贈り物

朝、宅配便の人に起こされる。不機嫌に荷物をもらうとアメリカから一冊本が届いていた。オーダーした覚えもないので不信に思っているとアメリカの『DANCE MAGAZINE』で「25to watch this year(今年みるべき25人)」という記事に写真入りで自分が載っていました。おもわぬサプライズに一気にめがさめました。

記事にはこう書いてある。『Tapper Kazu Kumagai dances like the American Abstract Expressionist Jackson Pollock painted.』(熊谷和徳のダンスはアメリカの画家ジャクソンポロックの絵のようだ)

今までの記事ではよくミュージシャンと比べられる、または他のタップダンサーと比べられることはあっても画家と比べられることはなかった。しかもジャクソンポロック!
TAPのリズムは色とりどりの無数の色彩で感情を表現していくダンス。しかもそのリズムは計算されたものではない、直感的感情。
言葉も色もリズムもそして体の動きもすべてがリンクして一つのアートとなればいいとおもう。
世界のどこかで観てくれている人がいるとは嬉しいことだ。そんな贈り物に感謝の一日でした。
dancemagazine.com

PS>トリノの荒川さんの演技は素晴らしかったですね。しかしメダルをとれなかった人達もみんなすごかった。おめでとうございます!d0002450_1742941.jpg
[PR]
by kazthehoofer77 | 2006-02-25 16:46
<< 無欲の勝利 NEVER BE the Same >>