FREEDOM ゴレ島の子供達 

d0002450_1335644.jpg


タップの板の前であしもとをじっくり見ている子供達。
さいしょはおとなしく見ているが、しばらくたつと板の上にのっかってみんな真似しはじめる。外で踊ったときは、子供が集まりすぎて大変なことになった。

ゴレの島ではたくさんの子供達がほんとうに自由に走り回っている。
そこには子供達の自由さを制御するものがなにもない。

自然のなかで走り回る子供達の笑顔はとても無邪気。

『自由』といっても僕が驚いたのは、島の子供達がしっかりとした教育と規律の上で『自由に』羽ばたいているということだ。
大人の人達は子供達に家事をやらせたり、赤ちゃんの世話をさせたりと子供は家族の中でしっかりと役割をもっている。だから子供だからといって甘やかされるということは全くなく、しっかりと働いて、それから土まみれになって思いっきり遊んでる。
だからみんな知恵もあって、本当にかわいかった。

d0002450_132178.jpg
一緒にほぼ生活をともにしたイヴくんは、ちょっと遠い僕が泊まっている場所へ走ってご飯を運んでくれたり、炊事、家事なんでもやる。学校もしっかり行って終わるとサッカーをやったりして遊ぶ。僕もひさしぶりに思いっきり遊んだ!

日本の子供達はたくさんの物をもっている。何不自由なく育ち、自分自身も何不自由なくぬくぬくと育ったとおもう。将来のために塾にいったりコンピュータをしたりする。
セネガルの子供達は、物が少ない不自由さを不自由とは感じてはいないとおもう。

無駄な情報がとても少ないんだなあ。ととにかくおもった。

この島に滞在しているあいだ、本当に最小限の情報だけを耳にした。携帯もない、PCもない生活。
本当に必要なものはとても少ないし、本当に価値のある物はわずかしかない。

太陽と水と。

おいしいご飯とやさしさと。

本当に美しい日の出を見て感動したのはいつ以来か。流れ星を1日に何回もみたのは?

たいせつな自然がここにはあった。

そして子供達の笑顔。

きっと昔の日本もそうだったはず。すくない情報、貧しさのなかにある心の豊かさ。
ぼくらはきっとなにかを得て、そのためになにかを失ってしまったような気がする。

守り続けよう。

つづく。


d0002450_1334116.jpgd0002450_134168.jpg
d0002450_1465016.jpg

[PR]
by kazthehoofer77 | 2008-01-28 01:41 | AFRICAへの旅
<< 明日も元気にTAPが踏める。 2/2 KAZ TAP STU... >>