On The Sunny Side of the Street

d0002450_1716922.jpg


PUPPETSのライブも無事終わりました。たいした告知もしてないのに、このブログを見てきてくれた方々に感謝します!ありがとう。

少し天気が良くなって、ブルックリンブリッジを歩いてわたった。
空が青くて、風がきもちい。爽快な気分になれた。

自分の心と身体に変化をもたらすのは、自分自身だと
この日は身にしみてかんじた。

街が明るくみえるのも、人の笑顔がみえるのも

自分の気持ちの反射のようなもの

そして街が暗く、人が怒っているなら

やはり自分も暗い道を歩いているから

明るい道を歩もう!

常に強烈な光と闇をもっているこの街

『ON THE SUNNY SIDE OF THE STREET』という曲で、「いつも明るい道を歩こうよ」

と歌うのが、この街にいればとてもよくわかる。ワンブロック先には暗い闇が漂っているからこそ、強い光も同じように輝いてる。そんな光になろう。

ブルックリンの橋のうえで絵を描いているおじいさんの絵を買った。

この街にいるたくさんの名もなきアーティストの作品がとても好きだ。

みんな一生懸命生きているから。



d0002450_17173177.jpg
コットンクラブで友人オマーと踊ってきた。日本にも3月来るそうです。



d0002450_17184455.jpg

NYではじめに習った先生バーバラダフィー、レッスン後の廊下にて
[PR]
by kazthehoofer77 | 2009-02-04 17:00 | NYの記憶
<< TIME TO CHANGE!!! Harlem Tap Blues >>