WE NEVER "DANCE" ALONE.

毎日繰り広げられているワールドカップサッカー、様々なドラマがある。
スポーツの勝負の世界ははっきりとした白と黒にわかれていて、爽快だったり無念だったり、
でもフィールドでひとつのボールを追い、ゴールを目指す姿はやはり輝いています。

一昨日ついにレフレールとのツアーも無事に終わりました。

個人的には様々な想いを感じながらのツアーとなりましたが、サポートしてくれたスタッフのみなさんとレフレールの守也さん圭土さんのおかげで楽しく最後まで終えることができました。
たくさんの観に来てくれた方々にも感謝しています。
とあるホールでは、開演前に会館の外でタップを踏んでいる人がいると聞いてなんだか嬉しい気持ちになりました。
TAPを踏むたくさんの人とつながり、TAPに対する尊敬や意識をともに高めていくことがこうやって全国を駆け回ることのひとつの意味であると実感しました。
結局、僕はひとりで踊っているのではないのだとおもいます。

ここからまた新たなボールを追っかけて、まだ見ぬゴールに向かって前に前に進んでいきたいとおもいます。

みなさんほんとうにありがとう。
ではまた!


d0002450_2535444.jpg



d0002450_2484761.jpg



[PR]
by kazthehoofer77 | 2010-07-04 08:42
<< ユザーンなう! 明日は名古屋、そして朝日新聞『... >>