日本人と中国人

台湾から男の子と女の子が4人来ていて、
タップを教えてほしいというのでレッスンしてきた。
世の中では中国の反日デモのニュースが毎日流れているけど、スタジオでタップを踊っている僕らはいたって平和だった。それよりもステップを覚えるので必死だった。
メディアが中国で反日デモが起きていると伝えれば、みんなが今中国が恐いと言う。
その一方ではまったくもって感心のない人達もいる。
政治家は表面上だけで話すからそこに理解はない、どうどうめぐりの同じことの繰り返し。
理解しあうこと
その方法としてたとえば僕らにはTAPがあった。
中国の人達は日本の音楽やファッションがすごく好きだと言っていた。
今の時代、政治よりもアートが理解を生み出す。アートは人を傷つけないんだ。

[PR]
by kazthehoofer77 | 2005-04-24 03:19
<< 時とともに ものは増やさず減らしていく >>