WHITE DAY 3/14

今日はすごくいい天気だった。
庭に出て樹や花に水をやると、一才の娘がそれをみて爆笑している。なにもおかしくないのに僕までもらい笑いしてしまう。そして娘も真似してお水をあげてた。

植物に水をやっているとすこしづつ落ち着けた。

と同時に自然がもたらす恵みも恐怖も、だれも責める事はできないことなんだと
太陽をみてしみじみと感じた。だれもがこの地球上で自然とともに生きて生かされているのだと。

だれの責任でもない、しかたのないことなんだと自分に言い聞かせると
少し気持ちがやわらいだ気がした。

しかしながら自然の災害と同時に、原発のような二時的な災害が起こるから問題はもっと複雑になる。仕方ないでは、それは済まされないことだから。


早朝に父親から連絡があり、「関東も停電になるらしい」と心配してくれた。

むこうのほうが情報はかなり少ないのに、ありがたいことだ。

「今日はにんじんが一本、たまねぎが2個買えた」と言っていた。

そして実家の喫茶店の焙煎室は動かないが、はやく店でコーヒーを出せる方法を考えてるとのこと。

そして今日はWITE DAYだ!仙台の子供達にちゃんとお返しをしなければ、といって先週からSTUDIOのTAKAとむらっちが用意していたポストカード達がある。
あとは自分がサインしてみんなに渡すはずだったポストカード。

一人一人の表情をおもいうかべながら、メールにポストカードの写真を貼付して送った。
まだ子供なのにたくさん我慢して大変な想いをしているんだろうなとおもうと切ない。

全員が見れますように!


d0002450_23592599.jpg
[PR]
by kazthehoofer77 | 2011-03-15 00:03
<< 『HAND TO HAND, ... 今日の覚え書き >>