「ほっ」と。キャンペーン

TAP DANCEという言葉

先日、AMERICAN TAP DANCE FOUNDATION Spring Galaというショウに出演しました。
このショウの収益はGregory Hines Youth Scholarship Fundというこれからの子供達のタップダンサーの育成のために使用されるということでした。
"FROM THE HORSE`S MOUTH (Tap dance Version)"と題された今回のショウはいつものタップのショウとは違い、
出演するタップダンサー達は短いソロを踊ったあとに2分間の自分のストーリーを話すというユニークなものでした。

気軽にOKしてしまったものの、パフォーマンスの日程が近づいてくるにつれて、緊張感が高まってきました。
そういえば、日本語でも話すの苦手なのに、大丈夫なんだろうかと、、

リハーサルでは、踊りは問題ないのに、話すとなると頭が真白になりました。。。
本当にこれはマズいと思い、街を歩きながらブツブツひとり言のように練習しながら歩いたり、
ここ数年では珍しい緊張感のある公演となりました。

しかし、自分のストーリーをタップをはじめたときから今までにかけて、2分間にまとめるという作業は、とても自分にとって意味のある時間になりました。

一番言いたいことはなにか?
日本人として自分はなにをこのつたない英語で伝えられるのか?

結局辿り着いたのは、この言葉になり得ない想いを、伝えるためにぼくは踊っているのだということです。

言葉とタップというのはとても密接に結びついていると感じます。
しかしながら言葉が強くなりすぎては、タップの意味が薄れてしまうような気がするし、
言葉でしっかり伝えられなければ、そこに意味のあるタップのリズムは生まれないような気がします。

そのステップのなかにしっかりと言葉があるだろうか。
ストーリーがあるだろうか、ということがとても大事な気がします。

タップという言語で、どれだけ様々な人種の人たちと深く通じ合えるだろうか。
それがこの街での自分の大きなチャレンジなのだとおもいます。

ひさしぶりにあったJASON SAMUELSや近日日本へいくMAX POLLOCKや、あのミュージカル42nd Streetを振り付けしたRandy Skinnerや、
往年のタップダンサーBrenda Baffalino、そして90歳で現役のMable Lee!

この素敵なタップダンサー達と言葉を共有できたこのステージは自分にとって忘れられないものになりました。

PS> 4/28にはBROOKLYN BOTANICAL GARDENにてCHERRY BLOSSOM FESTIVALで踊ります。

d0002450_1541116.jpg


d0002450_15433983.jpg


d0002450_15483856.jpg


d0002450_15505177.jpg


PHOTO DIARYhttp://www.kazukumagai.tumblr.com/
[PR]
by kazthehoofer77 | 2013-04-14 15:59
<< 5月の予定 NATIONAL ... うまれた日からまたはじまる >>