地球を救う365の方法

d0002450_1193974.jpg今日、なにげなく本屋さんでみつけた本です。

この写真集のシリーズで『365日空の旅 かけがえのない地球』という本を以前にいただいて、
ものすごく気に入っていたのですが、そのシリーズのようです。

この本には1ページ1ページに日めくりカレンダーのように、家庭で実践できるような自然環境にやさしい生活の知恵が書かれていて、その隣に美しい地球上の神秘的な写真が載っています。

ちょうど、1月4日に書かれている言葉は

『環境負荷の小さい電源で発電した『グリーン』電力への切り替えをしよう』

ということです。

この本は原発事故以前に書かれた本であるとおもいますが、個人が自然エネルギーへシフトする方向性が具体的に書いてあります。
『グリーン電力』というのは,自分も詳しくないのでこれから勉強してみようと思います。

以下がホームページより抜粋したもの

私たちは食料品を含む様々な商品を、産地や原材料、添加物といった情報を見ながら買っています。
同じように電気だって、産地や原材料を考えて選びたいと思います。

電気を使うときに、二酸化炭素やその他の有害物質や廃棄物などを排出せず、環境負荷の小さい電源、すなわち風力や太陽光、 バイオマス、マイクロ水力、地熱などで発電した電気を選ぶことができたら、素敵だと思いませんか?

それから、一般の商品を購入するときに参考にする原材料と同じように、電力の元になる燃料やエネルギー源の記載があったら、どうでしょうか。

どこで発電されたのかわからない電力ではなく、生産地や原材料のはっきりした電力を求めるのは、消費者の権利としてあってもいいと思います。 その中でも、環境負荷の少ない、自然エネルギー(注>)による電力として、グリーン電力を買うという選択肢があってもいいのではないでしょうか。


詳しくはHPを参照ください
http://www.greenpower.jp/whatgreen/

今年は原発事故から一年経ち、その事故によって汚染された日本で、この地球でどのように生きていくかという大きな課題を背負った年であるとおもいます。
同時にみんなの意識によって大きな変化をもたらす年になるのではないかと思っています。

長年依存してきた『原発』ということからエネルギーをシフトすることは容易ではないかもしれませんが、もはや土地や食料、そして海への汚染を考えれば選択肢は残されていない気がします。

みんなでこれからの未来のために、地球のために大きな変化への一歩を踏み出す年になれたらいいなとおもいます。
自分もいろいろと勉強していこうとおもいます。
[PR]
by kazthehoofer77 | 2012-01-05 01:11
<< 『自由』であることの『基本』 いつでも光があるように >>