賢者の声を聴く 『ここから これから』

4/21、22の二日間、縁があって繋がった場所、名取市文化会館にて支援イベントを行います。

作家、柳田邦男さんに宮城県でも最も津波被害の大きかった場所、名取市にきてもらい、お話をしてもらうのですが、
僕自身、今回のこの震災から一年間のあいだ柳田さんとお話をさせていただいて、ずいぶん心が救われた気持ちになりました。
なにか答えをくれるわけではないのですが、白や黒ではっきりさせるのではなく、もっと心の深い部分での自分自身と対話をするきっかけを与えてもらえた気がします。

柳田さん御自身は、長年ノンフィクション作家として活動され、今回は原発の調査委員としても活動されている方です。
以下は柳田さんのインタビューの言葉です。
『3・11東日本大震災――あの日、「お前は今までいったい何をやってきたのか」と問いかけられた気がしました。
私が災害を観るのではなく、「災害の側から私がじっと見つめられている」という、不思議な、しかし決定的な衝撃があったのです。』

http://hon.bunshun.jp/articles/-/380

今、どうすべきか、何が正解かではなく、柳田さん自身が自分を反省し、追求している。だからこそ、より深い問いかけがうまれているのだろうとおもいます。

たくさんの情報のなかで、混乱していたとき、すっと心に入ってきた言葉を、
是非名取市で皆さんに聴いてもらいたいとおもいました。

当日は講演会に加え、熊谷和徳+中島ノブユキさん率いる弦楽四重奏の演奏の他、いせひでこさんとの絵本を子供達とつくるワークショップ、タップのワークショップを無料でおこないます。
初日には子供達との餅つき大会!!
そして、カヒミカリィと参加者の方々による『おかあさんの立場から』のパネルディスカッションなど、もりだくさんです。

ぜひ、名取市や近郊の方々に子供達と一緒に楽しみにきていただきたいです。
もちろん、ほかの地域からもこの機会に名取市にきていただき、現地のみなさんとの交流を深めてもらえたら嬉しいです。

詳細はWEBにてチェックしてください!!

http://www.kaztapstudio.com/kokokarakorekara.html

d0002450_2354206.jpg
[PR]
by kazthehoofer77 | 2012-03-23 23:50
<< 名取市文化会館という場所 『MY RHYTHM』は爆発だ! >>