『きっと忘れない』

今日は音楽プロデューサー須藤晃さんが主催している尾崎豊のバースデイイベントを観にステラボールへ行ってきた。このイベント14年も毎年やってきて、生前尾崎さんに関わってきた須藤さんは今年でもうステージに立つことを止め、これからは客席側から見守りたいとのことでした。
須藤さんと尾崎豊との関係がどんなものだったのかは知らないし、本人も多くは語らないけれどその言葉には重い決意のようなものも感じられた。
舞台のスクリーンに流される尾崎豊さんの映像は今もみずみずしく未だ色褪せず生命に溢れているようだった。

彼ははやくして死んでしまったけれど人生に苦悩して壁にぶつかり続けてきたひとりのアーティストにとって、多くの観客に包まれ自分を表現する場があったことはきっと彼にとっても幸せなことだったんじゃないだろうか。そんなことを映像を観ながらおもった。

アーティストに限らずこの世に生きる多くの人は何かを言いたくてなにかを遺したくてうずうず毎日を生きているのだから。誰が何と言おうと自分をまっすぐに表現できることこそもっとも幸せな生き方なんじゃないかと思わずにはいられない。
[PR]
by kazthehoofer77 | 2005-11-30 09:49
<< D.K. GRANT 盲目の達人 >>