六本木ヒルズアリーナ

d0002450_13394158.jpg
昨日観に来てくれたみなさん本当にありがとうございました!
久しぶりのステージで皆さんの前に立ちいろいろな気持ちがこみ上げてきました。

六本木ヒルズのあの場所は僕にとってとても思い入れのあるところなんです。
NYから日本に帰ってきたばかりのとき、あのちかくでバイトをはじめて、ヒルズのアリーナが
ちょうど帰り道でした。
毎日毎日、深夜にくたくたになって帰ると、あの広場には誰もいなくて空を見ながら一休みしていました。

「すごいビルだなあ〜。」とただただ、そのときの自分がとてもちっぽけに感じながら、ぼーっと。。

たまに靴をとりだして、踊ってみるとすぐに警備員に止められるので、
普通の靴で練習をしてました。

誰もいない六本木ヒルズのアリーナは開放感があって、踊るたびに気持ちが解放されていきました。

昨晩はそんなステージにたくさんの人達が集まって、僕にとっては本当にスペシャルな一日でした。
吹いてくる風、遠くの空、ラティール、フランシス、三枝さんの太古から送られてきたような音たちがひとときの『自由』をあたえてくれるような。

『自由』っていうのはほんのつかの間におとずれる、解放された時間だとおもいます。
だからこそ貴重だし、これからもそういう『時』を創りだすために踊っていきたいとおもいます。

観に来てくれたみなさんに感謝しています!
つぎは9/24に国際フォーラムでおあいしましょう。

熊谷和徳
[PR]
by kazthehoofer77 | 2007-08-03 13:26
<< FREEDOM in 六本木ヒルズ 熊谷和徳 X 六本木ヒルズ ”... >>