『MORE TAP DANCE』

火曜日。

FAZILSでみんなが集まって、ジャムセッション。1時間ぶっつづけ、ミケーラ、ジョセフ、
みんなまたすごく上達してる。
その後、オマーエドワードのMnton`sのセッションへ。相変わらずのオマー、なんかホッとする。
二人で踊りまくる。
MINTONSもNYで歴史的な場所として残っているハーレムのジャズクラブ。すごくいい雰囲気。
若手のダンサーにオマーが熱く語っていた。
『DO MORE TAP DANCE! -もっとTAP DANCEをしろ。』
それから10のタップのボキャブラリー(シャッフル、フラップ、ディグ、オーバーザトップ、、、ETC.)を言わせて、たくさんのテイストをもっと使うようにと言っていた。奇行で有名なオマーだが熱く若いタップダンサーに語るオマーは頼もしく、自分も勉強になった。
もっとTAP DANCEを。 

水曜日。雨。

ジムで汗を流して、ジェイソンのところへ行くもキャンセル。
そのあと、バーバラへ会いにいく。

こっちでは、そういえば傘をささない。フードをかぶっておわり。それから日本でも傘をもたなくなった。(持ってもすぐなくす)

バーバラのレッスンでは、自分が苦手とするような音の出し方を練習したりした。
そしてレオンコリンズの『53』という振り付け。本当に素晴らしい踊り。
これこそが『TAP DANCE』というような、たくさんのボキャブラリー、リズム。
常に踊り続けられるクラシックなステップ。

TAP DANCEやっぱり、いい。
もっとTAP DANCEを!
[PR]
by kazthehoofer77 | 2007-10-26 03:48
<< NYから3択問題 BACK to FAZILS >>