TAP CITY2006

TAP INTERNATIONAL, TAP FORWARD一日目のショウが終わりました。

ほんとに毎日毎日がタップ漬けで、レッスンを受けたり、自分が出ない日はショウを見たりと
久しぶりにいろいろな種類のTAPに触れて感動しています。
TAPのコミュニティーは小さい。世界で一番のフェスティバルといえども、まだまだTAPの認知度はここNYでも低い。
だけど、小さいながらも世界中にTAPを踊る人達がいて、
それは人種を超えて、世代を超えて

小さい子供から、おじいちゃんおばあちゃんまでが
TAPを踊ることだけで繋がっているのが素晴らしいことだ。
日本にもこういう空気が伝わればいいのになあーと思いながら観ていました。

昨日のショウにはNYで活躍するジャズピアニストの上原ひろみさんも観に来てくれて、とても喜んでくれていました。嬉しいことです。

とにかく明日からまた引き続きショウを頑張ってきます!
[PR]
by kazthehoofer77 | 2006-07-20 02:53
<< ハレームの夏〜日本の夏 TAPだけの時間 >>