LIFE IS TAP, TAP IS LIFE

d0002450_2284620.jpg



TAP DANCE というのは歴史的、文化的にもとても根が深い尊敬すべきアートである。

それを理解したうえで、今回靴をもっていない人たちにも純粋にたのしい芸術として
みんなにタップダンスをたのしく踊ってもらいたい。
そういう想いで今回の池袋あうるすぽっとでの5日間のワークショップそして最終日の公演はスタートした。

かつて岡本太郎が万博で太陽の塔をつくったとき
太陽の塔のなかにナポレオンやクレオパトラのような
歴史的な偉人達の写真を展示するように要請されたのだけど、
太郎さんはその要請を断り、世界中の無名な民族の家族やこどもたちの写真や民具を展示し、
『世界を支える無名の人々こそが大事なんだ』と言ったといいます。

今回の舞台も、この気持ちにつうじるものがあります。

参加してくれた方々のそれぞれの人生、それぞれの暮らし

そのひとたちが踏む音こそがアートなんだとおもいます。

みんなが書いてくれた作文を家で読み、舞台の構成を組んでいるとき、
とても力強いエネルギーを感じることができるのです。
明日はまたとんでもないアイディアを具体化していく予定です。

明日は最終リハーサル。本番がとても楽しみです!

d0002450_2202867.jpg
[PR]
by kazthehoofer77 | 2010-08-07 01:57
<< アウルスポットからREVOLU... みんなのこころにリズムとビートを! >>