表現すること

KAZ TAP STUDIOが誇るタップ界のヌーヴェルバーグ、村田正樹の初のソロライブが無事に終了した。

たくさんの試練を乗り越えてきた彼を見てきた。そのうえ、人一倍がんばりもののMuratapの世界にたくさんの人達が魅了されているのがわかった。

場所は学芸大にある小さなライブハウス。60人ほどしか入れないような小さなスペースではあったけれど、表現というのは物理的なスペースを遥かに超えて人の心に入っていくものだと、ひとりのお客さんの視点で感じ取れることができた。

場所の大きさや、お客さんの数なんて関係ない。自分のただ好きなことにむかってただひたすら表現することが、一番重要なことなんだ。
人と競いあって勝ち負けを決めることよりも、ただ自分にむかっていくオリジナリティーを追求していくことのほうが最も価値のあることだ。

そんなことを再確認できるような良いライブだったよ。

あまり褒めるのはよそう。
明日も大阪行きで一緒なので、このライブのことは触れないでおこうか。

今後も彼のライブをチェックしてください。そしてKAZ TAP STUDIOもね。
12/29には中目黒のスタジオでPARTYがあります。
年末の忙しいときですが是非きてください!

http://www.kaz-tapstudio.com/

d0002450_1481830.jpg
[PR]
by kazthehoofer77 | 2010-12-09 01:36
<< 乾いた花 タップのゆめ >>