旅の途中からI LOVE YOU!!

今朝目覚めて、昨日のことをぼんやり思い出す。あそこのステップはいまいちだったと反省しながら、今スタジオで練習しながらこの文章を書いてます。

一回、一回の公演は『一期一会』。同じ瞬間は二度と繰り返すことができない。

そうおもえば、どんな瞬間も素晴らしい瞬間だと思える。

今、踊れることが幸せだなあ。

そんなことを噛み締めた2日間。終わるのが惜しくて、踊り続けると、なんと2日目公演時間は2時間半こえてたみたいでした。

楽しかった。もっともっと踊りたいよ。と打ち上げでみんなに話した。

5年前、日本に帰ってきてバイトをしてた。

青山円形劇場で初めて自分の公演をして、そこからはじまった。そのときから同じ仲間に支えられてここまで来れた。

今年に入ってアフリカ、セネガル、NYと旅をして、今もその旅の途中、

新たに出会った仲間、ベースの塩田さんとは毎日、毎日音楽のみならず、いろんなことを語り合った。真摯に僕の表現を掘り下げることにこの何ヶ月もつきあってくれた。

そして彼の呼びかけで集まってくれたサックスの太田剣さん、類家心平くんは素晴らしミュージシャンであり、人であり必死に僕のTAPに耳を傾けてくれた。この公演で出会った素敵な仲間だ。

フライドプライドという枠を越えて、協力してくれたギターの横ちゃんは最高だった。
『音楽でできないことなにもないとおもってる』という名言。
「愛してるぜ」と言って会場を去っていった。

SHIHOちゃんも最高に素晴らしかった。僕に歌を歌わせた。。
『Turn Your Lights Down Low』は一緒にやっていて心にしみた。

そしてセネガルで家族のようにいてくれたラティール。ラティールが円形で歌った瞬間、セネガルのみんなを思い出した。匂いがした。いまもみんな踊ってるんだろうな。

初日、ハナレグミの永積くんがとびいりで歌ってくれた『サヨナラCOLOR』。この歌がいつも自分の背中を押してくれた。みんなに聞いてほしかった。

すべては『愛』のために。

貴重な時間を捧げてくれたTAPの仲間達、スタッフ。

もちろん観に来てくださった、お客さん達。すべての方々に感謝したい2日間でした。

そしてTAPという芸術と、すべてのタップダンサーへの感謝をもって。

また努力して頑張っていきます!ありがとう!

I LOVE YOU!!

d0002450_16265978.jpg
[PR]
by kazthehoofer77 | 2008-04-10 16:24
<< オモイデcolor happy feet >>