人と人とのエネルギー

今日は朝から雪、それから電車が事故のためしばらく停まるという前途多難な出発でしたが、
無事に名取市にいくことができました。

まず最初に仮設住宅にいき、現在の状況についていろいろとお話をきいてきました。
実際に皆さんが住んでいる環境のなかで日々のケアをされている方から、
今本当に必要なことは何かということを質問してみたところ、
『ひとのエネルギーが必要』とのことでした。
仮設の場所によってもちろん異なると思いますが、年寄りがおおいこの仮設住宅では、
部屋からでなくなってしまい引きこもってしまう方もおおいので、人と人との交流のなかで元気になるようなこと、
心のふれあいや,会話、楽しいとおもえることが嬉しいとのことでした。

震災からもうすぐ一年が経つところで、みんなそれぞれが一歩を踏み出そうというところで
新たな段階にきているのだろうなあということを実感します。
スケジュール表にはたくさんの日々のアクティビティーが書いてあり、集会所に集うおじいちゃん、
おばあちゃん達も笑顔があふれていて、そういう部分も大分変わってきたところとのお話でした。

その後、ちかくにある保育園にいき、ここでは4歳、5歳の子どもたちにむけて踊ってきました。

ここまでたくさんのちいさい子ども達と実際にふれあうことは自分としてもはじめてだったので、
じつはすごく緊張していたのですが、みんなとても真剣にタップをみてくれたあと
みんなのうたう歌にあわせて踊ったり、みんなにも踊ってもらったりして、あっというまにすごく
楽しい時間をすごしました。
最終てきにはぼくのひげをみんなでナデナデして、『すご〜い!おじいちゃんじゃないのにひげながい〜。』という
子ども達にされるがままにひげを引っ張られながら、名残惜しくこの日の体験がおわりました。
『くまがいさん、またきてね〜!』『またくるよ〜』、と約束してヒゲのタップ男はさりました。
ああ、よかったなあとホッとしました。

今回の訪問でとくにおもったことはやはり、こういう場で日々働いている方々の素晴らしさです。
一年がかりで、子ども達の地震,津波にたいする恐怖と向き合い、頑張っている保母さん達、
毎日、毎日、おじいさん、おばあさんの体調、言葉の中からそのかたがたの今の状況を日々管理している福祉の方々。
本当にこういう方々の影ながらの現場での支援というのが本当の支えになっていると感じました。

たまに来る僕はこのような方々とふれあうことで確実にエネルギーをうけとって帰ってきます。

ありがとうございました!またすぐにいきます。
明日はTAP THE FUTURE!




5歳の子達との記念写真



[PR]
by kazthehoofer77 | 2012-01-20 21:44
<< じぶんだけのリズムを踏もう!『... EVERYDAY LIFE >>