無欲の勝利

ホリエモンのごたごた、政治家の嘘。
世の中の価値観が危ぶまれる中、荒川静香さんの金メダルは久々に清々しい風が吹いた気がした。普段は特にメダルのことや、スポーツの勝敗にはあまり興味がない。
だけど演技を観てから、テレビでの発言などを聞いて一番に感じたことは「無欲」なんだなあということだった。
もちろん勝負への野心はあるとおもうが、たくさん回ることより、あらゆる技術でメダルをとることよりも『表現』を追求した。
たくさんの大会を経て、競うことよりも表現することに徹した金メダルには感動し、そのことを多く語らない姿勢には『大人』だなあということと、本当の意味での『日本人らしさ』を感じました。学ぶことがたくさんあります。

毎日を競い合うことよりも、本当の意味での金を目指したいと思いました。
[PR]
by kazthehoofer77 | 2006-02-28 02:35
<< 卒業 贈り物 >>