旅から旅へ


先日は僕の母校である仙台市五橋中学校100周年の記念式典に参加し、光栄なことにパフォーマンスと講演をやらせていただきました。
演奏は中学生の吹奏楽部と2曲セッションができてとても嬉しかった。

僕が通っていたころとは校舎もだいぶ変わっていたのですが、変わっていなかったのが校庭と、
なんとボロボロの部室。なぜ部室だけ変えなかったのだろう??
と疑問におもいましたが、変わらないものがあって安心できました。

それよりも僕のような、敷かれたレールから常にはみだして生きてきたような人間を
記念すべき100周年に呼ぶというのも、とても勇気あるアイディアだと思いますし、
タップダンサーである自分が中学生にどんなことを伝えられるのだろうと少し悩みました。

僕にできることは一生懸命に踊ること、そして一生懸命に生きることを伝えることでしたが、
質問コーナーでは生徒達への『好きなひといるか?』という僕からの恋バナシが最高の盛り上がりをみせました!

いろいろとありましたが、一番にぼくがこの年頃の中学生に伝えたかったことは
『自分をいちばん大切にしてほしい』ということでした。
そうすることでひとにも優しくできるし、愛ということを学んでいけるのだとおもいます。

そしてそのことで最も重要なのはじつは周りにいる先生や親御さんのような『おとなの役割』なのだとおもいます。
もしも先生が暴力をふるったり、親が子を殴るようなことがあったら、どうして子どもは愛を学び、すくすくと育つことができるだろう?
言葉使い一つをとっても、大人の振る舞いというのは子どもへ映る鏡なのだろうとおもいます。

子ども達へ夢を持て、希望を持てと言うならば、
おとなはそれをみせてあげられる存在でいなければいけないのではないでしょうか。
自分もふくめ、彼らの未来を希望に満ちたものにしてあげられるかどうかは僕らの責任なのではないだろうかと
生徒達の前に立ってみてビシビシと感じました。
今の政治をみても、逆に夢や希望をもぎ取っていくようなことの多いこの社会で、
これからのアートのありかたというのは、ひとつの夢をみせていってあげることだとおもいます。
だからこそやりがいのあることなんだとおもいます。

とにかく五橋中学校に僕を呼んでくださった方々へ
ありがとうございました。そしてお世話になった先生方へ感謝しています。

これからも頑張っていきたいとおもいます!
明日からは北海道!ワークショップ2日間とCUBE GARDENでのライブ、そしてその後新潟で震災の復興ライブに参加します。いろいろな場所でおあいしましょう!

http://www.cube-garden.com/pc/



d0002450_392077.jpg

下校時のソラは変わらずに
[PR]
by kazthehoofer77 | 2010-10-19 02:46
<< 12/3 熊谷和徳 @WWW、... 『タイムステップ』時間について考える >>