『軌跡と奇跡』そしてかけがえのない生命の旅立ち

一昨日、無事にKAZ TAP STUDIO2周年イベント『軌跡と奇跡』が無事に大盛況で終わる事が出来ました。
予想を上回るたくさんの人達に囲まれて素晴らしい一日になりました。
いままでスタジオで練習してきた子供達から上は60代の方達までが同じステージにたって
みんなのTAPはプロとかアマチュアとかの枠を越えていて、観ていてリハーサルから感動しました。

参加してくれたみなさん、そして観に来て下さったみなさん本当にありがとうございます。
いまあるスタジオはみなさんによって創造されているものだとおもいました。

そしてこの日は本当に自分にとっても生涯忘れられない一日となりました。
この日の当日の昼すぎ、僕らの愛犬ゴメスが天国へと旅立っていったのです。
ゴメスは2年程前に癌の腫瘍があると診断され余命3ヶ月くらいだろうと言われたのですが、
妻が治療は全て止めて愛情だけを注いできた結果こんなに長く生きてきました。
僕が出会ったときはすでに病気をもっていたのですが、本人の気持ちはいつも元気で、毎日のように一緒に散歩をして病気だなんて信じられない程でした。
ゴメスは生涯のほとんどをフランスで過ごしたおかげか、気性がとっても穏やかでみんなにやさしいやつでした。
たまにスタジオの打ち合わせや取材にも一緒に行ってはみんなに愛嬌を振りまいていました。

最近になり、少し元気がなくなったので病院につれていったところ検査の結果はとても悪く、
先生はこの状態でこんなにいままで元気でやって来れた事が奇跡にちかいと驚いていたほどでした。
そしてここ数週間はすこしづつ弱っていき、最後には食べるのを止めてしまっていました。

KISEKIのイベントの朝、この日たまたま、妻と3ヶ月の娘は仕事に行っていて家には誰もいなかったのですが
僕がでかける準備をしてるとゴメスの居る部屋から『ワン!』という鳴き声が聞こえ、
慌てていってみるとゴメスが必死に動こうとしていたので苦しいのだろうかとおもい、そのままゴメスを抱きかかえて病院へ走りました。
道を歩かない犬といのは珍しいのか、道行く人達がゴメスを見ているような気がしました。
元気なときは16キロもあった身体は痩せていて半分程になっていました。
病院に行くと先生も驚いた様子でしたが、処置をして頂くために預かってもらおうということになりましたが、僕はその場を去ることができず、
小さなかごに入ったゴメスをやはり家へ連れて帰る事に決めました。先生達もとても優しくぼくらを見送ってくださいました。
きっとそれが最期かもしれないとわかっていたのかもしれません。

家に帰り、いつもの暖房の前に連れて行くとすやすやと寝ていました。

少し安心しただろうかと思い、少しのあいだゴメスのための新しい毛布を買いにいったのですが、
帰って来たときにゴメスは同じ場所で寝ているように息をひきとっていました。
それはロウソクの炎が徐々に小さくなっていき、ついに消えてしまったときのようでした。
身体はとてもあたたかく見た目には眠っているようにしか見えない様子でした。
僕は放心状態になりしばらくなにもせず買って来た毛布をもったままゴメスの側にしずかに座っていました。

この日は自分にとっては生涯忘れる事のできないまさに奇跡の一日でした。

その後会場へ入ると子供から大人までみんなが本当に生き生きと楽しそうに踊っている姿。
そして仲間達が頑張っている姿はまるで『生命』をおもいっきり讃歌して踊っているように僕の目に映り、
「これが奇跡なんだ」とぼくは心のなかで実感することができたのです。

みんなには多くの事を何も言いませんでした。ただ、その瞬間を共有できることの喜びで十分だったからです。
みんなが一生懸命踊っている姿を見て僕も精一杯踊りました。
踊り終わった時には、なにも心にも残っておらず、考えていた言葉もすべて吹っ飛び、ほんとうに言葉もなかったです。
とにかくみなさんの気持ちに感謝したい。ただそれだけでした。

『奇跡』という瞬間は何気ない瞬間につねに起きている。
今という瞬間、そのすべてが奇跡的瞬間で、ぼくらは奇跡の中に生きているんだと強く思います。
その瞬間を何気なく過ごすのではなく、感謝して生きていたいとおもいます。

今日という一日を生きてこれたことに。

今日という33歳の誕生日の日に、
まず生んでくれた父と母、そしていつも応援してくれる姉に、

そして『愛』ということのあり方を形としてみせてくれた妻と、
すべての希望と笑顔のもとである娘の和(にき)に、

そしていつもKAZ TAP STUDIOを支えてくれるCOMPANYのメンバーたち
TAPを学ぶ未来のタップダンサー達とすべてのタップダンサーたち

そして旅立ちと

最期まで不平や不満をいっさい言わず

僕らの喜びをいちばんの喜びとして愛してくれた

ゴメスへ

まだまだ実感はわかないけどありがとう。いなくなって寂しいよ。
ほんとうによく頑張ったね。

いつもブログを読んでくれるすべてのみなさんありがとう。

これからも感謝し続けて踊り続けます。

PEACE & LOVE &TAP

熊谷和徳 3/30/10



d0002450_15395662.jpg


d0002450_15424198.jpg



d0002450_1655553.jpg

[PR]
by kazthehoofer77 | 2010-03-30 14:56
<< TAP DANCERということの誇り 3/28 軌跡と奇跡 >>