HINO TERUMASA

26日、『TAPPERS RIOT』の幕が開きました。
CANDLE JUNEの友人マークが本物の巨大なクリスタルと流木が楽屋に運ばれ、メンバー全員不思議なパワーに包まれる。楽屋に置いとくのはもったいないぐらい。
恒例の儀式からはじまり、ついにRIOTがスタートした。

今日のゲストはトランぺッター日野皓正。
トランペット一本、足2本(タップを踏んだ!)独特なオーラを放つ。
JAZZの歴史を背負った日野さんも子供の頃はタップダンサーとしてスタートした。
JAZZとTAPの文化がひとつになる瞬間だった。
いつも愛情と前に進む勇気を与えてくれる彼に最大限のリスペクトをもって、明日からも踊りたい。
おっと、明日の猛獣はあのアコーディオニスト、COBAです。
[PR]
by kazthehoofer77 | 2006-06-27 03:04
<< LAST DAY 行進がはじまる >>