闇に光る星空を想う

あの震災から一年。

ですが、その前日は母の誕生日でした。

震災後はあまりにも、気が動転してめまぐるしい日々をおくっていたこともあり、

すっかり震災の前の日が母の誕生日だということを忘れてしまっていたのです。

仙台に帰り、ささやかな誕生日祝いを両親としましたが、やはりこの一年のことをいろいろおもいだしていました。


ちょうど、昨年の今頃の時間は、まったく両親とは連絡とれず、テレビでずっと闇のなかで

燃えている街の光景を、ダウンジャケットを着たままただ呆然とじっとみていました。

娘が一歳だったので、大きな余震などがまた起こったら、抱えて逃げなくてはということも考えていました。

そのころ、連絡のつかなかった父と母は車のなかで、避難していたそうです。

すべての電気も、ガスもつかなったので、街全体が真の闇だったといいます。

そのときにみていた夜空に広がる星がとても奇麗だったのが忘れられないと母が言っていました。

仙台の市内の人たちは、僕らがライブでみていたような津波の様子などは、もちろんテレビではみれて

いなかったので、一晩明けるまで、あのような大変な被害が起きているとは夢にも思わなかったとい

います。だからこそ、時間が少し経ってからのショックは大きかったのでしょう。

2日目も車で過ごそうと、夜をむかえたときパッと目の前の家の電気がついて本当に嬉しかったと

言っていました。それからガスが復旧するまでは一ヶ月かかりましたが。


一万人以上もの方々が亡くなられた、昨年のこの日を想う時、なぜか僕はその夜空の星が目に浮かぶようなきがするのです。

市街地の真っ暗な闇に光る満点の星空は、もう今となってはみることはできません。

ただ、お祈りをし、目を閉じると心のずっと奥の闇のなかで、ひとつひとつの命の尊さがキラキラと

光っているのです。

亡くなってしまった命、そして産まれてきた命、

すべての尊さと愛しさを、この震災はおしえてくれたきがします。

そして偶然に重なった母の誕生日と、この震災の起きた日には、

これからもずっと自分が授かった生命についての問いを与え続けてくれるのだとおもいます。


今日の空の雲から差し込む光も、美しく悲しくみえました。

明日からまたこの与えられた命を、そして

守っていく生命のために精一杯、頑張って生きていこうとおもいます。


d0002450_0272464.jpg



来週はついに『MY RHYTHM』本番です!精一杯の感情をこめて踊ります。
[PR]
by kazthehoofer77 | 2012-03-12 00:14
<< 『MY RHYTHM』は爆発だ! 3/17 『MY RHYTHM... >>