだろう。
マイケルがサミーデイビスjr.のために歌った歌詞がとても好きで、ここにかいておきたい。

You were there, before we came.
You took the hurt, you took the shame.
They built the walls to block your way.
You beat them down.
You won the day.
It wasn't right, it wasn't fair.
You taught them all.
You made them care.
Yes, you were there, and thanks to you
There's now a door we all walk through.
And we are here, for all to see --
To be the best that we can be.
Yes, I am here....
Because you were there.

『あなたがそこにいた わたしたちがくるまえに
 あなたは心を痛め 恥もかいてきた
 かれらはあなたの道を遮るために 壁をつくってきたが
 あなたはそれらをぶち壊し 今日という日を勝ち取った

 それは正しくないことだと それは平等ではないことだと
 あなたはみんなに教えて 彼らに気づかせてくれた
 そう、あなたはそこにいた だから今あなたのおかげで
 わたしたちすべてが通ることのできる扉がひらいた

 そして今わたしたちはここにいる
 わたしたちができるかぎりのベストをみせるために
 そしてぼくがここにいる
 なぜならそこにあなたがいたから』


http://www.youtube.com/watch?v=IjmalHcQh54



d0002450_3161465.jpg
[PR]
by kazthehoofer77 | 2009-11-13 02:29