毎日が新しい一日

d0002450_16185266.jpg最近はこのブログを頻繁に書くようにしています。

もっと日常を意識的に生きていたい。

たとえば大して何もなかった日でも、なにか一つは新しいことを感じている。なんてことのない日常の風景から。ふと見た壁から。めくった本のページ。食べたパン。なんでも。
一日一日をなんとなく過ごすのではなくて、もっと『意識』して新しい一日を感じられたらと思います。
毎日が新しい創造の一日で、その一日をクリエイトしていくのは、まさしく自分の意識でしかないから。


7/9 今日は朝からジムに行って、それからめちゃくちゃ暑かったので、公園の外にある市民プールにはじめて行ってみる。久しぶりに泳ぐと、なかなか100mとか一気に泳げないもんだなあ。
悔しいのでこの夏はクロール練習します。でも30にもなって監視員に怒られたりするのは勘弁です。

それからFAZIL`Sで一人リハーサル。クーラーのないスタジオでの練習は汗をバケツ一杯ぶんはかきます。これも修行。

その後、夜にFAZIL`SでタップダンサーとFAZILSの歴史のドキュメンタリーを撮影するということで、行ってみる。たくさんタップダンサーが集まってJAM Session。
このスタジオは歴史が深い。
スタジオのオーナーFazilは30何年前のこのスタジオで撮られた映像をテレビで感慨深そうに見ていた。
その映像には若かりしときのバスターブラウンが映っていた。
バスターは僕の先生でもあった、今は亡き素晴らしいタップマスター。

僕が覚えているだけでも、この場所での思い出は数えきれない。

TED LEVYとのFUNK UNIVERSITYでの3ヶ月間。SAVION GLOVERを前にしてのオーディション。GREGORY HINESと練習したのもこの場所。
本当に数えきれないほどの思い出。

最後までのこったJasonや Bakkariたちと深夜までこの日は踊ってきた。
何日分の汗かいただろうか。。

d0002450_16201759.jpg
d0002450_16203816.jpg
昔のタップダンサーの写真を見る。コーパサティックス。

d0002450_16205971.jpg
バーバラダフィーとブレンダ。

d0002450_16214574.jpg
タップの伝統はJAMから。

d0002450_1622421.jpg

JasonとOmar。あと真ん中にミシェル。

みんな素晴らしいダンサー達。
[PR]
by kazthehoofer77 | 2007-07-10 16:30
<< TAP CITY 1st day 7/8 日常の風景 >>