ハレームの夏〜日本の夏

d0002450_252365.jpg
7月はNY、ハーレムで夏を過ごした。
猛暑でストリートの水道管は開きっぱなしで
子供達が水浴びをしている光景が、なんかきれいだった。
おじちゃん達は外にテーブルと椅子をおいてドミノをしてラテンの音楽でノリノリです。

深夜になると若者が大きなラジカセを持って外でブロックパーティーがはじまる。
貧しい地域ではあるけれど、生活感はリアルで生命力に満ちている。
いちおう24時間開いているマクドナルドでは深夜すぎは防犯のため小窓でしか買うことができない。

地下鉄の電車待ち、ものすごい暑さ。。。なのに足を踏んで待っていたら
『どのぐらいTAPやってるの?』と後ろの黒人の女の子が話かけてきた。
『10数年やってるよ。』と言うと、昔TAPをやっていたからもう一回やりたいんだ、という話だった。『絶対にやるべきだ』と言ってスタジオの場所を教えると。『THANKS!』と笑顔で電車に乗った。

マンハッタンのハーレムはアップタウンや他の地域と比べると外国のようだ。
いや、マンハッタン自体がアメリカではない他の国なのか、この街の貧富の差の激しさには驚く。言語も文化も全く違う人種が混在する街、エネルギーは常に爆発しそうだ。

8月日本の夏ー
近所のお祭りに行った。
けっこうストイックな阿波踊りバトルを繰り広げていて、いろんなタイプの阿波踊りがあるんだなーと感心してみていました。ちっちゃい子供も、おじいちゃんもまた粋に踊るんです。
ちょうど映画『RIZE』を見ていたところで、ちょっと共通するところを感じたり感じなかったり。。
ほんのり蚊取り線香の香りも夏の風情を感じさせます。
近所の銭湯にいった。これこそ日本の文化!もう最高の気分。

サウナに入ると、もう40代半ばであろう二人のおじさんが会話していた。
どうも一人は劇団員で俳優を目指すおじさん。もう一人は一般的サラリーマンで毎日サウナに通ってるらしいおじさん。
俳優を目指すおじさんは現在エキストラをやりながら、ノルマのチケットを売って劇をやっているらしく、その話を聞くもうひとりのおじさんは呆れたかんじで『そりゃまあ、大変だねえ』というかんじ。
『もう若い頃からの夢だから、他の仕事をする気はないんだ』といってサウナを出ると
水風呂に頭からドボンっと一気にもぐった。
もう一人のおじさんが潜っているおじさんを無言で見ていた。
『俺もエキストラでもやろっかな』と苦笑いをして出て行った。

夏は暑いほうがいい。暑い、暑いと言って汗をかいてる。そんな夏が終わってほしくないと思う。そう言ってる夏は平和だとおもう。
のこりの夏をエンジョイしましょう。

人生を大切に。
d0002450_2171614.jpg
[PR]
by kazthehoofer77 | 2006-08-10 01:57
<< LATELY,, Hoping... TAP CITY2006 >>