LIVE AT TONIC

昨日はTONICにてBILL WAREとのライブ。12月に日本で共演する上原ひろみさんも遊びに来てガッツり弾いてくれた。TONICはジョンゾーンという前衛アーティストが作ったライブハウスでボロボロの倉庫にステージがあるというような雰囲気で、自分にとっては最高のシチュエーションだったけど、暖房とかももちろん壊れていて、お客さん震えてましたね。

それにしても、こちらでは何もかも自分でやらなくてはいけないため朝から木材屋に行って木を選んで、その木につける土台も道端で一人でトンカチで叩いて作りました。その風景もショウの一部として見せたかったくらいです。それからなんとかライブハウスに運びいれるも、音響のトラブルなんかがあって結構大変だった。。日本だとこういうことはあまりないけれど、NYだと日常茶飯事で、「あ、まあいっか。。」っていう気分になるのがNYまじっく。なんとか本番はいい感じでやれました。

BILL WAREと上原ひろみさんとのセッションはどこへ行くかも何が起こるかもわからない、だけど想像以上のところまで持っていこうと、なにかもを壊していこうとするような、そんなセッション。
音での常識をくつがえすチャレンジに満ちている。
こういう人達とステージ上にいられるのがとても幸せに感じた一日だった。感謝!
そしてなによりも、たくさんのNY時代のタップの友人観に来てくれたことに感謝しています。

『自由』でルールなど必要ない自分自身の表現。
まだまだこれからが新たなチャレンジの日々だと実感した。

ありがとう。

d0002450_6115789.jpg
[PR]
by kazthehoofer77 | 2006-11-23 06:14
<< LOVE For TAP LIFE HAS JUST B... >>