CANDLE JUNE

d0002450_2322216.jpg


春の目黒川を散歩しながら、CANDLE JUNEの個展へ行く。
川のはじっこでは亀が甲羅干ししていて、なかなか優雅な光景でした。


d0002450_23173241.jpg


昨日は、オープニングパーティーに板を持ち込んで、お祝いにひと踊り。
すばらしい空間だった。

JUNEさんとはかれこれ、5、6年の付き合いになる。NYから東京に戻ってきて、わりとすぐに彼と、彼のキャンドルと出会った。
それ以来なんだか数えきれないほどいくつも一緒に仕事もしてきたが、JUNEさんとの関係はいつでもとてもシンプルだ。
先日も、ふらっとスタジオにきて、必要なものをサクッと作ってくれる。
そして僕もそのお礼に自分にできることを彼のためにする。必要とあれば、お互いになにかしようと言い合える、本当の友人であり、クリエイティブなことを刺激しあい、もっと遠くに見える理想を共有する戦友とも言える。

彼の活動もまたシンプルだ。火を灯す。複雑にからまった心や憎しみがキャンドルの灯りに包まれることでシンプルになる。

JUNEさんの個展にいくと、まだまだ頑張ろうと思える。そしてまた何かを一緒に創作できる日が待ちどうしいとおもう。

是非、みなさんも一度彼の個展を訪れて、旅の経過や、キャンドルの灯りに直に触れてほしいですね!



d0002450_23131175.jpg
[PR]
by kazthehoofer77 | 2008-04-29 23:20
<< HOOFERS CLUB 来て... みんな歌って踊っちゃえ >>