近藤良平さん&森山開次くん対談〜スティーブ衛藤TALK LIVE

d0002450_19241185.jpgNHKのサラリーマン体操などでおなじみコンドルズの近藤良平さんと『茶の味』など映画にも出演している森山開次くんがスタジオにきて久しぶりのダンサー対談をした。
良平さんとは2度目ですが、ずいぶんまえからのお友達のように昼からお酒飲みながらのゆる〜い感じでお話ができた。そして開次くんとは『クラリモンド』以来、初めて会ったのは10年も前の『イエローエンジェル』という舞台というなにげに長い知り合いなのです。
ジャンルは違えど『ダンサー』という大きなくくりで、それぞれがお客さん達にもっとダンスを身近に感じてほしいという思いで、踊っているというよりも「闘ってきた」というイメージだった。
対談の様子は7月下旬に発売の『DDD』に載ります。

そして、7日にはスティーブさんとのライブトーク、これまたゆるゆるの雰囲気で楽しくできた。スティーブさんとはNYでもお会いしたり、以前に自分のライブにも参加してくれたりした。ドラム缶を鉄の棒で叩いたり、電気ノコギリで斬るみたいな、もの凄いパフォーマンスをするし、幅広いミュージシャンとの交流を持つすごい人です。

はやい時間にはスタジオにきてくれて、子供達のレッスンでドラムを叩いて遊んでくれた。
スティーブさんは僕が知るミュージシャンの中でも屈指のゆるーい性格の方で、お会いするとホッとするようなそんな方だ。

そういえば、近藤さんも開次くんも独特なユルさを持った人だが、
ゆる〜くすごいことをするというのはとても高度なことだなあ、と最近思う。みんな素敵な人達です。

こういう方がたがまわりにいてくれるのはとても嬉しく、ありがたいなあと思います。


d0002450_1934487.jpg
スティーブさん、50ッ周年おめっでとおーー!
[PR]
by kazthehoofer77 | 2008-06-09 19:35
<< 愛と孤独の問題について 地面を踏む!地球を踏む!リズム... >>