ご心配をおかけしました

ひさしぶりに体調を崩してしまいました。いまはほぼ回復しておりますが、ご心配をおかけしてすいませんでした。いままではどんなに体調が悪くてもなんとか公演をこなしていたのですが、病院の先生から入院をすすめられやむを得ず今回は公演を延期することになってしまいました。
岩手の矢巾町のみなさんには本当に申し訳なく思っていますが、次回の公演はこのぶん、気合いを入れて何倍にもお返しができるよう頑張ります。

「あー、これもうだめだ、、」と思って一人で病院に夕方からタクシーで行くと、すぐに点滴を打たれて車いすで病室まで運ばれました。「大げさだなあ」とおもいながらも、しっかり病人になってました。お医者さんや看護士さんはこういうとき神に見えるというか、本当に助けられて感動すらおぼえましたね。

病院のベッドで一人でいたときに点滴を見ていて、小さい頃のことを思い出しました。
僕は子供のころ喘息もちで、夜中に親に抱えられてよく救急病院に運ばれたりしていたんです。それ以来点滴なんて何年も打っていなかったから、変な話ですが懐かしいという感じがしました。小学校の頃は点滴を打ちながらマイケルジャクソンのビデオなんかをよく観ていて、学校に行けない寂しさを紛らわしたりしていましたが、結局そういう日々が今の自分に影響しているのかもしれません。
今回もいろいろ家に帰ってDVDをいろいろ観ました。(病院ではホームアローン2をテレビで)
ルイアームストロングのドキュメンタリーやら黒澤やら、、
そしてエディーブラウンというタップダンサーのDVDを観ていたとき気づいたらベッドから出て踊っていました。。やっぱりTAPが僕にエネルギーをくれます。

最近は日野さんとの共演など書きたいことがいっぱいあったのですが、病床の日記になってしまいました。しかし、病気は一度立ち止まって自分自身を振り返るいいチャンスでもあるなあと、、
たくさんの人にご迷惑をおかけしましたが、そう思いました。
これからも体に気をつけながら頑張ろうと思います。
みなさんもお体にお気をつけて。
明日の岡山、あさっての広島は予定通り行きますので、よろしく!
[PR]
by kazthehoofer77 | 2006-12-17 14:01
<< FREEDOM with 上... LOVE For TAP >>