古澤巌コンサート〜仙台WELCOME SOUND

18日、古澤巌さんとのオーチャードホールでのコンサート無事に終了!
今回はじめて共演させていただきましたが、クラシックの世界の文化の違いが新鮮で、そしてそこから飛び出そうとしている古澤さんと大きな会場で共演できて嬉しかったです。

次の日は朝一に仙台へ、連休の初日だったらしく、まわりの乗客(おじさんおばさんたち)のハジケっぷりに若干引きながら移動しました。約2時間の移動のあいだどんどん酔っぱらっていくのを垣間みながら、やっと仙台に着くというところで、電車が地震で止まる。。。止まってるあいだの田園風景がきれいでした。

仙台で長くお世話になっているウエルパフォーミングアーツのイベント。
オープニングであの『渋さ知らず』のパフォーマンスで、かなりトリップ。いきなりフェスのエンディングのような雰囲気がすごかった。
押尾コータローさん、COBAさんと久しぶりのセッション、楽しかった!

最後にCobaさんが「常に勉強させてもらっている」という言葉が深かった。そしていつもCobaさんや押尾さんは僕を温かくMCでコメントしてくれる。本当にありがたい。
決してポピュラーではない楽器だけの演奏。それをやり続けてきた人達、道を切り開いてきた人達をいつも尊敬している。

古澤さんも終わってからのコメントで『70、80歳代で活躍してきた自分の師匠にくらべれば、自分はまだまだ』と言っていました。

音楽の素晴らしさを感じられることに感謝したい。


PS>今日の新聞にNYの街ハーレムの再開発についてのことが書いてあった。あのハーレムの街をきれいに開発することに地元の人達は怒っている。古いアパート、昔ながらの商店の姿が消えていってしまうからだ。最後に載っていた言葉がたくさんのことを表しているとおもったので、書き留めておきたい。

『この街の少年は公園でドラムをたたき、ミュージシャンに成長するが、その文化を育てるのは公園や施設などではない。アフリカの宗教とその文化を受け継いだ人間の魂だ。長い貧困の中でも明日の夢を見、闘い、住み続けた人々の暮らしこそが文化なのだ。それを追い出して一体、何が保存されるというのか。』



d0002450_22343870.jpg


PPS>来週の土曜、また仙台でTBC祭りに参加。
共演はあの最高のドラマー、ASA-CHANG。そしてスペシャルゲストにあのギタリストローリー寺西!!どんなセッションになるのか誰も(自分も)想像できない。。。


d0002450_22484048.jpgwith押尾コータロー
[PR]
by kazthehoofer77 | 2008-07-20 22:42
<< REAL SPIRITS. O... NY LIFE >>